この記事の所要時間: 55

足元をすくわれる 誤用 意味 由来 使い方

 

「足」を使った
有名な慣用句があります。

一般的には、
足元をすくわれる
などと言われていますね。

ところが、
この言葉を間違って使う人が
かなり多いようです。

ある世論調査によると、
日本人の約8割が誤用している
というデータもあります。

 

一体なぜなのか気になりますよね。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

足元をすくわれるの意味

 

先に結論を言ってしまうと、
「足元をすくわれる」は誤用です。

どの辞書で調べても、
「足元をすくわれる」は載っていません。

 

すなわち、
受験や正式な文書などでこの表現を使ったら誤り
ということですね。

では、どんな言い方が正しいかというと、
足をすくわれる」です。

こちらは正式に辞書に載っている慣用句です。

【足を掬う(あしをすくう)】

相手のすきをついて失敗させる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

つまり、
よく使われる「足をすくわれる」は、
「足をすくう」の受け身ということですね。

足をすくわれる」とは、
すきを突かれて失敗させられること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

弱いチームだと思って油断してると、足をすくわれるぞ。

この場合は、
「油断していると、すきを突かれて負けるかもしれない」
ということですね。

 

このように、「足をすくわれる」は、
失敗させられたり逆転されたりする時に使う言葉
だと思ってください。

多くは、
卑劣なやり方で一杯食わされるような
場合に使われます。

 

では、なぜ「足元」ではなく
「足」だけなのか気になりますよね?

そのあたりの理由を詳しく見ていきましょう。

足をすくわれるの由来

 

「すくう」という言葉は、
下から上へ曲線を描くようにはらう
という意味があります。

イメージ的には、
「金魚すくい」が分かりやすいでしょう。

 

「金魚すくい」は、
水の中の金魚を持ち上げるように動かします。

このように、
「下から上にはらうような動作」を
「すくう」と言うのです。

つまり、「足をすくう」とは、
立っている足をはらうようにする動き
を指すわけですね。

 

足をはらってしまえば、
当然体を支えきれずに倒れてしまいます。

転じて、
失敗や逆転」を意味する言葉
になったと言われています。

 

ここで大事なのは、
「足」と「足元」は全く別の言葉
ということです。

 

「足元」とは、
足が地面についている付近」という意味です。

よく「足元が暗い」などと言いますよね?

あれはつまり、
足本体ではなく足の周り付近が暗いという意味です。

 

ということは、
「足元」をすくってみたところで
何もないので空振りに終わってしまいます。

立っている人間を転ばせたいのなら、
「足」そのものをすくわなければ無理でしょう。

したがって、
足元をすくわれる」は誤用ということですね。

 

ちなみに、間違える人が多い理由は
「足元」を使った慣用句が多いからだと思われます。

【例】

  • 足元を見る」⇒相手の弱みにつけこむ様子。
  • 足元につけこむ」⇒弱みにつけこみ、利用すること。
  • 足元に火がつく」⇒危険がせまること。

 

これらの言葉は、
「足」本体ではなくその人の「立ち位置」や
「立場」といったものを指しています。

そのため、
多くの人が両者を混同しているわけですね。

スポンサーリンク

足をすくわれるの類語

足をすくわれる 類語

 

では、「足をすくわれる」の
「類語」を確認しておきましょう。

【飼い犬に手をかまれる】

面倒を見ていた者から害を加えられること。

【寝首(ねくび)を掻(か)かれる】

油断していた所を突かれ、だまされること。

【不意(ふい)を突(つ)かれる】

予想していないタイミングで事が行われるさま。

【闇討(やみう)ちに遭(あ)う】

相手から不意に襲われること。

【出し抜かれる】

油断していた所をつけこまれること。

共通しているのは、
一瞬の油断を狙われる
という意味ですね。

 

「足をすくわれる」は、大前提として
その人が油断している・調子にのっている
という状況にあります。

言いかえれば、
「スキがある」ということです。

したがって、
「すきを突かれる・不意をつかれる」
などの表現が一番近い意味になるでしょう。

足をすくわれるの英語

 

続いて、
「英語訳」です。

「足をすくわれる」は、
英語だと次のように言います。

 

to be tripped up

 

「trip up」には、
「つまづかせる・転ばせる」
などの意味があります。

これに受け身を表す「be」をつけるわけですね。

 

例文だと、
以下のような言い方です。

I was tripped up by their action.
(彼らの行動に私は足をすくわれた。)

 

また、「足をすくう」だと

trip up someone’s heels

などと言ってもいいでしょう。

直訳すると、
「誰かのひざをつまづかせる」
という意味ですね。

スポンサーリンク

足をすくわれるの使い方・例文

 

では、「足をすくわれる」の
「例文」を確認しておきましょう。

 

  1. あんまり調子に乗らないほうがいいよ。足をすくわれることになるから。
  2. 最下位チームだと油断して、足をすくわれることがないようにね。
  3. 部下に足をすくわれるなんて、予想していなかったよ。
  4. 一瞬のすきをつかれて、足をすくわれないようにしてください。
  5. 勝ったからと気を抜くと足をすくわれるよ。注意してね。
  6. 慎重に攻めないと、思わぬ所で足をすくわれるかもしれない。

 

用例としては、
あらかじめ予防策をとるような時
に使うことが多いですね。

何かの勝負をする上では、
一瞬の油断やスキが命取りになります。

特に、スポーツなどの
厳しい世界ではなおさらでしょう。

そんな時に、
「気を引きしめる」という意味で
「足をすくわれないように」と言うわけです。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

足をすくわれる」=すきを突かれて失敗させられること。

由来」=立っている足を、はらうように転ばされることから。

足元をすくわれる」は、空振りする行為なので誤用。

ということでした。

 

由来についても解説したので、
スッキリできたのではないでしょうか?

この記事をきっかけに、
ぜひ正しい使い方をしてみてくださいね。

今回は以上です!

スポンサーリンク