この記事の読了時間: 421

考慮 配慮 違い 意味 使い分け

今回は、
考慮」と「配慮
の違いを解説していきます。

「条件を考慮する」

配慮が足りない」

どちらの言葉も仕事やプライベートなどで
よく使われていると思います。

この2つには一体どんな違いがあるのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

考慮の意味

 

まずは、「考慮」の意味からです。

【考慮(こうりょ)】

判断・行動の前に、いろいろな要素を考え合わせること。思いめぐらすこと。考え。

出典:三省堂 大辞林

考慮」とは、
判断や行動の前に、色々な要素を含めてよく考えること」を言います。

例えば、以下のような使い方です。

面接官は学歴・性格・経験などを考慮してA氏を採用した。

この場合、「A氏の採用」という判断をする前に
色々な要素を合わせて考えます。

具体的には、

  • 〇〇大学出身。
  • 性格は明るくて社交的。
  • リーダーの経験がある。
  • 必要な資格を持っている。

といったことです。

このように、「単によく考える」だけでなく、
あらゆる要素を重ね合わせて複合的に考えること
考慮」と言うわけです。

なお、「考慮」の「類義語」としては以下のような言葉が挙げられます。

勘案・勘考・検討・論考・思考】

配慮の意味

 

続いて、「配慮」の意味です。

【配慮(はいりょ)】

心をくばること。他人や他の事のために気をつかうこと。

出典:三省堂 大辞林

配慮」とは、
心をくばること・気をつかうこと」などを意味します。

例えば、以下のような使い方です。

彼女の体調を配慮し、荷物を持ってあげた。

この場合はつまり、
「彼女の体調が悪いので、気をつかった」ということですね。

一言で、「気配り・心配り
などと覚えてもよいでしょう。

また、「配慮」は人間以外の対象にも使うことがあります。

環境に配慮したゴミ袋を開発する。

つまり、
「環境に気をつかった」という意味ですね。

いずれにせよ、「相手に対して気をつかうこと」を
「配慮」と言うわけです。

「配慮」の「類義語」としては以下のような言葉が挙げられます。

気遣い・心遣い・気配り・思いやり・心入れ】

スポンサーリンク

考慮と配慮の違い

考慮 配慮 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

考慮」=判断や行動の前に、色々な要素を含めてよく考えること。

配慮」=心をくばること・気をつかうこと。

ということでした。

 

両者の違いを2つの点から比較したいと思います。

1つ目は、
主体の違い」です。

 

考慮」は自分主体の言葉です。

すなわち、目の前の問題解決に向けて、
自分の頭の中で考えるようなイメージです。

この時に、「相手の状況や状態に気を配る」
という意味までは特に含まれません。

あくまで、
自分が正しい判断を下すための入念な思考です。

 

一方で、「配慮」は相手主体の言葉です。

つまり、
相手にとって都合が悪くならないように
色々と気をつかうということです。

「配慮」の方は、自分のための行動ではなく
全ては相手のための行動なのです。

 

2つ目は、
意味自体の違い」です。

 

考慮」は、考えることに焦点を当てた言葉です。

一方で、「配慮」は、
気をつかうことに焦点を当てた言葉です。

つまり、
そもそもの意味が異なるわけですね。

「考慮」は、「考える」という
その人の脳内作業を意味します。

対して、「配慮」の方は「気を配る・心を配る」という
その人の行動を意味するのです。

 

まとめると、

考慮」=「自分で考える」という自分主体の言葉。

配慮」=「相手に気をつかう」という相手主体の言葉。

となります。

 

ちなみに、
「考慮」とよく似た言葉で
思慮」があります。

「思慮」とは、
注意深く心を働かせて考えることを意味します。

どちらも似たような意味を持っていますが、「思慮」の方は、
物事について個人的にあれこれ思いをめぐらす」という意味が強い言葉です。

詳しい意味については、以下の記事を参照してください。

>>思慮と思料の違いとは?意味や思量の使い分けも解説

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【考慮の使い方】

  1. 様々な条件を考慮した結果、彼が一番適任だと判断した。
  2. あなたの意見は、考慮の余地がないほどひどいものだ。
  3. 殺虫剤は、人体や環境への影響も考慮する必要がある。
  4. 相手の事情も考慮して、今後の日程を決めていこう。

 

【配慮の使い方】

  1. 相手の立場を配慮して、慎重なコメントをする。
  2. 被害者の感情に配慮して、質問を控えることにした。
  3. この高い段差は、高齢者への配慮が足りないと言える。
  4. 環境問題に配慮した結果、ハイブリットカーが生まれた。

 

「考慮」の方は、原則として「自分主体の言葉」です。

ただし、「考慮」の前に「相手の~」「他人の~」などが来る場合は、当然「相手のことを考えて」という意味になります。

「考慮」の方は、場合によっては「相手のことをよく考える」という
「配慮」に近い意味で使うこともあるわけです。

この辺りが、両者の使い分けを
ややこしくしている原因かと思います。

混同しないためにも、「考慮」の方は前後の文脈を
しっかり判断する必要があると言えるでしょう。

関連:>>思いと想いの違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

考慮」=判断や行動の前に、色々な要素を含めてよく考えること。

配慮」=心をくばること・気をつかうこと。

「考慮」は「自分で考える」という自分主体の言葉

「配慮」は「相手に気をつかう」という相手主体の言葉

ということでした。

では今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)