この記事の読了時間: 512

津々浦々 意味 短文 例文 使い方

 

あなたは旅をするのは好きですか?

津々浦々を旅したい」と聞くと、
日本のあらゆる場所が思い浮かんできますね。

もしもそんな「あらゆる場所」という意味を表現したい時、
今回の四字熟語を使えば簡潔に相手へ伝えることができるでしょう。

この記事では、
津々浦々」の意味・使い方・類語などを解説していきます。

スポンサーリンク

津々浦々の意味

 

まずは、基本的な意味です。

【津々浦々(つつうらうら)】

いたるところの津や浦。全国いたるところ。

出典:三省堂 大辞林

津々浦々」とは、
いたるところの港や入り江、全国のあらゆるところ」という意味になります。

例えば、以下のような使い方です。

私は全国津々浦々の名所に行くのが趣味だ。

このように、「全国各地、あらゆるところ」
という意味を表現したいときに使える四字熟語となります。

 

ちなみに、
上の読みでは「つつうらうら」と表記していますが、
「つうらうら」とも読みます。

さらに、漢字を「津津浦浦」と書く場合もあります。

いずれにせよ、意味自体は全て同じだと考えて下さい。

津々浦々の語源

 

次に、この四字熟語の語源を見ていきましょう。

 

漢字を見てみると、
前半を「津々」、後半を「浦々」と分けることができます。

 

まず、前半の「」という字ですが、
これは「船が停泊するところ」や「」という意味です。

そして後半の「」は、
海や湖が陸地に入り込んだところ」「入り江」という意味です。

2つの漢字を繰り返し使うことにより、
あらゆる箇所の港や入り江」という意味になります。

 

考えてみれば、
日本は周りを海に囲まれた島国ですよね。

したがって、全国のいたるところに港や入り江、
つまり「津」や「浦」があるということになります。

このことから、
津々浦々」=「全国あらゆるところ
という意味でも使われているわけです。

スポンサーリンク

津々浦々の類語

津々浦々 類語

 

続いて、「津々浦々」の類語を見ていきます。

【四方八方(しほうはっぽう)】

あらゆる方角、いろいろなところ。

「四方」は、4つの方角、すなわち「東・西・南・北」を表し、

「八方」は、東・西・南・北に加えて、北東・北西・南東・南西という8つの方角を表します。

このことから、
「四方八方」はあらゆる方角を強調した表現になります。

【一天四海(いってんしかい)】

天下のすべて。全世界。

「一天」は「天の下」、すなわち「天下」という意味です。

また、「四海」は「4つの方角の海」を表します。

このことから、
「天の下すべてのことや全世界」という意味になります。

【天上天下(てんじょうてんげ)】

天の上の世界と、天の下の世界のこと。世界や宇宙のすべて。

この「天上天下」という言葉は、釈迦(しゃか)が生まれた時に言ったとされる
天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」という言葉から取られたものです。

天上にあたる宇宙のことや、天下にあたる世界のこと、
すべてのあらゆるものを網羅したとてもスケールの大きい言葉です。

※「てんか」とは読まない点に注意してください。

【三千世界(さんぜんせかい)】

全宇宙。この世のあらゆるところすべて。

三千世界とは、仏教の世界観に基づく言葉で、
一人の仏が教化する世界のことを表します。

仏教の世界では、1世界が1000個集まったものを小千世界、
小千世界が1000個集まったものを中千世界、中千世界が1000個集まったものを大千世界と言います。

千が3つ重なるため、これを三千世界と表すのです。

この「三千世界」もとてもスケールの大きい言葉ですが、
俗にいう「世間」という意味としても使うことができます。

津々浦々の英語

 

続いて、英語訳を紹介します。

「津々浦々」を英語にすると、次の2つの言い方があります。

 

all over the country(国中のあらゆるところに)」

far and wide(遠くまで広がる・あらゆるところへ)」

 

「all over~」は
「~のあらゆるところに」という意味です。

「country」を「world」に変えることで、
「世界中のあらゆるところに」という意味にすることもできます。

また、「far」は「遠く」、「wide」は「広い」という意味ですが、
「far and wide」と表記することで「津々浦々」と同じような意味として使うことができます。

 

ちなみに、以下のような言い方をする場合もあります。

 

from coast to coast(海岸から海岸まで)」

 

こちらの表現は、
大陸続きになっているアメリカならではの表現です。

東西に長いアメリカでは、
「国中のあらゆるところ」という意味を表現するためには、
「海岸から海岸まで」という表現になります。

「港や入り江がたくさんある」という意味の「津々浦々」とは異なる表現なので、
言葉からも国の違いを読み取ることができますね。

 

では、以下にそれぞれの例文を紹介していきます。

Her name is known all over the country.(彼女の名前は国中で知られている。)

The rumor spread far and wide.(噂は津々浦々にまで広まった。)

He’s spread that from coast to coast.(彼はそれを国中あらゆるところに広めている。)

スポンサーリンク

津々浦々の例文・使い方

 

では、「津々浦々」の使い方を例文で確認しておきましょう。

 

  1. 全国津々浦々の名産品を食べる。
  2. いつか全国津々浦々を旅してみたいです。
  3. 彼は全国津々浦々に友達がいる人間だ。
  4. この学校には津々浦々の秀才が集まっている。
  5. 全国津々浦々に知れ渡るような有名人になりたいです。
  6. 彼女の働きのおかげで、この商品は全国津々浦々にまで知れ渡った。

 

以上のように、「津々浦々」は、
「日本各地のあらゆるところ」という表現をしたい時に使えます。

基本的には「全国津々浦々」というように、
頭に「全国」を付けて使うことが多いですね。

全国を付ける場合、付けない場合、
どちらもほぼ同じような意味として使うことができます。

まとめ

 

いかがでしたか?

内容を簡単にまとめると、

津々浦々」=いたるところの津や浦。全国いたるところ。

語源」=あらゆるところの港や入り江。

類語」=「四方八方・一天四海・天上天下・三千世界」など。

英語」=「all over the country」「far and wide」「from coast to coast」

ということでした。

 

「津々浦々」は、「全国各地」「日本のあらゆるところ」
という意味を一発で分かりやすく伝えられる便利な四字熟語です。

ぜひ、会話の中に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)