この記事の読了目安: 434

臨戦態勢  語源 使い方 例文 類語 英語 ビジネス

 

「臨戦態勢」という四字熟語があります。主に、「臨戦態勢で臨む」「臨戦態勢をとる」といった用例が多いです。

ただ、具体的な意味や使い方などが分かりにくい四字熟語でもあります。そこで今回は、「臨戦態勢」の意味や語源、類義語などを含め詳しく解説しました。

臨戦態勢の意味・読み方

 

まず読み方ですが、「臨戦態勢」は「りんせんたいせい」と読みます。

意味は、「いつでも戦闘に臨めるよう準備の整った状態。戦闘を目前に控えているさま」などを表したものです。

主に戦争や戦闘に関する場面で用いられることが多い四字熟語です。

例えば、国の軍隊が他国に対して戦闘する準備が整った時に、「〇〇軍は臨戦態勢に入った」などのように言います。

また、単に「準備が整っている」という意味で使うこともあります。この場合は、普段の会話やビジネスシーンなどで用いられることが多いです。

臨戦態勢の語源・由来

 

「臨戦態勢」は「臨戦」と「態勢」の二語から成る四字熟語です。

まず、「臨戦」とは「戦いに臨むこと・戦闘に対応すること」という意味です。

「臨」という字は「臨む」という語があるように、「ある事態が起こるようなところに身を置く。そういう時に当たる。」という意味があります。

この事から、「戦いの場に身を置くこと・戦いに当たること」を「臨戦」というわけです。

また、「態勢」とは「ある物事や情勢に対してとる構え・準備」という意味です。 「万全の態勢で行く」「受け入れ態勢を整える」「24時間体制」などの用例がこの意味でのものです。

以上、両者を合わせることで「戦いに当たることに対する構え・準備」⇒「いつでも戦闘に臨めるよう準備の整った状態」という意味になります。

臨戦態勢の類義語

臨戦態勢 類義語 言い換え 別の言い方 反対語

 

「臨戦態勢」の類義語は以下の通りです。

  • 戦闘態勢
  • 迎撃態勢
  • 即応体制
  • 出勤体制
  • 厳戒態勢
  • 身構える
  • 防備を整える
  • 陣を張る

この中だと「戦闘態勢」「厳戒態勢」は比較的よく使われる四字熟語です。ただ、全く同じ意味の語(同義語)というのはありません。

「戦闘態勢」は、戦いや戦争に関する場面のみで使い、その他の用例としては使うことはできません。また、「厳戒態勢」は主に警備や警護に対して使います。

なお、「態勢」と同音異義語の「体制」がありますが、「体制」とは「各部分が統一的に組織されて一つの全体を形づくっている状態」という意味です。

一般に、長期で恒久的な状態に対しては「体制」が使われ、逆に短期で一時的な状態に対しては「態勢」が使われる傾向にあります。

例えば、「体制」は「国家体制」「支配体制」、「態勢」は「緊急体制」「厳戒態勢」などの用例です。

ただ、厳密な区切りがあるというわけではなく、「警備たいせい」「24時間たいせい」などに対してはどちらを使う場合もあります。この辺は必ずしも明確な使い分けがされるわけではありません。

臨戦態勢の対義語

 

「臨戦態勢」の対義語としては「武装解除」「軍備縮小」などが挙げられます。

「武装解除」とは「武力紛争が起こらないように戦闘のための装備を取り去ること」、「軍備縮小」とは「戦闘のための軍備を縮小すること」という意味です。

どちらも現在の戦力や軍事力などの規模、範囲を小さくするような時に使われます。

臨戦態勢の英語訳

 

「臨戦態勢」は、英語だと「preparation for action」と言います。

直訳すると、「行動のための準備」という意味です。「preparation」は「準備」、「action」は「行動」を表すことからこのような表現となります。

他には、「ready for battle(戦いのための準備)」、「ready for war(戦争のための準備)」などの表現も可能です。

例文だと、それぞれ以下のような言い方です。

He is always preparation for action.(彼は常に臨戦態勢である。)

The dog was  ready for battle.(その犬は臨戦態勢に入った。)

The country was finally ready for war.(その国はついに臨戦態勢に入った。)

臨戦態勢の使い方・例文

 

最後に、「臨戦態勢」の使い方を例文で紹介しておきます。

  1. こちらの急な攻撃を恐れてか、敵軍は臨戦態勢に入ったようだ。
  2. 両陣営の部隊が臨戦態勢に入るまで、わずか数秒しかなかった。
  3. 臨戦態勢を整えるために、今日は早めに就寝するつもりです。
  4. 開幕戦を一週間後に控え、わが軍は臨戦態勢で臨むことになった。
  5. うちのチームは他のチームとは異なり、常日頃から臨戦態勢である。
  6. 来週は大事なプレゼンがあるため、社内では臨戦態勢を整えるつもりです。
  7. 万が一トラブルが起こった場合に備えて、臨戦態勢をとるようにしなさい。

 

「臨戦態勢」は、いつでも戦闘に臨める状態にあることを表した四字熟語です。例文1や2のように実際の軍隊や部隊に対して使うことができます。

また、ビジネスシーンでは単に「準備が整っている」という意味で使われます。この場合は、何か大きなプロジェクトに備えたりあるいは事前のトラブルを避けたりといった意味合いで使われることが多いです。

まとめ

 

以上、今回は「臨戦態勢」について解説しました。

臨戦態勢」=いつでも戦闘に臨めるよう準備の整った状態。戦闘を目前に控えているさま

語源・由来」=「戦いに当たることに対する構え・準備」という意から。

類義語」=「戦闘態勢・迎撃態勢・即応体制・出勤体制・厳戒態勢」など。

対義語」=「武装解除」「軍備縮小」など。

英語訳」=「preparation for action」「ready for battle」「ready for war」

様々な場面で使うことのできる四字熟語ですので、ぜひ正しい意味を覚えて頂ければと思います。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。