この記事の読了時間: 54

正鵠を射る 得る 意味 類語 語源 例文 使い方

 

正鵠を射る」という慣用句があります。

「的を得る」という言い方は聞きますが、
「正鵠」という言葉はあまり聞かないですよね。

しかも、どうやらこの言葉は
「正鵠を得る」とも言われているようです。

 

今回はこれらの言葉の意味・由来・使い方
について詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

正鵠を射るの読み方・意味

【正鵠を射る(せいこくをいる)】

物事の急所・要点を正しくおさえる。正鵠を得る。正鵠を失わず。

出典:三省堂 大辞林

まず読み方ですが、
正鵠を射る」は、「せいこくをいる」と読みます。

まれに「正鵠」のことを「せいこう」と読む場合もありますが、
ほとんどの場合は「せいこく」と読みます。

「せいこう」と読む理由は、
「慣用読み」からだと言われていますね。

「慣用読み」とは、
元々は間違った読み方がいつのまにか定着したものです。

なので、通常は「せいこく」と読むようにしてください。

 

そして、肝心の意味ですが、「正鵠を得る」とは、
物事の急所や要点を正しくおさえること」を言います。

使い方としては、以下の通りです。

彼の正鵠を射る主張は、部下全員を納得させた。さすがだよ。

この場合、
彼の主張が大事な点を正確におさえていたため、
人々を納得させたということすね。

このように、
物事の大事な点をついていること」を
「正鵠を得る」と言うわけです。

 

ちなみに、
辞書の説明にもあるように「正鵠を射る」は、
「正鵠を得(え)る」や「正鵠を失わず」とも言います。

それぞれの語源は後ほど詳しく説明しますが、
意味自体はほぼ同じと考えて問題ありません。

正鵠を射るの語源・由来

正鵠を射る 語源

 

次のこの言葉の由来を見ていきましょう。

 

「正鵠を射る」は、中国の漢字が元となっています。

「正」と「鵠」は、
中国語だとどちらも「的(まと)」という意味があります。

「的」とは、矢やダーツなどを投げる時に当てるものですね。

この「的の中心」を正確に射ぬくことが、
現在の「要点をつく」という意味の元になったと言われています。

 

では、「正鵠をる」の方は、
どこから来ているのでしょうか?

これは、もう一つの由来から来ています。

「正鵠」の「鵠」は、
「鳥」と書くように「白鳥」という意味もあります。

昔の中国では、的の中央に「白鳥」の絵を描いていました。

その証拠に、中国の「礼記(らいき)」という書物では、
矢を放って白鳥に命中させることを、「正鵠を失わず」と書いているのです。

 

「失う」は、日本語では「得る」の反対語ですよね?

ここから、矢が的をとらえた時のことを
「得る」で表現したと言われているのです。

 

つまり、「射る」と「得る」は、
どちらも正確な語源があるということですね。

 

時系列的には、日本に最初に入ってきたのは、
「正鵠を得る」の方が先と言われています。

時代で言うと、明治時代の頃です。

その後、昭和になると、
「正鵠」に「的」の意味もあることが判明し、
「正鵠を射る」の方もだんだんと普及していきました。

その結果、現在では
どちらとも使われているという状況なのです。

スポンサーリンク

正鵠を射るの類語

 

続いて、「正鵠を射る」の
「類語」を紹介します。

 

  • 本質をつく
  • 本質をとらえる
  • 核心をつく
  • 要領を得る
  • ポイントをつく
  • ツボをつく
  • 良い指摘をする

 

いずれも、
大事な所をつく
という点が共通していますね。

 

そもそも「正鵠」という言葉自体に、
「本質・核心・要点」などの意味があります。

したがって、
「本質・核心をつく」などの言葉が類語となるわけです。

 

逆に、「対義語」としては、
以下のような言葉が挙げられます。

 

  • 曖昧な
  • 要領を得ない
  • 明白でない
  • 漠然とした
  • 要点をつかめない
  • つかみどころがない
  • ポイントが分からない

 

こちらは、
対象をはっきりと捉られない様子
を表した言葉となりますね。

「対義語」の方は「正鵠を射る」とは違い、
否定的な使い方をすると考えてください。

正鵠を射るの英語訳

 

続いて、英語訳です。

「正鵠を射る」は英語だと次のように言います。

 

to hit the mark」(要領を得る)

hit the nail on the head」(核心を突く)

 

「mark」には「印、目印、目標」などの意味がありますが、
ここでは「的」という意味で使われています。

その「的」を「打つ(hit)」ので、「要領を得る」という訳になります。

一方で、後者の方は、
「クギの頭の所を打つ」という意味です。

「nail」には「クギ」という意味があり、
この頭(head)をうまく打つことで板と板を止めることができます。

転じて、「(物事の)核心を突く」という訳になるわけです。

 

文章だと、以下のような形です。

「You hit the nail on the head.(あなたの指摘は正鵠を射ているね。)」

「His answer hit the nail on the head.(彼の答えは正鵠を射ていた。)」

スポンサーリンク

正鵠を射るの使い方・例文

 

では、最後に実際の使い方を、例文で確認しておきましょう。

今回は2つの言い方に分けました。

 

【正鵠を射るの使い方】

  1. リーダーの指摘は、まさに正鵠を射ていた。
  2. 彼の推理は、正鵠を射るものが多い。
  3. あの政治家は、正鵠を射る言葉で支持を集めてきた。
  4. 見事に正鵠を射られたので、返答できなかった。

 

【正鵠を得るの使い方】

  1. 言い方はきついが、彼女が指摘した欠点は正鵠を得ていた。
  2. 話しがうまい人が、必ずしも正鵠を得ているとは限らない。
  3. 興奮して話し出すと、正鵠を失うことになる。
  4. 彼の意見は、完全に正鵠を失ったものだった。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

正鵠を射る」=物事の急所や要点を正しくおさえること。正鵠を得る。正鵠を失わず。

語源・由来」=「的の中心を正確に射ぬくこと。矢を放って白鳥に命中させること」などから。

類語」=「本質をつく・核心をつく・要領を得る・ツボをつく・ポイントをつく」など。

英語」=「to hit the mark」「hit the nail on the head」

ということでしたね。

 

「正鵠を射る」は、様々な言い方をすることができます。

ぜひ正しい場面でそれぞれの言葉を使うようにしてください。

では、今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)