この記事の読了時間: 550

迎える 向かえる 違い 意味 使い分け

 

今回は、
迎える」と「向かえる
の使い分けを解説していきます。

 

「むかえる」という言葉は、
2つの漢字が使われていますね。

「お客様を迎える

「家に向かえる

どちらも同じ読み方ですが、
一体何が違うのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

迎えるの意味

 

まず、「迎える」を辞書で引くと
次のように書かれています。

【迎える(むかえる)】

人の来るのを待ち受ける。

呼んで、来てもらう。呼びよせる。

招いて仲間や家族に加え入れる。

④(確実にやってくる)ある時期や段階を目前にする。

よしとして受け入れる。ごきげんをとる。

相手の攻撃を待ち構えて防ぐ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

迎える」には、
全部で6つの意味があると考えてください。

 

それぞれの使い方は、以下の通りです。

  1. 友達を迎える
  2. 医者を迎える
  3. 養子を迎える
  4. 8月を迎える
  5. 上司の意を迎える
  6. 敵を迎える

 

いずれも共通しているのは、
人や時期などがやって来る
ということですね。

 

そもそも、「」という字は、
」+「」の形成文字から成り立っています。

」=「立つ人」の象形文字。

」=「ひざまずく人」の象形文字。

 

つまり、「」という字は
立っている人が、ひざまずく人から見られている様子
というのが本来の意味となるわけです。

転じて、現在では、
」=「何かがやって来る(向かってくる)様子
という意味で使うことが多いです。

 

例えば、次のような言葉ですね。

歓迎(かんげい)

⇒人がやって来るのを喜ぶこと。

迎賓館(げいひんかん)

⇒海外の大統領が来た時のための宿泊施設。

迎春(げいしゅん)

⇒新年がやって来ること。(年賀状などに書く)

このように、「迎える」という言葉は、
自分に対して何かが向かってくるイメージ
だと思ってください。

向かえるの意味

 

続いて、「向かえる」です。

 

先に言っておくと、
「向かえる」の意味は、
辞書で調べてものっていません。

 

「え?のってないの?」

と思った人も多いでしょう。

 

ではなぜ、「向かえる」という
言葉が使われているのでしょうか?

 

それは、
向かう」と「れる(可能)」がくっついて、
向かえる」になったから
です。

つまり、
向かうことができる」という意味ですね。

 

動詞の語尾に「れる」や「られる」がつくと、
「~が可能」という意味になるのです。

【例】

「食べる」+「られる」=「食べられる」(食べることができる)

 

このように解釈すると、
疑問がすっきりするでしょう。

「食べられる」を辞書で調べても、
正式にはのってはいませんが、
実際には使われていますからね。

 

したがって、「向かえる」は
以下のような使い方となります。

  • 友達の家へ向かえる
  • 困難に立ち向かえる勇気
  • 机に長く向かえる方法
  • 最短で向かえるルート

 

「向かえる」の場合は、
何かに対して自分が向かっていくイメージ
だと思ってください。

スポンサーリンク

迎えると向かえるの違い

迎える 迎える 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

迎える」=自分に対して何かが向かってくる。

向かえる」=何かに対して自分が向かっていく。(可能の意味)

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
向かう方向性」となります。

 

迎える」は、
人や時期を自分が受け入れる行為です。

したがって、
自分の方へ相手がやって来る
ことになります。

 

一方で、「向かえる」は、
自らが向かっていく行為です。

よって、こちらは、
相手の方へ自分が行く
ことになるのです。

 

つまり、
目的地に向かっている側としては「向かえる」、
目的地で待っている側としては「迎える」となるわけですね。

 

別の言い方をすると、

迎える」=「受動的

向かえる」=「能動的

とも言えるでしょう。

 

「迎える」の場合は、
相手がこちらへ来るまでずっと待つような感じです。

対して、「向かえる」の方は
自分の方から自発的に相手へ行くような感じですね。

むかえるの類語・英語

 

さらにつけ加えると、両者の違いは
「類語」や「英語訳」も覚えておくと忘れにくいでしょう。

 

まず、「迎える」の「類語」は以下の通りです。

  • 待つ
  • 受ける
  • 構える

いずれも受動的な表現ですよね?

 

一方で、
向かえる」の「類語」は以下の通りです。

  • 行ける
  • 進める
  • 通える

こちらは能動的な表現となっています。

 

そして、
両者の英語訳は以下の通りです。

 

迎える」=「greet」「invite」「welcome

向かえる」=「can go to」「can head for

 

「迎える」の方は、
「greet(歓迎する)」「invite(招く)」「welcome(歓迎する)」
など誰かを受け入れる動詞が主となります。

一方で、「向かえる」の方は大前提として
前に「can(~できる)」という助動詞が付くわけですね。

その後に、「行く」「進む」などの動詞が来るのです。

このように比較すると、
両者は全く別の言葉だということが
改めて分かるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【迎えるの使い方】

  1. 明日は、高校の卒業式を迎える日だ。
  2. 早めに布団に入り、目覚めの良い朝を迎える
  3. やっとドラマの最終回を迎えることができた。
  4. 父は来年で定年を迎えることになる。

 

【向かえるの使い方】

  1. 正午にはそちらの家へ向かえると思います。
  2. クラス全体が良い方向へ向かえるようにしたい。
  3. 仕事がきついため、パソコンに向かえる時間が少ない。
  4. 完全に覚えてから、次のステップへ向かえるようにしたい。

 

補足すると、
向かう」+「れる・られる受け身)」
という意味での「向かえる」は間違った使い方です。

 

仮に「向かう」を強引に受け身にすると、
「向かわれる」という敬語のような言い方になってしまいます。

この場合の「受け身」は、
すでに「迎える」という言葉が存在するので、
「迎える」の方を使うようにしましょう。

 

また、もう一つ注意点としては、
迎える」を「お客様を迎えに行く
などと言う場合ですね。

これはビジネスなどでよく使われる表現なのですが、

この場合は相手がやって来るのではなく、
相手の方へ自分が行く行為」です。

この言い方は間違える人が多いため、
以下の記事で詳しく解説しました。↓

>>「迎えに行く」は敬語として間違い?正しい意味を解説

まとめ

 

では、今回の記事のまとめです。

 

迎える」=自分の方へ相手がやって来る。受動的

向かえる」=相手の方へ自分が行く。可能の意味)(能動的

迎えるの類語・英語」=「待つ・受ける・構える」「greet・invite・welcome」

向かえるの類語・英語」=「行ける・進める・通える」「can go to・can head for」

 

違いを見分けるポイントは、「方向性」ということでした。

「向かえる」は、基本的に
「可能の意味」以外では使えないので注意しましょう。

では、今回は以上です。

スポンサーリンク