この記事の読了目安: 637

口語詩 文語詩 違い 例 代表作 有名作品

 

「詩」について学ぶと、
2つの種類があることが分かります。

それが「口語詩」と「文語詩」です。

どちらもよく使われる言葉ですが、
この2つの違いはどこにあるのでしょうか?

本記事では、
「口語詩」と「文語詩」の違い、例、有名作品(代表作)
などを簡単に分かりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

口語詩の意味・読み方

 

まずは、「口語詩」からです。

口語詩」は「こうごし」と読み、
意味は「口語体で書かれた詩のこと」です。

「口語体」とは簡単に言うと、
「(現代で使われている)話し言葉の文体」だと考えて下さい。

すなわち、
現在私たちが普段から使う言葉により書かれている詩は、
すべて「口語詩」ということです。

 

例えば、以下のような詩は「口語詩」だと言えます。

カムチャッカの若者が きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は 柱頭を染める朝陽にウインクする

出典:「朝のリレー」(谷川俊太郎)

上記の詩は「谷川俊太郎(1931年~)」の代表作である
『朝のリレー』という有名作品から抜粋したものです。

見て分かるように普段の文章と何ら変わりがありません。

例えば、語尾に「いる」「する」がついていたり、
これらの文体は通常の文章と同じ特徴を持っています。

このように、「です」「ます」「いる」「する」「」「である」など、現在使われている話し言葉に基づく文章で書かれた詩を「口語詩」と呼ぶのです。

「口語詩」は、山田美妙等の試作から始まり、
明治末期の川路柳虹 (わじりゅうこう) らの口語自由詩を経て、
大正期に確立したという経緯があります。

文語詩の意味・読み方

 

続いて、「文語詩」です。

文語詩」は「ぶんごし」と読み、
意味は「文語体で書かれた詩」のことです。

「文語体」とは「書き言葉」のことを指し、
簡単に言うと「昔使われていた文体のこと」を表します。

具体的に言うと、
1945年の終戦直後まで使われていた文体のことです。

 

例えば、以下の作品は「文語詩」の代表作として挙げられます。

まだあげ初(そ)めし前髪の
林檎(りんご)のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛(はなぐし)の
花ある君と思ひけり

出典:『初恋』(島崎藤村)

上記の作品は、「島崎藤村(1872年~1943年)」の『初恋』ですが、私たちが普段使っている文体ではありません。

あげ初めし」「見えし」「さしたる」「思いけり」など、
普段なじみのない文体で書かれているという特徴があります。

このような、「し」「たる」「けり」など今現在
使われていない文体で書かれている詩を「文語詩」と言うのです。

 

「文語詩」の元である「文語」は、別名「書き言葉」とも言われ、
公式には「歴史的仮名遣い」という名称が付けられていました。

「歴史的仮名遣い」とは、文字の典拠を過去の文献に求める仮名遣いのことを指し、一般に平安中期以前の万葉仮名の文献に基準を置いたものを指します。

明治以降、「現代仮名遣い(1946年内閣告示)」が公布されるまでは、この「歴史的仮名遣い」が公的なものとなっていました。

スポンサーリンク

口語詩と文語詩の違い

 

ここまでの内容を整理すると、

口語詩」=口語体で書かれた詩。(今使われている話し言葉)

文語詩」=文語体で書かれた詩(昔使われていた書き言葉)

ということでした。

 

つまり、両者の違いを簡潔に言うと、
今と昔、どちらの文体で書かれているか?」ということになります。

「口語詩」は、今現在使われているような日常的な文体で書かれています。

そのため、現代の人でも
すんなりと読めるような詩文であることがほとんどです。

一方で、「文語詩」の方は昔使われていた
歴史的仮名遣いや古語などを中心とした文体です。

したがって、こちらは
読み慣れないと読解が難しい詩文ということになります。

 

元々、江戸時代までは
話し言葉」と「書き言葉」の2つがあり、
両者は場面によって明確に使い分けがされていました。

「話し言葉」は、文字通り人と人が話して会話するような時に使い、「書き言葉」は、小説や詩などの文学作品に使われていたのです。

ところが、「書き言葉」だけで小説や詩を作成するとなると、
作り手側としては何かと制約が多く非常に不便だと言えます。

そこで、「話し言葉」でも小説や詩などの文学作品を書けるように、
当時の文学者たちが運動を起こすようになります。

それが、「言行一致運動(1900年~1910年)」と呼ばれるものです。

 

「言行一致運動」では、
「書き言葉」を「話し言葉」へ近づけようとする運動が行われました。

実際に、この運動により、
小説家では山田美妙が「です調」、二葉亭四迷が「だ調」、
尾崎紅葉が「である調」の新文体を試みました。

その結果作られたのが、「口語詩」なのです。

 

今の日本の社会では会話も文章も当たり前のように
話し言葉が使われていますが、昔はそうではありませんでした。

昔は、話し言葉ではない「書き言葉」という概念があったので、
現在でもその名残がある「文語詩」が存在するのです。

スポンサーリンク

口語詩と文語詩の見分け方

口語詩 文語詩 見分け方

 

「口語詩」と「文語詩」は、
どのように見分ければよいでしょうか?

これはすでに説明したように、
文末によって見分けるのが最もわかりやすいです。

 

「口語詩」の場合は、
「です」「ます」「いる」「する」「だ」「である」などの文末が多いです。

対して、「文語詩」の場合は、
「し」「たる」「けり」「なり」といった文末が多いです。

 

ただし、
実際にはほとんどの詩は「口語詩」であるということが言えます。

なぜかと言うと、
「文語詩」自体の歴史が非常に浅いものだからです。

 

実は、日本の詩自体はそこまで歴史が長いというわけではありません。

江戸時代までは、日本の詩は「漢詩(中国の詩)」が中心でした。

日本の詩が世に広まり始めたのは、
明治時代(1868年~)に入ってからだと言われています。

つまり、日本の詩自体がわずか150年ほどの歴史しかないということです。

さらに言うと、「口語詩」自体がいつから一般化したかと言うと1910年代です。

そのため、「口語詩」は現在まで約100年の歴史がある一方で、
「文語詩」の方はわずか30年の歴史しかないことになります。

これが現在世に出ているほとんどの詩が、「口語詩」である理由です。

「文語詩」というのは、そもそもの時代が短かったので、
絶対数として作品の数が少ないのです。

スポンサーリンク

口語詩と文語詩の具体例

口語詩 文語詩 具体例 作品

 

では、最後に「口語詩」と「文語詩」の
具体例を見て確認しておきましょう。

以下の作品は、どちらも有名な作家・詩人である「宮沢賢治」の詩です。

「宮沢賢治(1896年~1933年)」は、数多くの詩を書いていますが、「文語詩」から「口語詩」へと移り行く時代を生きた人物なので、どちらの詩もこの世に残しています。

【口語詩の例】

ひかりの澱
三角ばたけのうしろ
かれ草層の上で
わたくしの見ましたのは
顔いつぱいに赤い点うち
硝子様(やう)鋼青のことばをつかつて
しきりに歪み合ひながら
何か相談をやつてゐた
三人の妖女たちです

出典:『谷』(宮沢賢治)

【文語詩の例】

秋立つけふをくちなはの、  
沼面はるかに泳ぎ居て、
水ぎぼうしはむらさきの、
花穂ひとしくつらねけり
いくさの噂さしげければ、
蘆刈びともいまさらに、
暗き岩頸 風の雲、
天のけはひをうかゞひぬ。

出典:上流(宮沢賢治)

比較しても分かるように、前者の方の文末は、
「見ました」「です」など口語的な文体で書かれています。

こちらは約100年ほどまでに書かれた「口語詩」ですが、
それでも現在と同じ文体で用いられていることが分かります。

対して、後者の方は
「けり」「暗き」「けはひ」など文語的な文体で書かれています。

現代での文章では、「けり」などを文末に持ってくることはありません。

同じ作者でも、このように使っている文体が異なるということです。

関連:>>定型詩・自由詩・散文詩の違いとは?例を使い簡単に解説

関連:>>叙事詩・叙情詩・叙景詩の違いとは?意味や例を簡単に解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると下記のようになります。

口語詩」=口語体で書かれた詩で、現在の文体と同じ。(話し言葉)

文語詩」=文語体で書かれた詩で、昔の文体と同じ。(書き言葉)

違い」=今と昔のどちらの文体で書かれているか。

使い分け」=文末によって見分ける。多くは「口語詩」。

古語や歴史的仮名遣いに基づいたものが、「文語詩」です。

対して、「口語詩」の方は
日常的な文章に近いものだと覚えておきましょう。

では、今回は以上となります。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)