この記事の読了時間: 531

滅失 毀損 違い 読み方 紛失 意味

 

滅失」と「毀損

どちらも
「土地や建物などの不動産に使う」
というイメージではないでしょうか?

売買契約書の文言などはまさにそうですね。

 

さらにこの2つは、
保険証などに使うこともあるようです。

漢字も難しくてややこしそうな言葉。

今回はこの2つの違いを
詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

滅失の意味

 

まずは、
「滅失」の意味です。

【滅失(めっしつ)】

ほろんでなくなること。

法律で、災害によるか人の行為によるかを問わず、物がその物としての物理的存在を失うこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「滅失」には2つ意味があります。

ただし、一般的には
②の法律用語として使われることが多いですね。

この場合の意味は、簡単に言うと
建物などがなくなること」だと思ってください。

 

例えば、地震や火事・台風などによって
建物がなくなってしまうことはありますよね?

もしもその災害がひどければ、
建物は跡形もなく消え去ってしまうでしょう。

このように、
建物が消滅して、モノ本来の機能を失うこと」を
「滅失」と言うわけです。

毀損の意味

 

続いて、
「毀損」の意味です。

【毀損(きそん)】

物をこわすこと。物がこわれること。

利益・体面などをそこなうこと。

[補説]「棄損」とも書く。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

まず、読み方ですが
毀損」は「きそん」と読みます。

意味としては、
①「壊すこと・壊れること
②「名誉や信用を損なうこと」の2つだと思ってください。

どちらも法律用語として使いますね。

 

①は「目に見える具体的なモノ」に対して使います。

【例】

  • 建物の毀損。
  • 器物を毀損する。

 

一方で、②は
目に見えない抽象的なモノ」に対して使います。

【例】

  • 名誉毀損をする。
  • 売上が毀損される。

 

ちなみに、補足にもあるように、
毀損」は「棄損」と書くこともあります。

なぜ2つ存在するかと言うと、
戦後に当用漢字の変更があったからです。

 

戦後の当用漢字の中には、
「毀」という字は入りませんでした。

見て分かるように、
難しくて読みにくい漢字ですからね。

そのため、同音の「棄」を使った
棄損」という書替え語が生まれたのです。

 

しかし、現在では「毀」が復活したため
本来使っていた「毀損」を使うことが多いようです。

なので、あまり両者の使い分けに
神経質になる必要はないですね。

どちらを使っても意味自体は全く同じ
と思っていただいて構いません。

スポンサーリンク

滅失と毀損の違い

滅失 毀損 違い

 

では、ここまでの内容を整理しておきましょう。

滅失」=建物などがなくなること。

毀損」=壊すこと・壊れること。名誉や信用を損なうこと。

 

気をつけるべきなのは、
どちらも建物に対して使える」という点ですね。

ここはまぎらわしいので、
しっかりと区別する必要があります。

 

まず、「滅失」の方は
「存在自体がなくなること」でした。

一言で、「消滅」と言ってもいいでしょう。

つまり、
全く人が住めないような状態になる時
滅失」を使うのです。

 

一方で、「毀損」の方は
壊れはしますが存在自体は消えません

家で例えるなら、

  • 「屋根に大きな傷がつく」
  • 「窓に大きな穴が空く」
  • 「外壁の塗装がはがれる」

といった感じですね。

 

以上のことから、

滅失」は「使用不可能なほど消え去った状態

毀損」は「修繕すれば使用可能なほど残った状態

と定義できることが分かるかと思います。

 

ちなみに、
「保険証」や「免許証」などに対しては
以下のような使い分けをします。

 

滅失」⇒モノ自体がなくなってしまった時。

毀損」⇒モノを汚したり破損してしまった時。

 

「滅失」の場合は、
モノ自体がないのでまず警察に届け出をします。

一方で、「毀損」の場合は
モノ自体はあるのでそれを持参して
再交付の手続きを受けることになりますね。

紛失の意味

 

似たような言葉で
「紛失」があります。

「紛失」の意味も確認しておきましょう。

【紛失(ふんしつ)】

物がまぎれてなくなること。また、なくすこと。

②抜け出して逃げること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

紛失」とは、
物がなくなること・物をなくすこと
などを言います。

 

「紛失」は、法律用語ではなく一般用語です。

この時点で、
「滅失」や「毀損」とは異なる
ということが分かるでしょう。

 

さらに言うと、「紛失」の場合は
同じ「なくなる」でもモノの存在自体は消えません。

つまり、
なくしたけども、どこかに必ず存在する
ということですね。

 

一方で、
「滅失」の場合は存在自体が消え去ります。

保険証で言うならば、
火事などで燃えて、跡形もなくなるような状態ですね。

 

ただし、「証明書自体が消え去る」
というのはそうそうありません。

多くは、どこかに落としてしまったり
というケースがほとんですよね?

したがって、保険証などの場合は
滅失」よりも「紛失」を使うことの方が多い
と考えてください。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【滅失の使い方】

  1. 建物の滅失登記手続きを行う。
  2. 既存の建物を解体して、滅失させる。
  3. 大規模な火災により、住宅が滅失された。
  4. 建物滅失の場合は、売主負担となります。

 

【毀損の使い方】

  1. 器物を毀損した容疑で逮捕される。
  2. 週刊誌を名誉毀損で訴えることにした。
  3. 保険証を毀損したので、再交付を受ける。
  4. 無料商品を増やしすぎると、売上毀損のリスクが上がる。

 

【紛失の使い方】

  1. デパートで財布を紛失してしまった。
  2. 保険証をなくしたので、紛失届を出す。
  3. 書類を紛失しないように気をつけてください。

 

補足すると、「建物の滅失登記」とは、
建物を解体してから1か月以内にする手続きのこと」です。

建物の所在を管轄する法務局に提出する義務があります。

 

もしも、
建物の滅失登記を怠ると10万円以下の
過料に処される場合があります。

不動産の世界は契約社会なので
トラブルが付き物です。

なので、建物がなくなったことの証明を
国に申告しておく必要があるわけですね。

関連:>>価格と価額の違いとは?会計や不動産での使い分けも

まとめ

 

では、この記事のまとめです。

 

滅失」=建物などがなくなること。

毀損」=壊すこと・壊れること。名誉や信用を損なうこと。

紛失」=物がなくなること・物をなくすこと。(一般用語)

滅失」は、使用不可能なほど消え去った状態

毀損」は、修繕すれば使用可能なほど残った状態

紛失」は、なくしたけどもどこかに必ず存在する状態。

 

まぎらわしいですが、それぞれの違いを押さえておけば
今後のビジネスでも役立つはずです。

不動産の売買契約書などを読む時は
ぜひ参考にしてみてください。

それでは、今回は以上です。

スポンサーリンク