この記事の所要時間: 526

接続助詞とは 覚え方 見分け方 語呂合わせ

 

「助詞」には、
全部で4つの種類がありますよね。

①「格助詞」②「副助詞」③「接続助詞」④「終助詞

この中だと、「接続助詞」は
比較的判別しやすいと言われています。

なぜなら、
語尾に「、」がつくことが多いからですね。

 

ところが、
「接続助詞」は意味が複数あるため、
文法問題では意外とよく出題されます。

そのため、
覚え方だけでなく意味や働きなども
詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

接続助詞とは?

 

まずは、
基本的な意味です。

接続助詞」とは、
前後の文や文節をつなぐもの」だと思ってください。

 

簡単な例文を出しましょう。

勉強したから、合格した。

この場合、
から」が前と後ろの文章を
つなぐ役割をしていますよね?

よって、「から」のことを
「接続助詞」と言うわけです。

 

「接続助詞」は、
つなぎかたによって
主に次の4つに分かれます。

仮定の順接(かていのじゅんせつ)

仮定の逆接(かていのぎゃくせつ)

確定の順接(かくていのじゅんせつ)

確定の逆接(かくていのぎゃくせつ)

 

仮定」とは、
「その事柄が想像上であること」を言い、

確定」とは、
「その事柄が事実であること」を言います。

 

また、「順接」とは
当然の内容でつなぐこと」を言い、

逆接」とは、
逆(反対)の内容でつなぐこと」を言います。

 

この説明だけだと分かりにくいため、
以下の例文を見てください。

  • 明日晴れれば、外出する。(仮定の順接)
  • 明日晴れても、外出しない。(仮定の逆接)
  • 雨が降ったので、中止する。(確定の順接)
  • 雨が降った、開催する。(確定の逆接)

 

「赤字部分」が、
「接続助詞」を指しています。

この場合、
「明日晴れる」という予想は、
頭の中で思っている想像上のことです。

決して事実ではありません。

したがって、
上2つは「仮定」でつなぐわけですね。

 

一方で、「雨が降ったこと」は
まぎれもない事実です。

よって、
下2つは「確定」でつなぐわけです。

そして、
後ろの文章が当然の結果であれば「順接」を、
逆であれば「逆説」を使うわけですね。

 

両者の見分け方としては、

仮定」⇒未来について語る場合。

確定」⇒現在について語る場合。

と考えると分かりやすいでしょう。

 

基本的には、「接続助詞」は
「仮定」か「順接」によって
文をつなぐことが多いです。

ただし、場合によっては
並立」「補助」「前置き
などの意味で使うこともあります。

 

【例】

  • 暑い、部屋もせまい。(並立)
  • 私は好きな本を読んいる(補助)
  • もう遅い、今夜はどうする?(前置き)

余裕のある人は、
この3つも覚えておくとよいですね。

スポンサーリンク

接続助詞の覚え方

 

「接続助詞」を覚える上で
とても大事な点があります。

それは、
主に活用する語の後ろにつく
ということです。

 

「活用」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>活用形とは?見分け方や覚え方を簡単に解説

 

例えば、以下のような
文があったとします。

走れ、間に合う。

②食べないのに、元気だ。

①は「動詞(用言)・走れ」の後に、
②は「助動詞・ない」の後に「接続助詞」がついていますよね?

 

つまり、
「用言」や「助動詞」に後に付くのが「接続助詞」
ということですね。

 

似たような形の
「格助詞」と比較してみましょう。

①【格助詞】 ⇒鉛筆書く。

②【接続助詞】⇒弟が呼んいる。

 

①【格助詞】 ⇒駅から歩く。

②【接続助詞】⇒行くから待って。

 

①【格助詞】 ⇒友達遊ぶ。

②【接続助詞】⇒急ぐ危ない。

 

「格助詞」の場合は、
前の語が活用しません。

一方で、
「接続助詞」の方は前の語が活用します。

つまり、
「前の語」に注目することにより、
ある程度の判断ができる
ということですね。

関連記事:>>格助詞とは?覚え方や見分け方を簡単に解説

 

覚え方をまとめると、
以下のような流れとなります。

①「仮定」か「確定」のどっちか判断する。

②「順接」・「逆接」・「その他」のどれか判断する。

③前の語が活用するか確認する。

スポンサーリンク

練習問題

 

では、今までの内容を理解できたか
確認しておきましょう。

以下に、問題を用意しました。

問題1

①「仮定」とは、【(ア)想像上(イ)事実 】のことを言い、
「確定」とは、【(ア)想像上(イ)事実 】のことを言う。

②「順接」とは、【(ア)当然(イ)逆 】の内容でつなぐことを言い、
「逆接」とは、【(ア)当然(イ)逆 】の内容でつなぐことを言う。

③「接続助詞」は、主に【(ア)活用する語(イ)活用しない語 】に付く。

1の解答

①⇒(ア)・(イ)②⇒(ア)・(イ)③⇒(ア)

問題2

①次の傍線部の内、「接続助詞」はどれか?

(ア)お店食べる。(イ)なまけたので怒られた。
(ウ)3時終わる。(エ)カード支払う。

②次の傍線部の内、「接続助詞」でないものはどれか?

(ア)強くやさしい(イ)勝つうれしい。
(ウ)家から歩く。 (エ)つらいからやめる。

2の解答

①⇒(イ)②⇒(ウ)

見分けるポイントは、
「前の語に注目する」ということでしたね。

ちなみに、
②の(ウ)は「格助詞」です。

問題3

次の傍線部の「接続助詞」の働きを選択肢から選びなさい。

①疲れたので、休みます。

②申し込まない、売り切れるでしょう。

③野球は得意だ、サッカーは苦手だ。

④雨が降りそうだが、出かけよう。

⑤快晴だ、風もさわやかだ。

⑥先生にしかられしまった。

(ア)仮定の順接(イ)仮定の逆説(ウ)確定の順接
(エ)確定の逆説(オ)並立(カ)補助

3の解答

①⇒(ウ)②⇒(ア)③⇒(エ)
④⇒(イ)⑤⇒(オ)⑥⇒(カ)

問題4

次の空欄に適切な「接続助詞」を入れ、
意味も答えなさい。

①晴れれ( )、ピクニックに行こう。

②日当たりは悪い( )、風通しも良くない。

③いくら食べて( )、太らない。

④止めたところ( )、彼は聞かないだろう。

⑤私は行く( )、あなたはどうする?

⑤道が悪い( )、転んでしまった。

4の解答

①⇒「」「仮定の順接

②⇒「」「並立

③⇒「」「確定の逆接

④⇒「」「仮定の逆接

⑤⇒「」「前置き

⑥⇒「のでため)」「確定の順接

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回の内容をまとめると、

接続助詞」=前後の文や文節をつなぐもの。主に活用する語の後ろにつく。

【種類】⇒「仮定の順接(逆接)」「確定の順接(逆接)」の4つが中心。

ということでしたね。

 

ポイントは、
前後のつながりを確認することですね。

「現在と未来のどちらか?」

「事実と想像のどちらか?」

といったことに注目すれば、
区別が楽になるでしょう。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク