この記事の所要時間: 635

連体詞 覚え方 例 わかりやすく

 

国語の文法で、
連体詞」という言葉を
よく目にしますよね。

この「連体詞」を分かりにくい
と感じる人は意外と多いようです。

理由については、
「形容詞」や「形容動詞」
と似ているためだと思われます。

 

そこで今回は、
そもそも連体詞とは何か?」といった
基本的なことから解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

連体詞の意味

 

連体詞(れんたいし)」とは、
体言を修飾するもの」だと思ってください。

 

体言(たいげん)」とは、
名詞のこと」を指します。

「名詞」というのは、
「イス・テレビ・肉・学校」など
名前がついているものですね。

そして、
修飾(しゅうしょく)」とは、
くわしく説明すること」を言います。

 

つまり、
名詞をくわしく説明するもの」を
「連体詞」と呼ぶわけですね。

 

例えば、以下のような文が
あったとしましょう。

大きなテレビを買う。

この場合、
「大きな」が「テレビ」という「名詞」を
くわしく説明しています。

したがって、
「大きな」は「連体詞」となるわけです。

 

何となく理解できましたか?

 

ポイントは、
連体詞の後ろは、必ず名詞が来る
ということですね。

 

そもそも、
「連体詞」の「連体」は、
言に(つら)なる」と書きます。

「連なる」とは、
「ならんで続く」という意味です。

よって、
「連体詞」⇒「名詞」という順番
必ずなるわけですね。

スポンサーリンク

連体詞の覚え方

 

「連体詞」は、おおまかに
次の4つのグループに分かれます。

 

①「~の」形⇒「この・その・あの・どの」など。

②「~な」形⇒「大きな・小さな・色んな」など。

③「~る」形⇒「ある・あらゆる・いわゆる・きたる」など。

④その他の形⇒「わが・われらが・たいした」など。

 

この中でもよく使われるのが
②の「~な」形です。

 

したがって、
最も簡単な覚え方としては

語尾が「」で直後に名詞が来れば「連体詞

と覚えるのが分かりやすいでしょう。

後は、②以外の形を
「問題を解きながら覚えていく」
というのがよいですね。

 

そして、
ここからが大事な点なのですが、

「連体詞」の大きな特徴として
自立語で活用しない」ということが挙げられます。

 

「自立語」とは、
「それだけ意味の分かる単語」を言い、

「活用」とは、
「単語の後ろが変化すること」を言います。

 

詳しい意味は、
以下の記事を参照してください。

関連記事:>>自立語と付属語の見分け方とは?簡単に解説

関連記事:>>活用形とは?見分け方や覚え方を簡単に解説

 

つまり、「連体詞」は
単語の後ろが変化しないもの
ということですね。

 

「活用のあるなし」は、
「形容詞」と比較しながら
理解すると分かりやすいでしょう。

したがって、
混同しやすい「形容詞」と合わせて
解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

連体詞と形容詞の違い

 

では、
「連体詞」と「形容詞」は
どこが違うのでしょうか?

 

結論から言うと、

連体詞」=自立語で活用しない名詞のみ修飾する。

形容詞」=自立語で活用する名詞以外も修飾する。

となります。

 

ここで、
全体像を把握するために
以下の図をご覧ください。

連体詞 形容詞 違い

「単語」というのは、
全部で10種類あります。

このうち、
連体詞と形容詞は共に「自立語」ですが、
形容詞の方は活用があります。

例えば、
大きい(形容詞)」と「大きな(連体詞)」
で比較してみましょう。

 

大きい」という言葉は
次のように語尾が変化します。

  • 「大きかろう」(未然形)
  • 「大きかった」(連用形)
  • 「大き」(連用形)
  • 「大き。」(終止形)
  • 「大き(時)」(連体形)
  • 「大きければ」(仮定形)
  • 「大き!」(命令形)

 

学校の授業で、
かろ・かっ・く・い・い・けれ
という形容詞の活用形を習ったかと思います。

この中に、
~な」という形は含まれていません。

 

よって、この時点で
「大きな」は形容詞には含まれない
と判断できるわけです。

 

では、今度は
大きな」という「連体詞」にも注目してみましょう。

「大きな」は、
語尾を変化させることができません。

 

もしも、
無理やり語尾を変化させようとすると、

  • 「大きかろう」(未然形)
  • 「大きかった」(連用形)
  • 「大きく」(連用形)
  • 大きな」(終止形
  • 「大きな(時)」(連体形)
  • 「大きければ」(仮定形)
  • 大きな!」(命令形

となります。

 

ここで、
赤字の部分に注目してみてください。

「終止形」や「命令形」というのは、
文の終わりにくる言い切りの形のことです。

「ゾウは大きな。」(終止形)

「ゾウは大きな!」(命令形)

上記2つは、
明らかにおかしな文ですよね?

 

「活用」というのは、
「未然形」~「命令形」まで全ての形に対応してないと
「活用がある」とは言えません。

よって、
「大きな(連体詞)」は活用できないので、
「形容詞」とは別物
と判断できるわけです。

つまり、
「大きな」はどこまで行っても「大きな」
ということですね。

 

ちなみに、
「形容動詞」との見分け方は、
後ろに「~だ」をつけてみて下さい。

 

【例】

  • いろんな家に住む。(連体詞)
  • いろいろな家に住む。(形容動詞)

「いろんな」⇒「いろん」は不自然。

「いろいろな」⇒「いろいろ」は自然。

 

「形容動詞」も「形容詞」と同様に
活用することができます。

したがって、
後ろに「だ」をつければ
自然な言い方になるのです。

一方で、
活用できない「連体詞」は「だ」をつけると
不自然な言い方になるわけですね。

スポンサーリンク

練習問題

 

では、今までの内容を理解できたか
確認しておきましょう。

以下に、問題を用意しました。

 

問題1

①「連体詞」は、【(ア)自立語(イ)付属語 】で
【(ア)活用する(イ)活用しない】。

②「連体詞」は、
【(ア)動詞(イ)形容詞(ウ)用言(エ)体言】を修飾する。

1の解答

①⇒(ア)・(イ)②⇒(エ)

問題2

次の選択肢の中から、「連体詞」を1つ選びなさい。

(ア)彼女はとても美しい。

(イ)楽しければ、それでよい。

(ウ)きれいな空気をたくさん吸う。

(エ)南米にはおかしな生き物がいる。

(ア)この建物は高い。

(イ)きっと喜ぶだろう。

(ウ)大きい家に住みたいです。

(エ)彼女の手はとても小さい。

2の解答

①⇒(エ)②⇒(ア)

①の(ウ)は「形容動詞」ですね。

語尾に「だ」をつけると、

「きれいな」⇒「きれい」(自然)

「おかしな」⇒「おかし」(不自然)

となります。

よって、
活用できない「おかしな」は
「連体詞」と判断できるわけです。

 

また、②は「~の」形の
「連体詞」ですね。

もちろん、
「この」は活用しないので「連体詞」
と見分けてもよいでしょう。

問題3

次の傍線部の品詞を答えなさい。

①彼はわずかな時間で脱出した。

たくましい人間になってくれ。

③夏のある日に呼び出された。

小さいコインを買う。

その本を貸してください。

3の解答

①⇒「連体詞」②⇒「形容詞」③⇒「連体詞
④⇒「形容詞」⑤⇒「連体詞

基本的には、
名詞の前が「」⇒「形容詞」
名詞の前が「」⇒「連体詞」と判断します。

それでも分かりにくい場合は、
「終止形」にしてみましょう。

①時間はわずかな。(不自然なので連体詞)

②人間はたくましい。(自然なので形容詞)

④コインは小さい。(自然なので形容詞)

 

もちろん、以下のように
覚えても問題ありません。

「形容詞」⇒語尾が「かろ・かっ・く・い・い・けれ」と活用する。

「連体詞」⇒①「~の」形②「~な」形③「~る」形で活用しない。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

連体詞」=体言を修飾するもの。自立語で活用しない

形容詞」=名詞以外も修飾する。自立語で活用する

ということでしたね。

 

一般的には、
語尾が「な」で後ろが名詞ならば
「連体詞」と覚えて問題ありません。

あとは、
「活用できるかどうか?」を
常に意識すれば区別が楽になるでしょう。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク