この記事の読了目安: 510

齢 意味 使い方とは 読み方 漢字の成り立ち

 

人の年齢に対して使う言葉があります。

50にして~」

何となくおごそかな雰囲気を感じるでしょう。

また、慣用句的な表現だと
齢を重ねる」とも言いますね。

このように、様々な場面で目にする「齢」ですが、
一体どのように使えばよいのでしょうか?

今回は「齢」の意味や読み方・使い方・類語
などを分かりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

齢の意味・読み方

 

まずは、基本的な意味と読み方からです。

【齢(よわい)】

生まれてから重ねてきた年数。年齢。

年配。年ごろ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

」は「よわい」と読みます。

意味は、
生まれてから重ねてきた年数のこと」です。

簡単に言えば、
年齢・年ごろ」という意味ですね。

 

主な使い方としては、以下の通りです。

彼は50にして、人生の真理を悟った。

この場合は、
「50歳という年齢になって真理を悟った」
という意味だと思ってください。

このように、人の年齢について表す時に
「齢」を使うわけですね。

 

「齢」は、一般的には
改まった場面やおごそかな場面などで使います。

具体的には、

  • 硬い内容の書物
  • 難しい内容の論文
  • 近代的な小説文

といったものです。

 

私たちが普段から目にするのは、
小説文が多いのではないでしょうか?

いずれにせよ、「齢」は
日常会話ではあまり使わない言葉だと覚えてもらって構いません。

 

また、辞書の説明(②)にもある通り、
「齢」は「年配」の人に使うことが多いです。

「年配(ねんぱい)」とは、
およそ50歳以上の年齢のこと」を指します、

要するに、
「子供や若い人に対してはあまり使わない」ということですね。

あくまで、
ある程度年をとった中年以上の人
に使う言葉と認識しておきましょう。

スポンサーリンク

齢の漢字の成り立ち

 

「齢」という漢字は、
「年齢」の「齢」と同じ漢字です。

元々この漢字は、
「齢」ではなく「」と書いていました。

注目すべきは、左側の部首ですね。

 

左側の部首の下部分は、
」と書き「口の中に歯が並ぶ」という象形文字です。

そして、
上部分は「止める」と書きます。

ここから、「入ってくる食べ物を止める」
という意味で「歯」が作られました。

 

考えてみれば、
「歯」は年を取るにつれて変化しますよね?

例えば、幼少期は歯が新しく生え変わったり、
成長期だと親知らずが生えたりします。

そして、老齢期になると当然
歯が抜け落ちたり欠けたりします。

 

つまり、
「歯」は年齢を重ねることにより変化するものなのです。

このことから、「」=「人間の年齢
を指すようになったと言われています。

古代中国の人は、
大昔から歯の状態が人間の生きた年数を表すことに
気づいてたということですね。

 

ちなみに、右側の部首の「」は
頭上の冠とひざまずく人」を表した象形文字です。

ここから、「令」=「立派な・清らか」
などの意味を持つようになりました。

「立派な歯」というのは、
「等間隔にきれいに並んだもの」です。

一方で、「年数」というのも
「等間隔に刻み込まれるもの」です。

転じて、
「年数」を表す「齢」という字が完成したと言われています。

スポンサーリンク

齢の類語・慣用句

齢 類語 慣用句

 

「齢」の「類語」は、以下の通りです。

【年頃(としごろ)】外見から判断した年齢。だいたいの年齢。

【年歯(としは)】年齢のほど。年齢。

【年算(ねんざん)】年齢、年。齢。

【年の頃(としのころ)】だいたいの年齢。おおよその年。

【年輩(ねんぱい)】年齢のほど。おおよその年。中年。

【年季(ねんき)】年を重ねた年数。「年季の入る」などと言う。

【高齢(こうれい)】年老いていること。年老いた年齢。

【馬齢(ばれい)】自分の年齢を謙遜 して言う語。

いずれも共通しているのは、
人の年齢を表した言葉」ということですね。

「齢」の類語は数多くありますが、
この中では「年頃」「年歯」「年輩」などは比較的よく使われます。

いずれも普通の年齢ではなく、
中年以上の年齢の人に対して使うことが多いです。

 

最後の「馬齢」は自分の年齢を謙遜するような時に使い、
主に「馬齢を重ねる」「馬齢を加える」などと言います。

他人が年を取ることに対しては使わないので注意してください。

 

なお、慣用句だと、
年が行く」「年季が入る」なども類語と呼べるでしょう。

関連:>>年季が入るの意味とは?例文や使い方・類語も解説

「年期が入る」の詳しい意味は、上記の記事を参照して下さい。

スポンサーリンク

齢の使い方・例文

 

では、最後に「齢」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 50にして、ついに彼の才能が開花したようです。
  2. よく見たら、まぎれもなくは60を超えた男の顔であった。
  3. を重ねるごとに、自分の経験が増えていくのが分かります。
  4. 老人は、現在のになるまで一度も怒ったことがないらしい。
  5. 60にして孫を持つようになり、うれしい限りです。
  6. だてにを重ねた経験者ではないという印象だ。
  7. をとらない人間というのは、この世にいない。

 

用例としては、語尾に
にして」がつくことが多いです。

「齢」は、現在の年齢を表す時に使います。

したがって、現在進行形の印象を与える語である
「~にして」を語尾に付けるのが自然な文となります。

 

また、よくある書き間違えとして「齢50歳にして~」がありますが、後ろに「歳」を付けるのは重複表現となるので気をつけてください。

「齢」にはこの言葉自体に
「〇〇歳」という意味が含まれています。

そのため、あくまで「齢50にして~」などと
後ろは年齢を表す数字のみを書くようにしましょう。

関連:>>年輩と年配の違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると

齢(よわい)」=生まれてから重ねてきた年数。年齢・年ごろ。

【使い方】改まった文・小説文などで使う。(主に中年以上を対象)

【類語】=「年頃・年歯・年算・年の頃・年輩・年季・馬齢」など。

ということでした。

 

「齢」という言葉は、
普段の生活だとあまり使わない言葉かもしれません。

しかし、一つの言葉の表現として
勉強になったのではないでしょうか?

では今回はここまでです。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)