この記事の読了目安: 618

サッカーにおける資本主義の精神 あらすじ 要約 問題 テスト 解説

 

『サッカーにおける資本主義の精神』は、現代文の教科書で学ぶ評論です。ただ、本文を読むと筆者の主張が分かりにくい部分もあります。

そこで今回は、『サッカーにおける資本主義の精神』のあらすじや要約、学習の手引きなどを含め解説しました。

『サッカーにおける資本主義の精神』のあらすじ

 

本文は、行空きによって5つの段落から構成されています。ここでは、各段落ごとのあらすじを紹介していきます。

あらすじ

①全てのスポーツの中で最も人気のある種目は、サッカーだろう。だが、そのサッカーをアメリカ人がそれほど好まないのはなぜなのか?アメリカ人にその理由を問えば、彼らはこう答えるだろう。サッカーはあまり得点が入らず、つまらないから、と。ここで問題なのは、なぜアメリカ人だけが得点の少なさを退屈だと感ずるかという点である。

②サッカーには、オフサイドという難しいルールがある。これは、守備側のプレーヤーの背後でボールを待っていて、攻撃に転ずるようなプレーが禁じられているものである。こうしたルールは、アメリカで考案されたアメリカン・フットボールやバスケットボールなどのスポーツには見られない。逆に、ラグビーやホッケー、アイスホッケーなどのオフサイドのルールがある種目は、全てイギリスで生まれたスポーツである。アメリカ人が考案したサッカー的なスポーツでは、オフサイドと解釈されるプレーこそが、最も華麗な攻撃手段と見なされている。サッカーがアメリカで人気を得られない原因は、オフサイドという奇妙なルールが関係しているのではないか。

③オフサイドは、サッカーのルールが成分化された19世紀以前から好ましくない振る舞いだとする感覚が支配的であった。サッカーの起源は、「マス(大集団)・フットボール」などと呼ばれた村や町単位で行う集団のゲームで、前近代的共同体の祭りの一種だった。このゲームは祭りそのものであり、最も重要な特徴は、「一点先取」で終わることだった。そのため、祭りの快楽を長く維持するためには、得点は遅いほどよかった。実は、オフサイド・ルールはこの精神を継承したものであり、得点までの過程をできるだけ引き延ばすためのルールなのだ。

④こうした歴史から、サッカーの醍醐味は、「終わり」=「ゴール(得点)」への高揚感にあり、オフサイド・ルールは試合の過程を引き延ばすためにあることが理解できる。だが、サッカーは近代化の過程で「一点先取」のゲームから「点取りゲーム」へと転換した。つまり、「終わり(ゴール)」の後の視点が組み込まれたのだ。そこで、「サッカーは資本主義の精神を反映しているのではないか」という仮説が成り立つ。実際、サッカーのルールが整備され、普及していく時期が、イギリス資本主義の覇権が確立していく時期と正確に対応している。

⑤だが、反復され、複数化した終わりはもはや真の終わりではなくなる。バスケットボールやアメリカン・フットボールに見られるオフサイド・ルールを無視した攻撃、つまり大きく前方へと走らせた味方へのロングパスほど「終わり=目的への先走り」の表れである。また、めまぐるしく繰り返される得点シーンからは「終わり(ゴール)」が終わりとしての意味を失っていく過程を見ることができる。人生にはさまざまな「終わり」が組み込まれているが、現代社会は「終わり」の意味が失われていく社会なのだ。サッカーがヨーロッパやラテンアメリカで人気があり、アメリカで受け入れられないのは、それが資本主義の古典的段階の精神を反映しているからだ。

『サッカーにおける資本主義の精神』の要約解説

 
要約サッカーは元々、村や町単位で行う祭りの一種で「一点先取」で終わるのが特徴であった。オフサイド・ルールはこの精神を継承したもので、祭りの快楽を長く保持するには得点は遅いほどよかった。だが、近代化の過程で「終わり(ゴール)」の後の視点が組み込まれ、「終わり」が終わりとしての意味を失っていくようになった。サッカーがアメリカ社会に定着しないのは、資本主義の古典的段階の精神を反映しているからである。(196文字)

サッカーの起源は、かつての村や町で行われていたマス・フットボールという祭りの一種でした。オフサイドは、このゲームにおいて終わりまでの過程を引き延ばそうとする祭りの精神を継承したルールということになります。

マス・フットボールが、「一点先取」のゲームであったのに対して、近代サッカーは複数の「ゴール(終わり)」を組み込んだゲームに変化しました。ここには、同時期に確立していった資本主義の影響が見て取れる、と筆者は言います。なぜなら、資本主義も「終わり(投資の回収)」を無限に先送りすることで成立する仕組みと言えるからです。

ところで、アメリカで考案されたバスケットボールやアメリカン・フットボールでは、オフサイド・ルールは排除されています。それはアメリカが、「終わり」を消耗させる資本主義社会の最先端の地であるからです。そのため、「終わり」への高揚感を醍醐味とするサッカーはアメリカでは受け入れられないのです。

最終的に筆者は、「アメリカ社会にサッカーが定着しないのは、サッカーが資本主義の古典的段階の精神を反映したスポーツだからである」という結論で締めくくっています。

『サッカーにおける資本主義の精神』のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

カレイなプレー。

②法律をジュンシュする。

タイケイテキな研究。

④発展をソガイする。

コウヨウカンを味わう。

⑥エネルギーをショウモウする。

解答例①華麗 ②遵守 ③体系的 ④阻害 ⑤高揚感 ⑥消耗
問題1なぜ「もう一つの疑問に逢着せざるをえない。」のか?
解答例アメリカはスポーツ大国なのに、世界で最も人気のあるスポーツであるサッカーだけは、なぜか興味を示さないから。
問題2なぜ「奇妙」なのか?
解答例オフサイド・ルールは、パスをゴールと反対方向に出さなければならないので、ボールをゴールへと運び入れるゲームの目的に反しているように見えるため。
問題3「この精神」とは、どういう精神か?
解答例祭りをできるだけ長く楽しむために、得点は遅いほどよいとする精神。
問題4なぜ「資本主義は、最終的な充足を拒否し続けなくては成り立たない。」のか?
解答例資本主義は、回収した資本(元手)を再び投資する循環の中で成り立つ仕組みなので、途中で充足してしまうと、資本の循環が途切れてしまうため。
問題5

次の部分はそれぞれどのようなことを述べているか?

①サッカーは、終末論的に構成されている。

②資本主義は、言ってみれば「最後の審判の後の視点」を含みこんだ時に、成立したのだ。

③「終わり」への近代的な態度。

解答例

①サッカーというスポーツは、終わりに大きな意味を持つようにできているということ。

②資本主義は投資が必ず回収されるという前提があって、成り立ったものであるということ。

③「終わり」の事後の視点を持ち、終わりを反復しようとする考え方。

問題6筆者は、アメリカ人がサッカーに熱狂しないのはなぜだと述べているか?
解答例アメリカでは資本主義が発展し、できるだけ早く「終わり」に到達しようとする欲望が生じた一方で、オフサイドのような得点を遅らせるルールのあるサッカーは退屈であるから。
問題7

「ボールゲーム」と「資本主義」について次の問いに答えなさい。

①それぞれ、何をもって「終わり」と述べているか?

②「ボールゲーム」の種類とそのそれぞれの試合を決める得点の特色を、「前近代」「近代」「現代アメリカ」の三つに分けて整理しなさい。

③「資本主義」の特色を、「近代」「現代アメリカ」の二つに分けて整理しなさい。

解答例

①「ボールゲーム」⇒ゴール(得点) 

「資本主義」⇒投資の回収

②「前近代」⇒マス・フットボール・一点先取

「近代」⇒サッカー・複数の得点

「現代アメリカ」⇒バスケットボールなど・多数の得点

③「近代」⇒「終わり」の反復と複数化

「現代アメリカ」⇒「終わり」の無限化と消耗

まとめ

 

以上、今回は『サッカーにおける資本主義の精神』について解説しました。ぜひ定期テストなどの対策として頂ければと思います。なお、本文中の重要語句については以下の記事でまとめています。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)