この記事の所要時間: 453

主観的 客観的 意味 例文

 

今回は、
主観的」と「客観的
の違いを解説していきます。

 

「主観」と「客観」という言葉は、
日常生活でもよく目にしますね。

しかし、
「意味の違いは?」と聞かれると
なかなか答えにくいのではないでしょうか?

そのため、具体例も交えて
わかりやすく解説していきたいと思います。

 

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

主観的と客観的の意味

 

「主観的」と「客観的」
の意味を調べると、
次のように書かれています。

【主観的(しゅかんてき)】

自分ひとりのものの見方・感じ方によっているさま。

【客観的(きゃっかんてき)】

特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

まず、
「主観」について解説します。

「主観」とは、
主(主体・自分)」が「観(み)る」ですから、
「自分の見方」を表した言葉です。

よって、「主観的」とは
自分の立場からの見方や考え
という意味になります。

 

一方で、「客観」とは
客(他者)」が「観(み)る」ですから、
「他の人の見方」を表した言葉です。

つまり、「客観的」とは
自分の考えではなく、第三者の立場からの考え
という意味になるのです。

 

整理すると、

主観的」=自分の立場からの見方や考え。

客観的」=第三者の立場からの考え。

ということですね。

スポンサーリンク

主観的と客観的の違い

主観的 客観的 違い

 

では、「主観的」と「客観的」
の違いはどこにあるのでしょうか?

 

わかりやすいように、
具体例を用意しました。

A君「この部屋は暑い。」

B君「この部屋は暑くない。」

C君「この部屋はちょうどいい温度だ。」

上の3つの文は、
いずれも主観的な意見となります。

なぜなら、
みんな自分の立場からみた感想を言ってるだけで、
他の人からすれば見方が違うからです。

 

一方で、以下の文章は、
客観的な考えとなります。

D君「この部屋の温度を測ったら、40度であった。とても暑い。」

なぜなら、
部屋の温度が40度であることは、
誰の立場から見ても変わりようのない事実だからです。

その結果、
「とても暑い」と言うのは
理にかなっています。

この部屋にいれば、
100人中100人が暑いと感じるでしょう。

 

つまり、「主観的」とは、
頭の中で考えた自分にしか当てはまらないことを言い、
客観的」とは、具体的な数字を使った事実など
自分以外にも広く当てはまること
を言うのです。

 

何となく違いを理解できたでしょうか?

 

もう一つ例を挙げてみます。

「時間」という「概念」は、
みんな平等に一日24時間与えられています。

「概念」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>概念と観念の意味をわかりやすく解説

 

しかし、
平等に見える時間にも
「主観的」な時間と「客観的」な時間があるのです。

 

例えば、同じ30分でも、
スポーツが大嫌いな人にとってみれば、
運動をする時間は長く感じるでしょう。

一方で、
ゲームが大好きな人にとってみれば、
30分という時間は短く感じるでしょう。

このように、
嫌なことをしている時間は長く感じ、
好きなことをしている時間は短く感じるのは、
頭の中の感情によって時間の感覚が異なるからです。

 

つまり、「主観的」というのは、
その時々の状況や感情により変化するもの
だと言えます。

 

一方で、
「学校の試験」のようなものはどうでしょうか?

試験というのは、
みんなで一斉に同じ時間で始め、
最後も同じ時間に終わります。

テストの時間が好きな人も嫌いな人も、
感情に関係なく、同時に終了します。

 

その理由は、
人の頭の中の計算(体内時計)ではなく、
時計のような物体でちゃんと時間を計測しているからです。

このような時間は、
場所や感情などに左右されないため、
普遍的」な時間です。

 

普遍的」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>普遍的の意味をわかりやすく解説

 

つまり、「客観的」というのは、
状況や感情に左右されず、みんなに共通なもの
だと言えるのです。

 

まとめると、

主観的」=自分にだけ当てはまる。

客観的」=みんなに共通して当てはまる。

となります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

「主観的」と「客観的」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【主観的の使い方】

  • それは君の主観的な考えだ。
  • 彼の判断は主観的なもので、公平なものとは言えない。
  • 小説を読み終わった後、彼女は主観的な感想を述べた。

 

【客観的の使い方】

  • 裁判官は感情に左右されず、客観的に物事を見る必要がある。
  • 彼は、細かいデータを用いた客観的な主張が得意だ。
  • 数学の問題を解く時には、客観的な解答手順が求められる。

 

よく間違われる意味として、

「主観」≠「偏見や勘違い・思い違い」

というのがあります。

 

あくまで、「主観」というのは
自分の立場からの見方や考え
だと思ってください。

 

過去のセンター試験でも、
「主観」を「特定の主義に基づく、一つの方向に偏った主観的な分析」
と表現して誤りの選択肢とするものがありました。

混同しないように気を付けましょう。

 

「×」⇒「偏見や勘違い・思い違い」

「〇」⇒「自分の立場からの見方や考え」

 

ちなみに、
「主観的」とよく似た言葉で
主体的(しゅたいてき)」があります。

「主体」とは、
「ものを思う人間のこと」をさします。

 

つまり、「主体的」とは
自分の考えや判断によって、行動すること
を言うのです。

 

「主体的行動をする」などの使い方をしますので、
この機会に覚えておきましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、
「主観的」と「客観的」
の違いについて解説しました。

 

まとめると、

主観的」=自分の立場からの見方や考え。自分にしか当てはまらない。

客観的」=第三者の立場からの考え。自分以外にも広く当てはまる。

ということでしたね。

 

違いをしっかりと理解して、
今後の読解に役立てていきましょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク