この記事の読了時間: 354

許可 認可 違い 意味 わかりやすく

今回は、
許可」と「認可
の違いを解説していきます。

この2つの言葉は、
法律の条文などでよく目にすると思います。

「行為を許可する」

「大臣が認可する」

似たようなイメージですが、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

許可の意味

 

まずは、「許可」の意味からです。

【許可(きょか)】

①願いを聞き届け、ある行為・行動を許すこと。

ある行為が一般に禁止されているとき、特定の場合にそれを解除し、適法にその行為ができるようにする行政行為。警察許可・財政許可・統制許可などがある。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「許可」には2つ意味があります。

1つ目は「許す」という意味です。

この意味は、普段から使われているので大丈夫だと思います。

 

2つ目は、
禁止されていることを解除する」という意味です。

この場合は、
「法律用語」として使うと考えてください。

例えば、
以下のような使い方です。

車の運転が許可される。

つまり、
法律で禁止されている運転をやってもいい状態にする」ということですね。

 

「車の運転」は、
免許を取得してない人は禁止されています。

もちろん、18歳未満の人は
運転どころか免許の取得すら禁止されています。

このような禁止事項を許すことを
「許可」と呼んでいるのです。

認可の意味

 

続いて、「認可」の意味です。

【認可(にんか)】

①適当と認めて、許可すること。

公の機関(行政庁)が第三者の行為を補充して、その法律上の効力を完成させる行政行為。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「認可」にも2つ意味があります。

1つ目は、
許す」という意味です。

この意味は、
「許可」の①の意味と同じなので大丈夫ですね。

 

問題は、②の意味です。

認可」には、
公の機関が効力を完成させる」という意味があります。

わかりやすく言うと、
国がOKを出す」ということです。

この場合は以下のように使います。

運賃の値上げを大臣が認可する。

「運賃」というのは、
運輸大臣がOKを出すことによって、
値段が上がる仕組みになっています。

これは「道路運送法」という
法律によって決まっていることです。

 

ここで大事なのは、「運賃の値上げ」は、
別に禁止されているわけではないということです。

言い換えれば、大臣を無視して、
勝手にやってもよいということです。

ただし、
勝手に値上げした場合は法律的に無効となるので、
事実上はなかったことになります。

スポンサーリンク

許可と認可の違い

 

許可 認可 違い 簡単に

 

ここまでの内容を整理すると、

許可」=(国が)禁止されていることを解除する。

認可」=(国が)OKを出す。

ということでした。

 

どちらも、
一般用語としてはほぼ同じ意味ですが、
法律用語としては異なります。

許可」とは、
国が禁止の解除をすること」を意味します。

つまり、
やってはいけないことを特別に許すということです。

 

一方で、「認可」とは、
国が同意すること」を意味します。

よって、「認可」の場合は、
指定の手続きをすれば基本的には許すことを表すのです。

 

それぞれの例を出すと、

許可」⇒運転免許取得・古物商・飲食店営業。

認可」⇒運賃の値上げ・公共料金の値上げ・保育園の設立。

などが挙げられます。

 

「許可」の方は、
一般的には禁止されていることです。

したがって、
もしも勝手に飲食店などを始めたら罰則が適用されることになります。

対して、「認可」の方は
特に禁止されていることではありません。

そのため、勝手に保育園などを設立しても、
極端な話、罰則されることはありません。

ただし、先ほども言った通り、
認可を受けないで行った場合は効力がないので無効となります。

このあたりは、
法律の抜け穴のようなものだと考えて下さい。

 

以上まとめると、

「許可」=禁止の解除特別に許す)。罰則あり。

「認可」=同意基本的には許す)。罰則なし。

ということになります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では最後に、それぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【許可の使い方】

  1. 農地の売買は、農作物保護のため、許可制度となっている。
  2. 土地の開発行為を行うには、都道府県知事の許可が必要だ。
  3. 古物取引の営業は公安委員会が許可することで行える。
  4. 国の許可が下りていない違法建築物なため、罰則を受けた。

 

【認可の使い方】

  1. バスの運賃値上げを申請し、運輸大臣の認可をもらった。
  2. 電気料金を値上げするために認可の申請をした。
  3. 保育園の設立要件を満たしたため、認可が下りた。
  4. 保育園には認可保育園と認可外保育園がある。

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

許可」=(国が)禁止されていることを解除する。特別に許す

認可」=(国が)OKを出す。基本的には許す

罰則があるのが「許可」、ないのが「認可」

ということでした。

では今回は以上となります。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)