この記事の読了時間: 57

微に入り細を穿つ 意味 由来 使い方 類語

 

微に入り細を穿つ」という慣用句があります。

字だけを見ると、
何だか堅苦しいイメージを持つかもしれませんね。

ですが、この言葉は、
「様々な場面で重宝され、信頼される人」
を表す言葉でもあるのです。

 

今回は、「微に入り細を穿つ」の
意味や使い方について解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

微に入り細を穿つの意味

 

まずは、基本的な意味です。

【微に入り細を穿つ(びにいりさいをうがつ)】

非常に細かいところまでゆきとどく。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

微に入り細を穿つ」は、
びにいりさいをうがつ」と読みます。

よくある間違えとして、
「入り」を「はいり」と読む人が多いので気を付けましょう。

 

意味としては、
非常に細かなところまで行き届くこと」を表します。

例えば、
以下のような使い方です。

部下の報告書は、微に入り細を穿ったものでした。

例文では、
「細かい所にまで気を配って作られた、完成度の高い報告書だった」
ということを言っています。

要するに、
「報告書の出来がとても良かった」
と上司がほめているわけですね。

 

このように、「微に入り細を穿つ」は、
物事が隅々まで行き届いている様子」を表す慣用句だと考えてください。

なお、「微に入り細に及ぶ(びにいりさいにおよぶ)」
と言うこともありますが、こちらも同じ意味で使えます。

微に入り細を穿つの語源・由来

 

次に、この言葉の語源・由来について見ていきましょう。

微に入り細を穿つ」は、
細かな所まで入り込み、物事の本質をとらえる
ということを表しています。

 

」は、「非常に小さいこと」、

」は、漢字の通り「細かい」という意味です。

 

そして、「穿つ(うがつ)」は、
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、
物事の本質を的確に言い表す」という意味です。

 

よく「穿(うが)った見方」という言い方をしますが、
「ひねくれた見方」のように誤った意味で使われがちです。

しかし、実際は「物事の本質を的確にとらえた見方」
というのが正しい意味ですので気を付けてください。

 

それぞれの意味を整理すると、

非常に細かい部分にまで入り込み、物事の本来の姿をとらえる

となります。

転じて、「非常に細かな所まで行き届く」
という意味になるわけです。

スポンサーリンク

微に入り細を穿つの類語

微に入り細を穿つ 類語 対義語

続いて、
「微に入り細を穿つ」の類語をご紹介します。

【痒いところに手が届く】

細かい部分まで手が行き届き、気が利いていることの例え。

【克明に(こくめいに)】

細かな点まで念を入れ、手落ちのないさま。

「克」は「十分に」、「明」は「はっきりしている」という意味です。

【子細に(しさいに)】

事細かである様子。

【具に(つぶさに)】

細かで詳しい様子。すべてもれなく。

【丹念に(たんねんに)】

細かい部分にまで注意を払うこと。丁寧に心を込めてすること。

紹介した5つ以外にも、
微に入り細に入り(びにいりさいにいり)」
という類語があります。

意味は、
「とても細かい所まで入り込む様子」です。

 

こちらは、「微に入り細を穿つ」のように良い意味として使える一方で、
「細かな点まで気にしすぎる」という
ネガティブな使い方をする場合があります。

したがって、ほめ言葉として使いたい時は、
「微に入り細を穿つ」を使う方が無難でしょう。

 

逆に、「対義語」もご紹介しておきます。

【粗雑な(そざつな)】

おおざっぱでいい加減な様子。

【おざなり】

物事をいい加減に済ませること。

こちらは、物事を大ざっぱにしたり、
いい加減にしたりといったことですね。

微に入り細を穿つの英語

 

続いて、英語訳です。

「微に入り細を穿つ」は、
英語だと次の2つの言い方をします。

 

the minutest details(詳細)」

with scrupulous care(細かく気を使って・入念に)」

 

「minutest」は「minute」の最上級で、
「微細な・詳細な」という意味です。

そして、「detail」には「細部」という意味があるので、
「minutest details」で「詳細」となります。

 

また、「scrupulous」は、
「(小さい点まで)几帳面な・細心の」という意味です。

「注意・配慮」という意味を持つ「care」と合わせて、
「細かな点まで気を使って」という使い方ができます。

 

例文だと、以下のような言い方です。

She is attentive to the minutest details.(彼女は細かな所まで行き届いている。)

She does everything with scrupulous care.(彼女は何事も細かく気を使って行う。)

※「attentive to」は、「気を使って・注意して」という意味です。

スポンサーリンク

微に入り細を穿つの使い方・例文

 

最後に、「微に入り細を穿つ」
の使い方を例文で確認しましょう。

 

  1. 旅行で宿泊したホテルが、微に入り細を穿った対応だったので感動した。
  2. 上司の微に入り細を穿つような説明で、新事業への不安は吹き飛んだ。
  3. 担任の先生は、いつも微に入り細を穿った授業をしてくれるので、生徒から信頼されている。
  4. 近所のレストランは、微に入り細を穿ったおもてなしをすることで有名だ。
  5. 新しく出版された辞書は、微に入り細を穿った内容なのでおすすめだ。
  6. 今年の新入社員は、微に入り細を穿つ仕事ぶりとして評判だ。

 

例文を見ると、「微に入り細を穿つ」の後には
名詞が続くことが多いですね。

その対象としては、
「対応」や「授業」などの「行動やふるまい」だけでなく、
「辞書」といった形ある物も使われます。

いずれにせよ、
「微に入り細を穿つ」は良い意味で使われる慣用句です。

したがって、
もしもあなたがこの言葉をかけられたら、
相手から良い評価を受けたと思って間違いないでしょう。

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

微に入(い)り細を穿つ」=とても細かなところまで行き届く。

語源・由来」=細かな所まで入り込み、物事の本質をとらえるということから。

類語」=「痒いところに手が届く・克明に・子細に・具に・丹念に」など。

英語」=「the minutest details」「with scrupulous care」

 

細かな所まで気を配るのは、急にできることではありません。

日頃から、自分の周りの物事に関心を持ち、
自然と配慮ができるような人になりたいですね。

スポンサーリンク