この記事の読了時間: 535

支援 援助 違い 補助 意味 使い方

支援」と「援助」の違いはどこにあるのでしょうか?

社会福祉や介護の本などを読んでいると、
この2つの言葉をよく目にするかと思います。

さらに、似たようなもので
補助」という言葉も聞きますね。

今回はこれらのまぎらわしい言葉について
詳しく解説しました。

スポンサーリンク

支援の意味

 

まず、「支援」の意味を調べると、
次のように書かれています。

【支援(しえん)】

力を貸して助けること。 

出典:デジタル大辞泉(小学館)

支援」とは、
「(他人に対して)力を貸して助けてあげること」を意味します。

例えば、以下のような使い方です。

  • 事業を支援する。
  • 独立運動を支援する。
  • 被災地の復興支援をする。

 

「支援」は、文字通り「支える」と書きます。

したがって、大まかなイメージとしては、
部分的に助けてあげること」だと思ってください。

つまり、「最終的には本人の力に任せる」ということですね。

「支援」は、その人のすべてを助けるわけではないのです。

 

先ほどの例だと、

  • 「事業の支援」⇒その事業の足りない部分に絞って金銭を与える。
  • 「独立運動の支援」⇒部分的に人員を増やして助けてあげる。
  • 「被災地の復興支援」⇒食料や水などできる範囲で助ける。

といった形です。

 

そもそも、「支援」は英語だと
support(サポート)」と言います。

サッカーの応援をしている人を、
サポーター」などと呼びますよね。

なので、ニュアンス的には
「支援者」=「あくまで脇役」と考えましょう。

援助の意味

 

続いて、「援助」の意味です。

【援助(えんじょ)】

困っている人に力を貸すこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

援助」とは、
困っている人に対して力を貸すこと」を意味します。

例えば、以下のような使い方です。

  • 資金を援助する。
  • 学費を援助する。

 

援助」のイメージとしては、
対象のほぼすべてを助けること」だと考えてください。

上記の例だと、

  • 「資金がないので、必要資金を全額与えてあげる。」
  • 「学費がかかるので、親が子供に全額負担してあげる。」

といった形です。

 

つまり、大前提として援助される側は、
「自分では何もできない状況にある」ということが分かるかと思います。

その中で、誰かに助けてもらうために
「金銭や物品などをもらう」ということです。

 

なお、「援助」の方は英語だと
assistance(アシスタント)」と言います。

こちらは普段はあまり耳にしませんが、
マジシャンの「アシスタント」などの使い方があります。

マジシャンの代わりに何か道具などを
運んだりするような人を指して言います。

スポンサーリンク

支援と援助の違い

支援 援助 違い 使い分け 介護

 

では、ここまでの内容を整理しておきます。

 

支援」=力を貸して助けてあげること。

援助」=困っている人に対して力を貸すこと。

 

比較して分かるように、
どちらもほぼ同じようにも聞こえますが、
実際には明確な違いがあります。

まず、分かりやすいように
両者を2つの点から比較したいと思います。

 

1つ目は、
助ける度合い」です。

 

「支援」は、
「ある程度できる人に対し、部分的に助けてあげること」です。

したがって、
「助ける度合いは小さい言葉」だと言えます。

一方で、「援助」の方は
「できることが少ない、あるいは何もできない人を助けてあげること」です。

よってこちらは、
「助ける度合いは大きい言葉」だと言えるのです。

 

そして、2つ目は、
助ける人のポジション」です。

 

「支援をする人」はあくまで「脇役」ということでした。

そのため、最終的に行動する人は、
「支援をされる側(助けられる人の側)」ということになります。

対して、
「援助をする人」は「主役」です。

こちらは、できることが少ない人に対して主体的に動き、
本人ができないことを代わりにやってあげるのです。

 

これらの解説を踏まえた上で、
介護」という言葉で比較してみると、

介護支援」は、1日の中の数時間だけ
ヘルパーさんに助けてもらうイメージとなります。

助ける度合いは小さく、
ヘルパーさんも脇役と言っていいでしょう。

 

一方で、「介護援助」となると、重い病気や障害などで
一日中ヘルパーさんに世話をしてもらうイメージとなります。

助ける度合いは非常に大きく、
ヘルパーさんも主体的に動かないと一日の作業は成り立ちません。

 

このように、同じ言葉で比較すると分かりやすいかと思います。

仮に、「保健」や「保育」などの現場で同じ言葉が使われたとしても、
「介護」と同様に考えるようにしてください。

スポンサーリンク

補助の意味

 

似たような言葉で、「補助」があります。

こちらの意味も確認しておきましょう。

【補助(ほじょ)】

不足しているところを補い助けること。また、その助けとなるもの。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「補助」も「支援」や「援助」と似ていますが、
最大の違いはその使い方にあります。

「補助」は、介護や看護などの専門的な分野ではあまり使いません。

どちらかと言うと、もっと一般的な場面で使うのです。

まれに政治や福祉の分野などで使うことはありますが、
「補助金」など限定的な使い方のみです。

 

また、その意味も若干異なります。

「支援」や「補助」は、
物事をゼロからプラスの方向性へ押し出すイメージですが、
「補助」はマイナスからゼロにするイメージです。

つまり、同じ「助ける」でも
「補助」の方が何かを埋め合わせるイメージが強い
ということになります。

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を例文で確認しておきましょう。

 

【支援の使い方】

  1. 子どもの安全を支援するために、防犯対策がとられた。
  2. 今回のプロジェクトは、全面的に私が支援させて頂きます。
  3. 仕事が行き詰まっているようなので、部下に支援の手を差しのべよう。
  4. 経済的な支援により、子供たちの自立が達成された。
  5. NPO法人により、被災地に支援金が支払われたようだ。

 

【援助の使い方】

  1. 発展途上国の福祉を向上するために、経済援助が行われた。
  2. 銀行の資金援助により、その会社は息をつないでいる状況だ。
  3. 学費を援助してもらう方法により、無事に大学へ入学できた。
  4. 看護師さんの懸命な援助により、容態は安定してきたようだ。
  5. 病気で動けない人に対しては、生活の援助が必要です。

 

【補助の使い方】

  1. サプリメントは、別名「栄養補助食品」とも呼ばれる。
  2. 彼の役割は雑用なので、あくまで補助的なものだ。
  3. 補助金の申請が通り、無事にお金が振り込まれた。
  4. アルバイトによって生活費を補助する。

まとめ

 

以上、今回のまとめです。

 

支援」=力を貸して助けてあげること。助ける度合いは小さく、あくまで脇役

援助」=困っている人に対して力を貸すこと。助ける度合いは大きく、主体的

「補助」=不足しているところを補い助けること。(マイナスからゼロにする埋め合わせ)

 

「支援」は最終的には対象の力に任せるが、
「援助」は対象のほぼすべてを助ける。と覚えておきましょう。

では、今回は以上となります。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)