この記事の所要時間: 427

思い 想い 違い 意味 使い分け 文化庁

 

「おもい」という言葉は、
普段からよく使われていますね。

「仕事への思い

「彼女への想い

手紙や履歴書などにも書くので、
なじみがあるでしょう。

ところが、
「この2つの使い分けに迷う」
という人が意外と多いようです。

 

そこで今回は、
思い」と「想い」の違い・使い分け
詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

思いと想いの意味

 

「おもい」
の意味を調べると、
次のように書かれています。

【思い(おもい)】

おもう。考える。考えをもつ。

いとしくおもう。心にかける。

おもい。気持ち。考え。

【想い(おもい)】

おもう。心の中で考える。思いめぐらす。

出典:漢字辞典オンライン

まずは、
思い」についてです。

 

「思い」の「思」という字は、
上の「」が人間の脳を表し、
下の「」が心臓を表しています。

よって、「思い」の本来の意味は、
頭と心を中心として考えること」となります。

 

一方で、
想い」の「想」という字は、
「木+目」からできています。

つまり、「想」は、
「目」で見た具体的な「木」に対して
「心」で考えるということですね。

 

したがって、「想い」の本来の意味は
心によって具体的なイメージを考えること
となるのです。

スポンサーリンク

思いと想いの違い

思い 想い 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

思い」=頭と心を中心として考えること

想い」=心によって具体的なイメージを考えること。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
意味の範囲」となります。

 

思い」は、
「思考・思案・思慮・意思」などの熟語があるように
頭と心の両方で考えること」です。

つまり、
「考える」という意味で
広く一般的に使うことができる
のです。

 

例えば、
以下のような例文ですね。

  • そうだと思います。
  • あなたは正しいと思います。
  • 彼はAを選ぶと思います。
  • 成功してほしいと思います。
  • 明日は晴れると思います。

 

また、「考える」という意味だけでなく、
物事を判断するときにも使えます。

 

例えば、
以下のような使い方です。

「明日は早く起きようと思います。」

「7時に出発しようと思います。」

「今日はもう帰ろうと思います。」

 

このように、
広い意味で使えるのが「思い
だと思ってください。

 

一方で、「想い」は
「予想・空想・発想・理想」などの熟語があるように、
心の中でイメージすること」です。

 

したがって、「想い」は、
心によって具体的な何かを思い浮かべる場合のみ
使うことができるのです。

 

こちらも例文を出します。

  • 恋人のことを想っています。
  • 故郷のことを懐かしく想います。
  • 亡くなった母のことを想っています。
  • 特別な想いを込めて歌います。

 

いずれも
「好きな人」「懐かしいこと」など
具体的な人や物を思い浮かべる場合ですよね?

このように、
狭い意味で使うのが「想いだと思ってください。

 

まとめると、

思い」=「考える」という意味で広く一般的に使える。

想い」=具体的な人や物を思い浮かべる場合のみ使える。

となります。

関連記事:>>考慮と配慮の違いとは?意味や使い分けも

 

ちなみに、「想う」の方は
単に「明日は早く起きようと想う
のような使い方は不適切と言えます。

なぜなら、
具体的なイメージを浮かべずに
「想う」を使っているからですね。

スポンサーリンク

思いと想いの使い分け

思い 想い 使い分け

 

実際に、どちらを使うべきか
問題を使って確認しておきましょう。

以下の場合は、
「思い」と「想い」
どちらを使うべきでしょうか?

 

  1. 過ぎ去った日々をおもいおこす。
  2. 遠い地にいる恋人へのおもいが再燃した。
  3. 北海道は素晴らしい県だとおもいます。
  4. 星がきれいな夜に彼女のことをおもう
  5. 今日のゲームは巨人が勝つとおもいます。

 

正解は、

  1. 想い
  2. 想い
  3. 思い
  4. 想う
  5. 思い

となります。

もちろん、1や2に「思い」を使っても
完全な間違いではありません。

「どちらを使った方が相手に響くか」
ということも考えた上で選択するのがよいでしょう。

 

実際の文章では、
「想い」は場面を限定した使い方が多いです。

小説や詩など、
文学的な作品にはよく出てきますが、
普段の文章ではほぼ出てきません。

 

なぜかというと、
想い」はそもそも「常用漢字」ではないからです。

 

常用漢字とは、
一般人が日常生活において、これくらいは使う
という目安を「国」が示したものです。

この中に、
「想い」は含まれていません。

そのため、
新聞やテレビ・公文書などでは、
思い」を使うことで統一しています。

 

仮に、「想い」を使うべき文を
「思い」に代えても違和感はありませんよね?

ところが、
逆の場合は多少なりとも違和感があります。

 

したがって、
もしもどちらを使うか迷った場合は、
思い」を使うのが無難と言えるでしょう。

関連:>>思慮と思料の違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回の内容をまとめると、

思い」=頭と心の両方で考えること。広い意味で使える

想い」=心によって具体的な何かを思い浮かべること。狭い意味でしか使えない

ということでした。

 

「思い」と「想い」の使い分けは大事です。

もしも間違った場面で「想い」を使うと、
場がシラけてしまう可能性もあるので注意しましょう。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク