この記事の所要時間: 640

主語 述語 修飾語  接続語 独立語 問題

 

文法の授業で、
主語」「述語」「修飾語
の3つを習うかと思います。

内容的には、
とても基礎的なことに見えますよね?

ところが、
これらの言葉は、
文を作る上でとても大事なものです。

そのため、よく出題されやすい
「接続語」や「独立語」なども合わせて
ていねいに解説していきたいと思います。

 

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

主語・述語とは?

 

まずは、
基本的な意味です。

主語」とは、
誰が」「何が」などに当たる部分を言います。

 

そして、「述語」とは、
どうする」「どんなだ」「何だ」「ある・いる・ない
などに当たる部分を言います。

 

簡単な例を出しましょう。

 

  • 花が 咲く
  • 天気が よい
  • 彼は リーダーだ
  • イスが ある

上の4つの文は、
「主語」と「述語」によって成り立っています。

 

前半の「誰が(何が)」にあたる部分は、
文の主題を示したものです。

よって、
この部分を「主語」と言うのです。

 

そして、
後半の「どうする」「どんなだ」
「何だ」「ある・いる・ない」にあたる部分は、
主語を説明する働きをしています。

よって、
この部分を「述語」と言うわけですね。

 

「主語」は、
「~が」の形をとらない場合もあります。

例えば、
~は」「~も」「~さえ」「~でも
などの形です。

この場合は、
「~が」に置きかえてみて、
意味が通れば「主語」と考えてください。

スポンサーリンク

修飾語とは?

 

続いて、「修飾語」です。

 

修飾語」とは、
他の文節をくわしく説明する文節
のことを言います。

 

「文節」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>文章・段落・文・文節・単語とは?簡単に解説

 

こちらも、例を出します。

  • 花が きれいに 咲く
  • 天気が とても よい
  • 彼は 頭のよい リーダーだ
  • イスが 部屋に ある

 

上の赤字部分を、
修飾語」と言います。

文は、「主語」と「述語」
だけでも一応成り立ちます。

しかし、
主語と述語だけだと、
文としておもしろみがありません。

 

そこで、
主語や述語をさらにくわしく説明するために
「修飾語」をつけ加えるのです。

具体的には、
「いつ」「どこで」「何で」「何を」
「どんな」「どんなに」「どのくらい」
などを説明する場合に使います。

 

つまり、
「状況や様子・程度などを表す場合」
ということですね。

 

また、
他の文節を説明する「修飾語」に対して、
説明される方の文節を「被修飾語(ひしゅうしょくご)
と言います。

 

例えば、以下のような
文があったとします。

 

「私は とても 悲しい

 

この場合、
修飾語」が「とても」、
被修飾語」が「悲しい」になります。

 

この時に、
「体言」を含む文節を修飾する方を
連体修飾語」と言い、
「用言」を含む文節を修飾する方を
連用修飾語」と言います。

 

「体言(たいげん)」とは、「名詞」を指し、
「用言(ようげん)」とは、
「動詞・形容詞・形容動詞」を指します。

関連記事:>>形容詞と形容動詞の違いとは?見分け方を簡単に解説

関連記事:>>連体修飾語と連用修飾語の見分け方は?問題を使い解説

 

例えば、
以下の2つは「連体修飾語」です。

  • これは私の本です。
  • 白い雲が浮かぶ。

 

なぜなら、
両方とも「本・雲」という
「名詞」を修飾しているからです。

 

一方で、
以下の2つは「連用修飾語」です。

  • 友達と楽しく過ごす。
  • 本をたくさん読む。

 

なぜなら、
両方とも「過ごす」「読む」という
「動詞」を修飾しているからです。

 

ポイントは、
修飾語は必ず被修飾語の前に来る
ということですね。

「修飾語」→「被修飾語」
という順番は変わりません。

このことを頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

接続語・独立語とは?

 

続いて、
「接続語」と「独立語」です。

 

接続語」とは、
前後の文や文節をつなぐ文節
のことを言います。

 

例えば、
以下のような文です。

  • この服は安い。だから、買う。
  • 早く起きた。しかし、遅刻した。

 

上の赤字部分を
「接続語」と言うわけですね。

 

また、場合によっては
以下のような形も「接続語」と言います。

 

暑いから、私は上着を脱いだ。

うるさいから、彼らを注意した。

 

このように、
「接続語」は理由や条件を表して
前後の関係をつなげる時に使うのです。

 

そして、「独立語」とは、
呼びかけ」「感動」「応答」「提示
などを表す文節のことを言います。

 

例えば、
以下のような文です。

  • ねえ、早く行こうよ。(呼びかけ)
  • ああ、すばらしい映画だ。(感動)
  • はい、私が田中です。(応答)
  • 富士山、それは日本一高い山です。(提示)

 

「独立語」は、
主語・述語・修飾語のどれにもならず、
他の文節とは直接関係しません。

つまり、
他と関係せず独立しているので、
「独立語」と呼ぶわけですね。

 

「独立語」は、
文の最初に来ることが多く、
その後に必ず「読点(、)」がつきます。

スポンサーリンク

確認問題

主語 述語 修飾語 問題

 

それでは、
今までの内容を理解できたか
確認しておきましょう。

 

以下に、問題を用意しました。

 

問題1

次の文中から、
主語と述語を抜き出してください。

①僕は きのう 大阪で ラーメンを 食べた。

②雨で ぬかるんだ 土に 太陽が 当たる。

③水は すべての 生命の 源です。

解答

僕は食べた太陽が当たる水は源です

「述語」は、
文の終わりに来ることが多いです。

そのため、まずは「述語」を押さえ、
次に「誰が(何を)」を考えましょう。

問題2

次の文中から、
「修飾語」と「被修飾語」を抜き出してください。

①彼は やさしい 人だ。

②犬は とても 速く 走る。

③冷たい 冬の 風が 激しく 吹く。

解答

①「修飾語」⇒やさしい  「被修飾語」⇒人だ

②「修飾語」⇒とても 「被修飾語」⇒速く

 「修飾語」⇒速く 「被修飾語」⇒走る

③「修飾語」⇒冷たい 「被修飾語」⇒風が

 「修飾語」⇒冬の 「被修飾語」⇒風が

 「修飾語」⇒激しく 「被修飾語」⇒吹く

②の「速く」は、
「とても」を受ける時は「被修飾語」となり、
「走る」にかかる時は「修飾語」となります。

また、
③の「冷たい-風が」は、
間に「冬の」が入っています。

つまり、
「冷たい」と「冬の」の2つが
「風が」を修飾しているわけですね。

このように考えると、
修飾語の後には必ず被修飾語が来るが、
修飾語のすぐ後に被修飾語が来るとは限らない
ということが分かると思います。

問題3

次の文から「修飾語」と「被修飾語」を抜き出し、
「A」(連体修飾語)か「B」(連用修飾語)かを答えてください。

①心地よい音楽が部屋中に響く。

②赤い鳥が長い首を少しかたむけた。

③次の瞬間、ふと悲しい気持ちになった。

解答

①「心地よい(A)」⇒「音楽が」

 「部屋中に(B)」⇒「響く」

②「赤い(A)」⇒「鳥が」

 「長い(A)」⇒「首を」

 「少し(B)」⇒「かたむけた」

③「次の(A)」⇒「瞬間」

 「悲しい(A)」⇒「気持ちに」

 「瞬間(B)」⇒「なった」

 「ふと(B)」⇒「なった」

問題4

次の文から、
「接続語」か「独立語」を抜き出してください。

①勉強は苦手だ。しかし、スポーツは得意だ。

②疲れたので、今日は休むことにした。

③呼んだが、彼は返事をしなかった。

④おや、おもしろそうな番組だね。

⑤こんにちわ、今日も授業を始めます。

⑥2月11日、それは建国記念日だ。

解答

しかし疲れたので呼んだがおやこんにちわ2月11日

①~③は「接続語」、
④~⑥は「独立語」となります。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回の内容をまとめると、

主語」=「誰が」「何が」などに当たる部分。

述語」=「どうする」「どんなだ」「何だ」「ある」などに当たる部分。

修飾語」=他の文節をくわしく説明する文節。

接続語」=前後の文や文節をつなぐ文節。

独立語」=「呼びかけ」「感動」「応答」「提示」などを表す文節。

ということでしたね。

 

この記事をきっかけに、
それぞれの理解を深めていきましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク