この記事の所要時間: 552

 

皆さんは、
重箱読み」と「湯桶読み
の違いを説明できますか?

 

漢字の読み方には、
色々な種類がありますよね。

特に、中学の国語では
漢字の種類について勉強した人も多いかと思います。

ところが、
いざ見分けるとなると
意外と難しく感じるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、
「重箱読み」と「湯桶読み」の違い・見分け方など
を簡単に解説していきたいと思います。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

重箱読みとは

 

まずは、
「重箱読み」の意味です。

【重箱読み(じゅうばこよみ)】

漢字2文字により構成される熟語で、前が音読み、後ろが訓読みのもの。日本語における熟語の変則的な読み方の一つ。

出典:Wiktionary

重箱読み」とは、
前が音読み・後ろが訓読みの熟語のこと
を言います。

 

まず、
音読み」と「訓読み
の意味から説明していきますね。

漢字という文字は、
元々中国で作られました。

 

音読み(おんよみ)」とは、
その「中国の発音を元にした読み方」だと思ってください。

「音読み」の特徴は、
聞いただけでは意味がわからないこと」です。

 

例えば、
赤(せき)」「海(かい)」「手(しゅ)
などが挙げられます。

いずれの言葉も、
イメージがわかないですよね?

 

一方で、
訓読み(くんよみ)」とは、
日本で作られた独自の読み方のこと」を言います。

「訓読み」の特徴は、
聞いただけで意味が分かること」です。

 

例えば、
赤(あか)」「海(うみ)」「手(て)
などが挙げられます。

こちらは先ほどと違い、
聞いただけで意味が分かるでしょう。

 

では、「重箱読み」の説明に戻ります。

「重箱」の「じゅう」は、
「音読み」です。

一方で、
「重箱」の「はこ」は、
「訓読み」です。

 

つまり、
「重箱」という熟語は、
音読み+訓読みの順番で構成されたもの
だと言えます。

このような熟語を、
「重箱読み」と呼ぶわけですね。

 

「重箱読み」の例としては、
他に以下のような熟語が挙げられます。

  • 「先手(せんて)」
  • 「団子(だんご)」

それぞれの音読み・訓読みも
確認しておくと、

  • 」⇒音「せん」訓「さき」「」⇒音「しゅ」訓「
  • 」⇒音「だん」訓「かたまり」「」⇒音「し」訓「こ(ご)

となります。

スポンサーリンク

湯桶読みとは

 

続いて、
「湯桶読み」です。

【湯桶読み(ゆとうよみ)】

漢字2文字により構成される熟語で、前が訓読み、後ろが音読みのもの。日本語における熟語の変則的な読み方の一つ。

出典:Wiktionary

湯桶読み」とは、
前が訓読み・後ろが音読みの熟語のこと
を言います。

 

こちらは、先ほどとは逆に
今度は「訓読み」が先頭に来ます。

「湯桶」の「」は「訓読み」
「湯桶」の「とう」は「音読み」です。

このような熟語を、
「湯桶読み」と呼ぶわけですね。

 

「湯桶読み」の例としては、
以下のような熟語があります。

  • 場所(ばしょ)
  • 梅酒(うめしゅ)

それぞれの読みも
確認しておくと、

」⇒音「じょう」訓「」「所」⇒音「しょ」訓「ところ」

」⇒音「ばい」訓「うめ」「酒」⇒音「しゅ」訓「さけ」

となります。

スポンサーリンク

 

重箱読みと湯桶読みの見分け方

 

ここまでの内容を整理すると、

重箱読み」=前が音読み・後ろが訓読みの熟語。

湯桶読み」=前が訓読み・後ろが音読みの熟語。

ということでしたね。

 

まず、両者の全体像を
把握しておきましょう。

「熟語」の読み方としては、
全部で以下の4つに分けられます。

 

  1. 音読み+音読み
  2. 訓読み+訓読み
  3. 音読み+訓読み(重箱読み
  4. 訓読み+音読み(湯桶読み

このうち、上2つは名前がついてませんが、
大半の熟語はこの2つのどれかに当てはまります。

 

つまり、
「重箱読み」と「湯桶読み」は、
「どちらも変則的な読み方」ということですね。

別の言い方をすれば、
「手本」となるような正しい読み方ではない
ということを押さえておいてください。

これを踏まえた上で、
両者の見分け方を簡単に解説していきます。

 

まず、大事なのは、
音読みか訓読みかを判別すること
だと言えるでしょう。

以下は、
大まかな判断材料です。

【音読みの特徴】

聞いただけでは、意味が分からない。

【例】「頭(ず)」「白(はく)」「卵(らん)」など。

①については、
冒頭で説明したので大丈夫ですね。

」で終わる。

【例】「本(ほん)」「点(てん)」「円(えん)」など。

昔の日本語には、
「ん」という文字がありませんでした。

したがって、
「ん」で終わる漢字は
中国由来の「音読み」になるのです。

読み方が一つのみ。

【例】「肉(にく)」「区(く)」など。

読み方が一つしかない漢字もあります。

「訓読み」というのは、
必要に応じて後から付け加えられました。

したがって、必要がない場合は、
「訓読み」自体がない漢字もあるのです。

【訓読みの特徴】

聞いただけで意味が分かる。

【例】「山(やま)」「家(いえ)」など。

送り仮名がつく。

【例】「話す」「送る」「高い」 など

「送り仮名」は、
中国には存在しない日本独自のものです。

したがって、
日本由来の「訓読み」になるわけですね。

以上が判別方法となります。

もちろん、これだけで
完璧に判別できるわけではありません。

あくまで一つの
大まかな方法だと思ってください。

スポンサーリンク

練習問題

 

では、今までの内容を理解できたか
確認しておきましょう。

以下に、練習問題を用意しました。

 

問題1

以下の語は、
「音読み」か「訓読み」のどちらでしょうか?

①川(かわ)

②本(ほん)

③新(しん)

④目(もく)

⑤空(そら)

解答

①⇒「訓読み」②⇒「音読み」③⇒「音読み
④⇒「音読み」⑤「訓読み

意味が通じるのが「訓読み」
通じないのが「音読み」でしたね。

ただし、
「本」や「新」のように
最後が「ん」になるのは「音読み」となります。

問題2

以下の熟語は、
「重箱読み」と「湯桶読み」のどちらでしょうか?

①残高(ざんだか)

②豚肉(ぶたにく)

③敷金(しききん)

④見本(みほん)

⑤本棚(ほんだな)

解答

①⇒「重箱読み」②⇒「湯桶読み」③⇒「湯桶読み
④⇒「湯桶読み」⑤⇒「重箱読み

「重箱読み」は「音+訓」
「湯桶読み」は「訓+音」でしたね。

「本」「金」などは
最後が「ん」で終わるので、
「音読み」になります。

また、「肉」も読み方が一つだけなので、
「音読み」でしたね。

一方で、
「高(たか)い」「敷(し)き」「見(み)る」は、
送り仮名がつくので「訓読み」と判断してください。

まとめ

 

今回の内容をまとめると、
以下のようになります。

重箱読み」=前が音読み・後ろが訓読みの熟語。

湯桶読み」=前が訓読み・後ろが音読みの熟語。

【音読みの特徴】

  1. 聞いただけでは、意味が分からない。
  2. 「ん」で終わる。
  3. 読み方が一つのみ。

【訓読みの特徴】

  1. 聞いただけで意味が分かる。
  2. 送り仮名がつく。

実際には、
それぞれの読み方を問う問題はあまり出ません。

ただし、
最低限どのような意味かを
知っておく必要はあると言えます。

この記事をきっかけに、
ぜひ基本的な意味は理解しておきましょう。

スポンサーリンク