この記事の所要時間: 345

 

今回は、
流言飛語」について
解説していきたいと思います。

 

皆さんは、
「人のうわさ話」などは好きですか?

世の中には色々なうわさが
流れていますよね。

「芸能人の熱愛・疑惑・事件」

「流言飛語」とは、そのような
人のうわさについて述べた言葉です。

 

一体どのように使うのでしょうか?

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

流言飛語の意味と語源

 

「流言飛語」
の意味を調べると、
以下のようにあります。

【流言飛語(りゅうげんひご)】

口づてに伝わる、根拠のない情報。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

流言飛語」は、
りゅうげんひご」と読みます。

よくある読み間違いとして、
りゅうごんひご」があります。

正しくは、
「りゅうんひご」ですので
気をつけましょう。

 

流言飛語」とは、
根拠もなく、世間に広まっているうわさ
という意味です。

 

それぞれの語源を説明すると、

「流言」は、
れる葉」と書くので、
人のうわさが流れること」を意味します。

そして、
「飛語」は「言ぶ」と書くので、
うわさが飛び交うこと」を意味します。

 

つまり、
「流言」と「飛語」は
どちらも似た意味を持った言葉ということですね。

あえて似た意味を合わせることにより、
「うわさが広まること」を強調しているのです。

 

使い方としては、
以下のように使います。

AさんとBさんが付き合っているという流言飛語がネット上に広まった。

「流言飛語」は、
「明確な根拠がないうわさ」です。

 

したがって、
基本的には悪い意味で使う言葉
だと思ってください。

 

多くの場合、ウソの情報によって
世の中を混乱させるような時に使います。

また、
「流言飛語」は「流言蜚語
と書く場合もあります。

」という字は、
異臭を放つ稲の害虫」のことです。

この害虫が「飛ぶ様子」から
「蜚」が「飛」に変わったと言われてます。

 

つまり、
元々は「虫が飛ぶ様子」から
「うわさが広まる」という意味になったわけですね。

スポンサーリンク

流言飛語の類語

流言飛語 類語

 

「流言飛語」の類語は、
以下のものがあります。

【造言飛語(ぞうげんひご)】

根拠のない、いい加減なうわさのこと。

「造言」とは、
「作り話」や「ウソ」を言います。

【風言風語(ふうげんふうご)】

根拠がない、うわさ話のこと。

「風言」と「風語」は、
どちらも「風のようなうわさ話」という意味です。

【妄言綺語(もうげんきご)】

でたらめを言い、ウソをつくこと。

「妄言」は、「妄想のようなでたらめ」

「綺語」は、
「偽り飾った言葉」という意味です。

以上が「類語」となります。

 

基本的には、
「うわさ話・でたらめ・ウソ」
といった意味が「類語」となります。

また、四字熟語以外では
デマ」誤報」「風説(ふうせつ)
なども「類語」と言えるでしょう。

流言飛語の英語訳

 

続いて、「英語訳」です。

 

「流言飛語」は、
英語だと以下のように言います。

 

false rumour」⇒「誤ったうわさ」

groundless rumour」⇒「根拠のないうわさ」

 

それぞれの意味を解説すると、

「false」は、
「誤った・偽の・間違った」

「groundless」は、
「根拠のない・事実無根の」
などの意味があります。

そして、
「rumour」は「うわさ」という意味です。

 

例文だと、

The false rumour floated about the town.
(流言飛語が町中に広がった)

It is only a groundless rumour.
(それは流言飛語に過ぎない)

などがあります。

スポンサーリンク

流言飛語の使い方・例文

 

「流言飛語」の使い方を、
例文で確認しておきましょう。

 

  1. ネット上に流言飛語が出回ると、一気に拡散することがある。
  2. 地震や災害に襲われたときは、流言飛語に惑わされてはいけない。
  3. 週刊誌の記事が、ただの流言飛語だったことが判明した。
  4. 医学が発達していなかった時代は、根拠のない流言飛語が多かった。
  5. 戦時中は情報が錯綜し、多くの流言飛語が飛び交っていた。
  6. 「弊社が倒産する」という噂が流れていますが、流言飛語に振り回されないように注意してください。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

流言飛語」=根拠もなく、世間に広まっているうわさ。

ということでしたね。

一言で、
デマ」と覚えてもよいでしょう。

 

今はネット全盛の時代です。

他人を惑わすような
「流言飛語」には十分気をつけましょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク