この記事の読了目安: 415

精算 清算 意味 違い 使い分け

 

「精算」と「清算」は、どちらもお金に関連した場面で使われています。

「飲み会の費用を精算する」「固定資産税を清算する」

ただ、両者の違いが分かりにくいと感じる人は多いようです。そこで本記事では、「精算」と「清算」の使い分けについて詳しく解説しました。

スポンサーリンク

精算の意味

 

まずは、「精算」の意味からです。

【精算(せいさん)】

金額などをこまかく計算すること。特に、料金などの過不足を計算しなおすこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

精算」とは「金額を細かく計算すること」を表した言葉です。特に、料金の過不足を計算し直す際に使われます。

例えば、会社の経理部門では「社員の経費を精算する」などのように用いられることがあります。

「経費」とは、社員が仕事のために使ったお金を会社に請求できる金額のことです。そのお金の合計を確定させるために、「細かく計算する」ということです。

「精算」の語源を確認しておくと、「精」という字は「精密」「精巧」などがあるように「くわしい」という意味があります。よって、くわしく計算をするような時に「精算」を使うことになります。

ここで注意したいのは、「精算」は「お金を払う」という意味ではないということです。「精算」とはあくまで「計算すること」です。「払う」という意味は一切含まれていないと考えて下さい。

間違えないコツとしては、「精算」=「概算」の対義語と覚えておくことです。「概算(がいさん)」とは「おおざっぱに計算すること」を意味します。このように覚えておけば、間違っても「支払う」というイメージはつかないでしょう。

スポンサーリンク

清算の意味

 

続いて、「清算」の意味です。

【清算(せいさん)】

相互の貸し借りを計算して、きまりをつけること。

会社・組合などの法人やその他の団体が解散したとき、その後始末のために財産関係を整理すること。

これまでの関係・事柄に結末をつけること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

清算」とは「貸し借りに結末をつけたり、財産関係を整理すること」を意味します。

例えば、「借金を清算する」「会社の清算をする」などのように用いられます。前者は、借金の貸し借りをなしにすること、そして後者は、倒産した会社の財産を整理するといった意味です。

清算」の語源も確認しておくと、「」という字は「清掃」「清潔」などがあるように「きれいにする」という意味があります。転じて、「清算」=「整理する」という意味になるわけです。

また、「清算」は「これまでの関係に結末をつける」という意味で使う場合もあります。言い換えれば、「お金以外のモノを整理する」ということです。この場合の使い方としては、過去の嫌な思い出を忘れたり、嫌いな友達との関係を解消したりするような際に使われます。

スポンサーリンク

精算と清算の違い

精算 清算 違い 使い分け

 

ここまでの内容を整理すると、

精算」=金額を細かく計算すること。

清算」=貸し借りに結末をつけたり、財産関係を整理すること。お金以外のモノを整理すること。

ということでした。

両者の違いを簡単に言うと、「精算」は「計算すること」、「清算」は「整理すること」だと言えます。

「精算」は、経費や運賃など普段使われる金額を細かく計算する場合に使います。一方で、「清算」は借金の帳消しや会社破産の手続きなど複雑なお金関係を整理する場合に使います。

また、「清算」は、人間関係などを整理するような場合にも使います。一方で、「精算」はこのようなお金以外の使い方は基本しません。

まとめると、

精算」=計算すること。お金限定)「清算」=整理すること。お金以外にも使われる

となります。

なお、間違えやすい言葉として「精算書」と「清算書」が挙げられます。

「精算書」とは「経費の細かい計算などが書かれた書類」のことです。「経費精算書」などと言う場合もあります。

対して、「清算書」とは「金銭の授受が成立したことを証明した書類」のことです。過去の借金の支払いを証明するような時に使われます。

実際にはビジネスの世界で「清算書」が使われることは少ないですが、経費の計算書類などに「清算書」と書かれている会社も稀にあるようです。このあたりは会社によっても名称が異なるようです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を例文で紹介しておきましょう。

 

【精算の使い方】

  1. 割り勘をして一人分の費用を精算する。
  2. 飲み会の立替金を精算しておいてください。
  3. 自動精算機にカードを挿入すると、不足分が表示された。
  4. 出先から会社に戻ってきた後、出張費の精算をした。
  5. スーパーのレジで、お会計の精算をしてもらう。

【清算の使い方】

  1. 妻に内緒にしていた借金を、結婚前にちゃんと清算した。
  2. 旧会社は清算され、新会社に一億円で譲渡されることになった。
  3. 固定資産税を納付するため、金銭による清算を行った。
  4. 過去の人生を清算し、新たな目標を掲げて頑張っていきます。
  5. あの人とは距離を置き、できれば関係を清算した方がよい。

まとめ

 

以上、本記事のまとめです。

精算」=金額を細かく計算すること。(お金のみ)

清算」=貸し借りに結末をつけたり、財産関係を整理すること。(人間関係にも使う)

ポイントは、漢字の構成を比較することでした。それぞれの語源まで覚えておけば、違いを忘れることはないでしょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)