この記事の読了時間: 551

収める 納める 治める 修める 違い 使い分け 意味 読み方

 

おさめる」という動詞は複数の漢字があります。

一般的には、次の4つがよく使われていますね。

収める・納める・治める・修める

 

どれも受験や漢字検定によく出てくる言葉ですが、
これらの使い分けに精通している人は少ないです。

そこで今回は
「おさめる」の使い分けについて詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

収めるの意味

 

まずは、「収める」です。

「収める」の意味は全部で3つあります。

【収める】

中に入れる・しまう・記録する。

自分のものにする・結果を得る。

静める・元の安定した状態にする。

 

分かりやすくイメージできるように、
それぞれの例文を出したいと思います。

①【中に入れる・しまう・記録する

  • 財布にお金を収める。
  • 矛(ほこ)を収める。
  • 目録に収める。
  • カメラに収める。

※「目録」とは、「本や雑誌の目次」のことです。

」を使った言葉は、
収納」「収録」などがあります。

したがって、
何かを収納したり記録を残すという意味で
このような使い方となります。

 

②【自分のものにする・結果を得る

  • 勝利を収める。
  • 成功を収める。
  • 良い成果を収める。

勝利や成功を手に入れた場合に使います。

「収める」の使い方としては、頻出です。

 

③【静める・元の安定した状態にする

  • 怒りを収める。
  • インフレが収まる。
  • 強風が収まる。
  • 地震の揺れが収まる。

※「インフレ」=物の値段が上がり続けること。

「事態を収拾する」などがあるように、
「収」には何かを静めるという意味もあります。

したがって、この場合の「収める」は
「静めたり安定させる」という意味になるのです。

ちなみに、
この意味の場合は「治める」と同じ意味で使われる場合もあります。

「治める」については、後ほど詳しく解説します。

スポンサーリンク

納めるの意味

 

続いて、「納める」の意味です。

【納める】

あるべきところに入れる。

渡すべき金や物を払う・渡す。

終わりにする。

任務に就任する。
 

こちらも例文を出します。

①【あるべきところに入れる

  • 倉庫に納める。
  • 箱の中に納める。
  • 写真に納める。
  • 遺体を棺に納める。

この場合は、
何かを中に入れる時に使われます。

この意味の場合は「収める」と似ていてややこしいですが、
違いについては後ほど詳しく解説します。

 

②【渡すべき金や物を払う・渡す

  • 税金を納める。
  • 罰金を納める。
  • 会費を納める。
  • 品物を納める。

お金を相手に支払うという意味の「納める」です。

これは「納税」という言葉もあるように、比較的覚えやすいでしょう。

 

③【終わりにする

  • 今日が仕事納めとなる
  • この行事は今年で見納め

「納」という字は、
「終わり」という意味も含んでいます。

例えば、「大納会(だいのうかい)」です。

「大納会」とは、
株の取引で1年の最後に行われる催し物のことを言います。

 

④【任務に就任する

  • 会長の地位に納まる。
  • 社長のいすに納まる。

地位や任務に就任することも、「納まる」と言います。

収めると納めるの違い

収める 納める 違い

 

「納める」の意味で、一番間違えやすいのは
①の「あるべきところに入れる」です。

実は、「納める」と「収める」は
両方とも「中に入れる」という意味を持っています。

しかし、
両者には明確な違いがあります。

 

「納める」の場合は、
おさめるべき場所に、当然のものを入れる」という意味が強調されています。

義務としての「納める」だと思ってもらっても構いません。

例えば、
「納骨(のうこつ)」や「納棺(のうかん)」
などは、亡くなった人の骨や遺体を箱の中に入れる行為です。

「入れても入れなくてもいい」ということではなく、
人間としての義務のような行為です。

また、税金を「納める」ことや、
保険料の「納付」なども国民としての義務です。

このように、
義務的な意味が強調される場合は、
納める」の方を使う
のです。

 

一方で、「収める」は元々
「収納」や「収集」からきた言葉です。

したがって、中に入れるものは「義務」というよりも、
単にモノを収納する」という意味の方が大きいのです。

 

整理しますと、同じ「中に入れる」でも

収める」=中に入れる。(単に収納する)

納める」=ちゃんと入れるべきものを中に入れる。

ということになります。

どちらを使うか迷った場合は、
漢字本来の意味を思い出すのがよいでしょう。

スポンサーリンク

治めるの意味

 

続いて、「治める」の意味です。

【治める】

統治する。

苦痛が去る。

静める・混乱した状態を元に戻す。

 
※「治める」と「治まる」は同じ意味だと考えてください。
 

①【統治する

  • 国を治める。
  • 水を治める。

統治する」とは、
簡単に言うと「支配する」という意味です。

これは、政治の「治」がイメージしやすいと思います。

つまり、
政治家などが国や国民を統治する」ということですね。

 

②【苦痛が去る

  • 腹痛が治まる。
  • せきが治まる。
  • 風邪が治まる。

 

③【静める・混乱した状態を元に戻す

  • 混乱した国が治まる。
  • 騒ぎが治まる。
  • 暴動を治める。
  • 腹の虫が治まらない。

②と③は、「治療」の「治」をイメージしてください。

つまり、
病気や問題事が治る」ということです。

ちなみに、「治める」の③は
「収める」の③とほぼ同じ意味です。

「治める」静める。混乱した状態を元に戻す。

「収める」静める。元の安定した状態にする。

 

したがって、以下のような例文があれば、
どちらを使っても正解となります。

  • 内乱がおさまる。
  • 騒ぎがおさまる。
  • 風がおさまる。

意味が同じだったり異なったりでややこしいですが、
ここまで覚えておけばかなり理解は深まるでしょう。

スポンサーリンク

修めるの意味

 

最後は、「修める」です。

【修める】

学問などを修得する。

心や行いを正しくする。

 

①【学問などを習得する

  • 学問を修める。
  • フランス語を修める。

修める」は、「単位を得する」というように、
学問を修得する場合に使われます。

②【心や行いを正しくする

  • 身を修める。
  • 素行が修まらない。

修練・修行」などがあるように、
心や行いを良くする」という場合も、
「修める」を使います。

4つの中では「修める」が
一番意味も少ないので覚えやすいかと思います。

確認問題

 

では、今までの内容を理解できたか
問題を解いてみましょう。

次の「おさめる」を漢字に直してみてください。

問題

①違反したので、罰金をおさめる

②海外へ留学して、英語をおさめる

③一致団結して、勝利をおさめる

④薬を飲んだので、せきがおさまった

⑤社長の地位におさまる

⑥衣服をクローゼットにおさめる

⑦騒ぎがやっとおさまる

正解は、
①⇒納める②⇒修める③⇒収める④治まった
⑤納まる⑥収める⑦収まるor治まる
となります。

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

違いを覚えるのは、最初はかなり大変だと思います。

ポイントは、
漢字の成り立ちを思い出すことですね。

ただ丸暗記するよりも、

「納める」なら「納税」だから義務のおさめるだったな?

このように覚ええておけば意味を忘れにくいでしょう。

関連:>>収集と収拾の違いとは?意味や使い分けを解説

関連:>>修行と修業の違いとは?意味や使い分けを解説

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)