この記事の所要時間: 429

齢 意味 使い方とは 読み方 漢字の成り立ち

 

人の年齢に対して使う言葉があります。

50にして~」

何となくおごそかな雰囲気を
感じるのではないでしょうか?

また、慣用句的な表現だと
齢を重ねる」とも言いますね。

 

このように、
様々な場面で目にする「齢」ですが、
一体どのように使えばよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

齢の意味・読み方

 

まずは、
基本的な意味と読みです。

【齢(よわい)】

生まれてから重ねてきた年数。年齢。

年配。年ごろ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

齢(よわい)」とは、
生まれてから重ねてきた年数のこと
を言います。

簡単に言えば、
年齢・年ごろ」という意味ですね。

 

例えば、
以下のように使います。

彼は50にして、人生の真理を悟った。

この場合は、
「50歳という年齢になって」
という意味だと思ってください。

このように、
人の年齢について表す時に
「齢」を使うわけですね。

 

「齢」は、一般的には
改まった場面やおごそかな場面などで使います。

具体的には、

  • 硬い内容の書物
  • 難しい内容の論文
  • 近代的な小説文

といったものです。

 

私たちが普段から目にするのは、
小説文が多いのではないでしょうか?

いずれにせよ、「齢」は
「日常会話ではあまり使わない言葉」
と覚えてもらって構いません。

 

また、辞書の説明(②)にもある通り、
「齢」は「年配」の人に使うことが多いです。

 

「年配(ねんぱい)」とは、
「およそ50歳以上の年齢のこと」を言います。

「年配」の詳しい意味は、
以下の記事を参照してください。

>>年輩と年配の違いとは?意味や使い分けも

 

要するに、
「子供や若い人に対してはあまり使わない」
ということですね。

あくまで、
ある程度年をとった中年以上の人
に使う言葉と認識しておきましょう。

スポンサーリンク

齢の漢字の成り立ち

 

「齢」という漢字は、
「年齢」の「齢」と同じ漢字です。

元々この漢字は、
「齢」ではなく「」と書いていました。

注目すべきは、左側の部首ですね。

 

左側の部首の下部分は、
」と書き「口の中に歯が並ぶ
という象形文字です。

そして、
上部分は「止める」と書きます。

ここから、
「入ってくる食べ物を止める」
という意味で「歯」が作られました。

 

考えて見れば、
「歯」は年を取るにつれて変化しますよね?

例えば、
幼少期は歯が新しく生え変わったり、
成長期だと親知らずが生えたりします。

そして、
老齢期になると当然
歯が抜け落ちたり欠けたりします。

 

このように、
「歯」は年齢を重ねることにより変化するものなのです。

よって、
」=「人間の年齢
を指すようになったと言われています。

 

古代中国の人は、大昔から
歯の状態が人間の生きた年数を表すこと
に気づいてたわけですね。

 

ちなみに、右側の部首の「」は
頭上の冠とひざまずく人」を表した象形文字です。

ここから、
「令」=「立派な・清らか」
などの意味を持つようになりました。

「立派な歯」というのは、
「等間隔にきれいに並んだもの」ですよね。

 

一方で、「年数」というのも
「等間隔に刻み込まれるもの」です。

転じて、
「年数」を表す「齢」という字が
完成したと言われています。

スポンサーリンク

齢の類語・慣用句

齢 類語 慣用句

 

「齢」の「類語」は以下の通りです。

 

  • 年頃(としごろ)
  • 年歯(としは)
  • 年輩(ねんぱい)
  • 年季(ねんき)
  • 年の頃(としのころ)
  • 年算(ねんざん)
  • 馬齢(ばれい)

 

「年頃」や「年歯」も、
中年以上に対して使うことが多いです。

最後の「馬齢」は、
自分の年齢を謙遜するような時に使います。

いずれも共通しているのは、
人の年齢を表した言葉」ということですね。

 

また、慣用句的な表現だと
馬齢を重ねる」「年が行く」「年季が入る
なども類語と呼べるでしょう。

「年期が入る」の意味は、
以下の記事を参照して下さい。

>>年季が入るの意味とは?例文や使い方・類語も解説

齢の使い方・例文

 

では、「齢」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 50にして、ついに彼の才能が開花したようです。
  2. よく見たら、まぎれもなくは60を超えた男の顔であった。
  3. を重ねるごとに、自分の経験が増えていくのが分かります。
  4. 老人は、現在のになるまで一度も怒ったことがないらしい。
  5. 60にして孫を持つようになり、うれしい限りです。
  6. だてにを重ねた経験者ではないという印象だ。
  7. をとらない人間というのは、この世にいない。

 

用例としては、語尾に
「~にして」がつくことが多いですね。

「齢」は、現在の年齢を表す時に使います。

したがって、
現在進行形の印象を与えるのが
自然な文となるわけです。

 

また、よくある書き間違えとして
「齢50歳にして~」がありますが、
これは重複表現となるので気をつけてください。

 

「齢」には、この言葉自体に
「〇〇歳」という意味が含まれています。

したがって、あくまで
「齢50にして~」などと書くようにしましょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

齢(よわい)」=生まれてから重ねてきた年数。年齢・年ごろ。

【使い方】改まった場・小説文などで使う。(主に中年以上を対象)

【類語】=年頃・年歯・年配など。

ということでしたね。

 

実際には、普段の生活では
あまり使わない言葉かもしれません。

しかし、
一つの言葉の表現として
勉強になったのではないでしょうか?

では、今回は以上です!

スポンサーリンク