この記事の読了目安: 439

副助詞 覚え方 見分け方 語呂合わせ

 

中学国語の文法で「助詞」の種類を学びます。

①「格助詞」②「接続助詞」③「副助詞」④「終助詞

この中で一番判別しにくいのが「副助詞」だと言われています。特に「格助詞」との区別は多くの人が間違えやすいです。

そこで今回は、この「副助詞」について覚え方や語呂合わせなどを含め分かりやすく解説しました。

スポンサーリンク

副助詞とは

 

まずは、基本的な意味からです。

副助詞」とは簡単に言うと「色々な意味を添(そ)える語」のことを表します。

これだけだと分かりにくいため、例文を出します。

  • 勉強した。(題目
  • 勉強した。(同類
  • 勉強こそ大切だ。(強調
  • 勉強さえできない。(類推
  • 勉強ばかりする。(限定
  • 勉強などやめよう。(例示
  • 勉強するほど楽しい。(程度
  • 勉強部活をする。(並立
  • どんな勉強やら分からない。(不確か

 

上の赤字部分が「副助詞」です。用言や体言だけでなく、色々な語についていることが分かるかと思います。

このように、色々な語について意味を添える語のことを「副助詞」と言うわけです。

「副助詞」は一般に、「強調・題目・限定・程度・例示」などの意味で使われることが多いです。

「副助詞」の意味を補足しておくと、「」には「添(そ)える」という意味があります。

「添える」とは「何かをつけ加える」という意味です。つまり、元々ある語に意味を付け足すような時に「副助詞」が使われるわけです。

したがって、「副助詞」をつけなくても、文として意味が変わらない場合もあります。

【例】⇒机の上にペンなどがあります。(※「など」がなくても文が成立する。)

逆に言えば、「副助詞」以外の助詞は省くと意味が変わってしまうのが特徴と言えます。

スポンサーリンク

副助詞の覚え方

 

「副助詞」は実際にどう覚えればよいのでしょうか?

以下はよく使われる「副助詞」の代表的なものです。

は・も・こそ・さえ・まで・だけ・ばかり・でも・しか

一応、「語呂合わせ」としては「歯もこそ冴え、魔手だけばかり、デモ鹿」などがあります。

この語呂合わせを呪文のように覚えてしまうのも一つの手です。

しかし、「副助詞」は他の助詞に比べてとにかく覚える数が多いです。一方で、同じ助詞の中で「格助詞」があり、その数は10語のみです。

したがって、「格助詞」をまず先に覚えて、「格助詞」でないのが「副助詞と覚えるのが一番効率がよいでしょう。

「格助詞」とは「主に名詞に後ろにつく助詞のこと」です。

「格助詞」は次のように全部で10語あります。

を・に・が・と・より・で・から・の・へ・や

この10語を、語呂合わせで「鬼が戸より出、空の部屋」で覚えてしまうのです。

そして、この10語に当てはまらなかったら「副助詞」かどうかを判断するという方法です。

スポンサーリンク

例えば、以下のような文があったとしましょう。

野球テニスする予定だ。

この場合、「」と「」は「鬼が戸より出、空の部屋」には含まれていません。一方で、「」は含まれています。

そのため、まず「」を「格助詞」と判断します。そして残りの「」と「」は「格助詞」ではないので「副助詞」と判断するという方法です。

一般的には、このような判別方法で「副助詞」を見分けるのが主流です。

後は、「接続助詞」と「終助詞」がありますのでこの2つと混同しないことが大事になってきます。

ただ、「助詞」は全部で種類ありますが、「副助詞」と似ているのは「格助詞」のみです。

残りの二つである「接続助詞」と「終助詞」は、「副助詞」とは全く意味も使い方も異なります。

したがって、「格助詞」を覚えてしまえば「副助詞」の見分け方はほぼ完成したと言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

練習問題

 

では、今までの内容を理解できたか確認しておきましょう。以下に、問題を用意しました。

問題1

①「副助詞」は、【(ア)体言(イ)用言(ウ)動詞(エ)色々な語 】について意味を添えるものである。

1の解答

①⇒(エ)「副助詞」は動詞、形容詞、形容動詞など様々な語について意味を添えます。

問題2

次の下線部の「副助詞」の働きを(ア)~(オ)の中から答えなさい。

①この作品こそ一番である。

②50キロほどで走る車。

③彼大学2年生だ。

④お菓子などはいかがですか?

⑤今回だけは特別に許す。

(ア)強調(イ)題目(ウ)限定(エ)程度(オ)例示

2の解答

①⇒(ア)②⇒(エ)③⇒(イ)④⇒(オ)⑤⇒(ウ)

問題3

次の下線部の内、「副助詞」はどれか?

(ア)友達加わる。

(イ)うそをつく

(ウ)高いので、買わない。

(エ)太陽昇った。

スポンサーリンク

3の解答

①⇒(ア)

(イ)は「終助詞」、(ウ)は「接続助詞」、(エ)は「格助詞」です。

を・に・・と・より・で・から・の・へ・や

「が」が「格助詞」だとわかれば、「副助詞」はすぐに分かるでしょう。

問題4

次の文中から「副助詞」をすべて抜き出しなさい。

①数学以外の勉強まで間に合わない。

②私はスーパーで野菜を買う。

③彼こそ私が求めていた人材だ。

④野球かサッカーをする。

⑤山田君も仲間に入れる。

4の解答

①⇒「まで(程度・限度)」②⇒「(題目)」③⇒「こそ(強調)」④⇒「(並立)」⑤⇒「(同類・添加)」※③の「だ」は「助詞」ではなく「助動詞」を指します。

まとめ

 

以上、本記事のまとめとなります。

副助詞」=色々な意味を添える語。

【特徴】⇒主に「強調・題目・限定・程度・例示」などを示す。

【覚え方】⇒「格助詞」を先に覚え、それ以外を「副助詞」と判断する。

「格助詞」は全部で10語しかありません。一方で、「副助詞」の数はかなり多いです。そのため、「格助詞」をいかに早く覚えられるが「副助詞」を見分けるポイントだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)