この記事の所要時間: 442

 

皆さんは、
公布」と「施行
の違いを説明できますか?

 

どちらも
「法律や憲法などに使う」
というイメージですね。

しかし、
政治的な内容となると
多くの人が難しく感じるようです。

そのため、全体像が分かるように、
適用」や「制定」も合わせて
解説していきたいと思います。

 

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

公布の意味

 

まずは、
「公布」の意味です。

【公布(こうふ)】

一般に広く知らせること。

成立した法令・条約などの内容を広く一般国民に知らせるために公示すること。ふつう、官報に掲載される。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

公布(こうふ)」とは
法令や条約などを公示すること」を言います。

簡単に言うと、
新しい法律を国民に発表する
ということですね。

 

例えば、
以下のように使います。

  • 法律を公布する
  • 条約を公布する
  • 憲法を公布した日

 

このように、
新しくできた法律などを一般人に知らせる行為を
「公布」と呼ぶのです。

施行の意味

 

続いて、
「施行」の意味です。

【施行(しこう)】

①実際に行うこと。政策・計画などを実行すること。実施。せぎょう。しぎょう。

法令の効力を発生させること。せこう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「施行」には、2つ意味があります。

どちらも大事な意味ですが、
今回は②の意味のみ解説します。

 

①の意味については、
以下の記事を参照してください。

>>施行と施工の違いとは?意味や読み方も

 

話を戻しまして、

施行(しこう)」とは、
法律などの効力を発生させること」を言います。

簡単に言うと、
法律を実際にスタートさせる
ということですね。

 

使い方としては、
以下の通りです。

  • 法律を施行する
  • 法律の施行

 

「施行」をした後は、
実際にその法律が世の中で使われること
を意味します。

したがって、
もしもその法律を破ってしまえば、
当然、罰を受けることになります。

スポンサーリンク

公布と施行の違い

公布 施行 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

公布」=新しい法律を国民に発表すること

施行」=法律を実際にスタートさせること。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、

「発表するのが公布、スタートするのが施行

となります。

 

時系列的には、
公布をした後、施行をする」わけですね。

 

法律というのは、内容が難しいです。

そのため、
最初に国民に発表することにより、
ある程度内容を理解してもらう必要があります。

 

明日からこの法律始まるからよろしく!
と急に言われても困りますよね?

したがって、
スタートさせるまでの
準備期間が必要なのです。

 

一般的には、
公布をしてから20日経った後に、
施行をすることが多い
です。

 

ただし、
場合によっては、公布と施行が
同じ日になる場合もあります。

これは、緊急を要する時や、
特に準備をする必要がない場合に
行われる傾向にあります。

 

いずれにせよ、法律というのは、
「公布」⇒「施行」という流れで
スタートするわけですね。

スポンサーリンク

適用・制定の意味

適用 制定 意味

 

「公布」と「施行」以外に、
適用」や「制定」という言葉もあります。

この2つは、
一体どういう意味なのでしょうか?

 

まず、「適用(てきよう)」とは、
法律をあてはめて使うこと」を言います。

 

例えば、
新しい「〇〇法」という法律が
施行されたとします。

施行された3日後に、
さっそくAさんがこの法律を破りました。

 

当然、Aさんは
「〇〇法」によって処罰されることになります。

この時、新聞やニュースでは、
「〇〇法が適用された」と書かれるのです。

 

つまり、
施行された法律を実際の事件に当てはめること
適用」と呼ぶわけですね。

 

そして、
もう一つの「制定(せいてい)」とは、
国会が法律を定めること」です。

 

法律というのはまず「国会」で作られ、
その後、「天皇」が公布して実際に施行されます。

流れ的には、

「制定⇒公布⇒施行⇒適用」

ということですね。

 

法律を公布するためには、
まずその法律を作る必要があります。

そして、法律を作った後は、
この法律で大丈夫かどうか国会で審議し、
OKならばその法律に決定します。

 

その時の「法律の決定」を、
制定」と呼ぶわけですね。

 

ちなみに、
同じ政治用語としては、
以下の2つも押さえておくべきと言えるでしょう。

関連記事:>>召集と招集の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>議決と決議の違いとは?意味や使い分けも

使い方・例文

 

それぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう

 

【公布・施行の使い方】

  1. 新しい法律が公布されたので、ホームページで内容を確認する。
  2. 日本国憲法は、1946年11月3日に公布され、1947年5月3日に施行された。
  3. 1954年に、旧警察法が全面改正し、新警察法が公布された。
  4. 明日から、道路に関する新しい法律が施行されるようだ。
  5. 日本国憲法は、1947年の施行以来一度も改正されていない。
  6. 今回の法律は急ぎのため、公布日の翌日に施行された。

 

【適用・制定の使い方】

  1. 国会議員というのは、法律を制定するのが仕事だ。
  2. 警察に暴力を振るった人に、公務執行妨害が適用された。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

公布」=新しい法律を国民に発表すること。

施行」=法律を実際にスタートさせること。

適用」=法律をあてはめて使うこと。

制定」=国会が法律を定めること。

ということでしたね。

 

流れ的には、
制定⇒公布⇒施行⇒適用
と覚えておきましょう。

 

今回は以上となります!

スポンサーリンク