この記事の所要時間: 417

 

今回は
頂く」と「戴く
の違いを解説していきます。

 

「ごちそうをいただく

「お中元をいただく

上記の「いただく」は、
どちらを使えばよいのでしょうか?

さっそく、意味を
確認していきましょう。

スポンサーリンク

頂くの意味

 

まずは、
「頂く」の意味です。

【頂く(いただく)】

「大切にする・敬い扱う」

「食べる・飲む」「もらう」の謙譲語。

 

頂く」は、一般的に
②の「食べる・飲む」「もらう
という意味で使うことが多いです。

例えば、
以下のように使います。

  • お菓子を頂く
  • ごちそうを頂く
  • 時間を頂く

 

「頂く」を覚える上で大事なのは、
何かの行為に対して謙譲語が使われる」ということです。

「謙譲語」とは、
自分の行為を下げる敬語のことを言います。

自分の地位を下げることによって、
相手のことを敬うわけですね。

 

「頂く」という字は元々、
「頂上」「山頂」などがある通り、
頭のてっぺん」という意味があります。

つまり、
相手を自分の頭のてっぺんに持っていくくらい高くして、
敬意を表するということですね。

そこから、
①の「大切にする・敬い扱う
という意味としても使うようになったのです。

戴くの意味

 

続いて、
「戴く」の意味です。

戴く(いただく)

「ありがたく受ける」

「もらう」の謙譲語。

 

戴く」は、
②の「何かをもらう」という意味で
使うことが多いです。

例えば、
以下のよう使います。

  • お中元を戴く
  • お菓子を戴く

 

「戴く」の語源も説明しておくと、
」という字は「戴冠(たいかん)」からきています。

戴冠」とは、「王様の冠を頭の上にのせること」です。

 

つまり、
おごそかで神聖な儀式から
「戴く」が生まれたわけですね。

 

ちなみに、
「戴く」という漢字は常用漢字ではありません。

「常用漢字」とは、
「社会生活において、この程度は使う」
という目安を国が示した漢字です。

したがって、
「戴く」は一般的には使われない言葉
となります。

スポンサーリンク

頂くと戴くの違い

頂く 戴く 違い 使い分け

 

「頂く」と「戴く」の違いは、
2つの点から比較すると分かりやすいです。

 

1つめは、「いただく」対象が
目にみえるかどうか」です。

 

頂く」は、
目に見えるもの・見えないもの両方に対して
使います。

例えば、
「ワインを頂く」「時間を頂く
などです。

 

一方で、
戴く」は「冠」の例からも分かる通り、
目に見える物に対して使います。

したがって、
「時間」のような目に見えない物をもらう場合は、
「戴く」は使えないのです。

 

2つ目は、
敬意の大きさ」です。

 

先ほど、「戴く」は、
王様の頭に冠をのせる儀式からきていると説明しました。

つまり、
「戴く」は「頂く」よりも、
より丁寧で相手を敬うときに使われるのです。

例えば、普通のお菓子ではなく、
とても高級なお菓子を「いただく」ような場合に
「戴く」を使うわけですね。

 

まとめると、

頂く」=目に見える物・見えない物、両方に使う。

戴く」=目に見える物にだけ使う。また、より相手を敬う場合に使う。

となります。

スポンサーリンク

いただくの使い方

 

ここまで、「頂く」と「戴く」
について解説してきました。

 

ここで注意すべきは、
ひらがなで「いただく」と表記する場合も
あるということです。

表記」の意味については、
以下の記事を参照してください。

>>表記と標記の違いとは?意味や使い分けも

 

ひらがなで「いただく」と書くのは、
補助動詞」として使う場合です。

「補助動詞」とは、
動詞の後ろに補助的につける動詞のこと」です。

 

例えば、
参考にしていただく」という文があった場合、
参考に「する」という動詞に対して、
「いただく」が補助動詞となります。

 

補助動詞として使う場合は、
もちろん漢字では表記できません。

そのため、「参考にして頂く」ではなく、
「参考にしていただく」が正しい使い方です。

 

逆に、普通の敬語として使う場合は、
ひらがなではなく必ず漢字を使うようにしましょう。

このように、日本語の文法は

動詞は漢字で書き、補助動詞はひらがなで書く

というルールがありますので注意が必要です。

使い方・例文

 

最後に、「いただく」の使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【頂くの使い方】

  1. 帰り際に飲み物を頂くのは、いつものことだ。
  2. とても面白そうな本を頂いたので、さっそく読もう。
  3. 30分という貴重な時間を頂くのは、申し訳ない。
  4. お客さんから要望を頂いたので、参考にしたい。

 

【戴くの使い方】

  1. 国のトップである総理大臣から、直筆の手紙を戴く
  2. 会社の上司から、とても高価なお菓子を戴いた
  3. 高校野球で全国制覇したため、優勝旗を戴いた
  4. 無事に大学の卒業証書を戴くことができた。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

頂く」=目に見えるもの・見えないもの両方に対して使う。

戴く」=目に見える物に対して使う。

「戴く」のほうが、より丁寧で相手を敬うときに使う。

ということでしたね。

 

違いを理解できましたか?

ぜひビジネスや冠婚葬祭などで
使いこなせるようにしましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク