この記事の読了時間: 444

算定 算出 違い 計算 意味 使い分け

 

算定」と「算出

どちらも数字が絡む時に
出てくるイメージですね。

特に、税理や会計をしている人は
よく使うかと思います。

ところが、
「この2つの使い分けに迷う」
という人も多いようです。

 

そこで今回は、
算定」と「算出」の違い・使い分け
を詳しく解説していきたいと思います。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

算定の意味

 

まず、
「算定」の意味を調べると
次のように書かれています。

【算定(さんてい)】

金額・数量などを計算して決めること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

算定」とは、
金額などを計算して、決めること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 給与を算定する
  • 社会保険料を算定する

 

「算定」は、原則として
「給与や保険などのお金に対して使う言葉」
だと思ってください。

 

そもそも、「算定」は
「計してめる」と書きます。

つまり、
何らかの計算により、金額を確定するような時」に
この言葉を使うわけです。

 

当たり前ですが、
「給与」や「保険」というのは、
正確な金額を出さなければいけません。

そこで、
「きっちりと正確に確定する」という意味で
「算定」と言うわけですね。

算出の意味

 

続いて、
「算出」の意味です。

【算出(さんしゅつ)】

計算して数値を出すこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

算出」とは、
計算して、数値を出すこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 見積もり額を算出する
  • 家との距離を算出する

 

「算出」も同じく
「金額」に対して使うことができます。

ただし、算出の場合は「金額」以外に
「距離」などにも使えるのが特徴ですね。

 

こちらも語源も確認しておくと、

算出」は、
「計して、(数字を)す」と書きます。

つまり、
何らかの数値を導き出すような時」に
「算出」を使うわけです。

スポンサーリンク

算定と算出の違い

算定 算出 違い

 

内容を整理しておくと、

算定」=金額などを計算して、決めること。

算出」=計算して、数値を出すこと。

ということでした。

 

両者の違いを一言で言うと、

算出した結果、算定することができる

と言えます。

時系列で表すと、
「算出」⇒「算定」ですね。

 

分かりやすいように、
簡単な例を出しましょう。

 

Aさんの月額の給与を求めるとします。

計算式は、

1万円×22日分=22万円です。

 

この場合、
1×22=22は「算出」です。

「算定」とは言いません。

 

一方で、
22万円から所得税・住民税などを源泉徴収し、
最終的な数値(手取り)を確定したとします。

22万円ー4万(源泉徴収分)=18万円

この時に、上記の式、
22-4=18を「算定」と呼ぶのです。

 

違いを理解できたでしょうか?

つまり、

算出」は「過程を表した言葉

算定」は「結果を表した言葉

ということですね。

 

「算出」は、
「数値を出すという行為」に重きが置かれます。

一方で、「算定」は
「最終的な金額を確定するという行為」
に重きが置かれるのです。

 

どちらも公的な金額を求める時に使えますが、

すでに説明した通り、
距離などに対しては「算出」のみ使います。

×」⇒距離を算定する

」⇒距離を算出する

 

ちなみに、
モノを数えるような時は
どちらも使うことができません。

×」⇒りんごの数を算定する

×」⇒りんごの数を算出する

 

この場合は、
勘定(かんじょう)する」と言います。

」⇒りんごの数を勘定する

スポンサーリンク

計算の意味

 

似たような言葉で「計算」があります。

「計算」の意味も確認しておきましょう。

【計算(けいさん)】

①物の数量をはかり数えること。勘定。

②加減乗除など、数式に従って処理し数値を引き出すこと。演算。

③結果や成り行きをある程度予測し、それを予定の一部に入れて考えること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「計算」には複数意味がありますが、
一般的には②の意味で使われることが多いです。

つまり、
数式によって、数値を引き出すこと」ですね。

 

例えば、
以下のようなものです。

  • 5+7=12
  • 9-4=5
  • 3×3=9

このように、
足し算や引き算・かけ算などを使って
答えを出すことを「計算」と言うわけです。

 

「計算」は、
算定や算出をする前に行われる」と考えてください。

時系列で表すと、

「計算」⇒「算出」⇒「算定」

ですね。

 

当然のごとく、
計算しないと算出に進めませんし、
算出しないと算定にはたどり着けません。

そういう意味では、
「計算」=「あらゆる数値を出す元となる行為」
とも言えるでしょう。

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文として紹介しておきます。

 

【算定の使い方】

  • 社会保険料の年間支払額を算定する。
  • 基本給から、月額の報酬額を算定する。
  • 社会保険の算定基礎届を提出する。

 

【算出の使い方】

  • リフォームの見積もり額を算出してください。
  • 太陽までの距離を、大まかに算出する。
  • 生徒の成績から、平均値を算出する。

 

【計算の使い方】

  • 今日使ったお金を、ざっと計算する。
  • 簡単な計算式を使って、問題を解く。
  • 損失額を計算してから、株主に説明する。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

算定」=金額などを計算して、決めること。

算出」=計算して、数値を出すこと。

計算」=数式によって、数値を引き出すこと。

「計算」⇒「算出」⇒「算定」という順で金額を確定する。

ということでしたね。

 

「算定」は、「結果」を表した言葉です。

なので、

「計算」や「算出」をした結果、「算定」できる。

と覚えておきましょう。

では、今回は以上です。

スポンサーリンク