この記事の所要時間: 54

自立語 付属語 見分け方 違い

 

皆さんは、
自立語」と「付属語
の違いを説明できますか?

 

どちらの言葉も、
文法を学ぶ上でよく出てきますよね。

なぜかと言うと、
「自立語」と「付属語」の違いが
分からないとうまく文章を読めないからですね。

そのため、
文法だけでなく読解のためにも
マスターしたい内容と言えるでしょう。

 

では、一体どのように
見分ければよいのでしょうか?

まずは、基本的な意味から
確認していきましょう。

スポンサーリンク

自立語と付属語の意味

 

自立語」とは
それだけで意味が分かる単語

付属語」とは
それだけでは意味が分からない単語
だと思ってください。

 

具体例を出します。

キリンは首の長い動物だ。

まず、上の文の構成を理解するには、
「文節」に分けることが必要です。

 

文節(ぶんせつ)」とは、
文をこわさない程度に区切ったひとまとめのこと
を言います。

この場合の「文節」は、

キリンは 首の 長い 動物だ。

文節となります。

 

そして、
キリン」「」「長い」「動物
の4つの単語はこれだけで意味が分かりますよね?

よって、
この4つは「自立語」となるのです。

 

一方で、
」「」「」の3つの単語は、
これだけでは意味が伝わりません。

したがって、
この3つは「付属語」となるわけです。

 

何となくイメージがついたでしょうか?

 

ポイントは、まず先に
「文節」に分けることですね。

「文節」に分ける簡単な方法は、
ネ・サ・ヨ」のどれかを後ろに入れても、
意味が伝わるかどうか確認してみることです。

 

例えば、
「僕は本を買った」
という文があったとしましょう。

 

この場合、
「僕は 本を 買った
とすればリズムよく意味が伝わります。

 

しかし、もしも
「僕 は 本 を 買~」
だと意味がよく伝わりません。

特に、
「はネ」と「をネ」は意味不明です。

よって、この場合の「文節」は
「僕は/ 本を/ 買った」となるのです。

スポンサーリンク

自立語と付属語の見分け方

 

ここまでの内容を整理すると、

自立語」=それだけで意味が分かる単語。

付属語」=それだけでは意味が分からない単語。

ということでした。

 

ここからは、具体的な見分け方を
3つに分けて解説していきます。

 

先ほどの例文をまた出すと、

キリン  長い 動物

赤字が「自立語」、青字が「付属語
ということでしたね。

 

まず、1つ目は、
自立語」は「それだけで一文節になれる
ということを押さえてください

上の例だと、
「長い」という文節ですね。

「長い」はこれ自体が「自立語」なので、
単独で一文節になっています。

 

一方で、
「付属語」はそれだけでは一文節になれません。

「付属語」は、基本的に
意味が分からない単語です。

したがって、
付属語だけで文節を作ることはできないのです。

 

2つめは、
自立語」は「一文節に必ず1個ある
ということです。

 

「自立語」が「一つの文節に0」
ということは絶対にありません。

また、2個以上あることもありません。

 

自立語は一文節に必ず1個なのです。

 

一方で、「付属語」は
一文節中の数は特に決まっていません。

0個の場合もあれば、
1個や2個の場合もあります。

 

3つ目は、
自立語は必ず文節の先頭に来る
ということです。

 

つまり、
文節の最初に来て、付属語がある場合は
付属語の前に来るということですね。

逆の言い方をすれば、
付属語は自立語の後ろに必ずつく
とも言えます。

 

まとめると、
以下のようになります。

【自立語】

  • 単独で文節を作れる。
  • 一文節に必ず1個ある。しかし、2個以上はない。
  • 必ず文節の頭に来る。

【付属語】

  • 単独では文節を作れない。
  • 一文節中の数は特に決まっていない。
  • 必ず自立語の後ろにつく。

スポンサーリンク

練習問題

 

では、今までの内容を理解できたか
確認しておきましょう。

以下に、練習問題を用意しました。

問題1

次の選択肢の中から、
適切な方を選んでください。

①それだけで文節を作れる単語を、
【(ア)自立語 (イ)付属語 】と言う。

②自立語は文節の最初にあり、
一文節に必ず【(ア)1つ(イ)2つ(ウ)3つ 】ある。

③付属語は自立語の後につき、一文節中の数は
【(ア)1つ(イ)2つ(ウ)3つ(エ)決まっていない 】

解答

正解は、①⇒(ア)②⇒(ア)③⇒(エ)
となります。

自立語は必ず1個ですが、
「付属語」は0個の時もあれば
いくつもつく場合もあるのです。

問題2

次の文節に区切った文から、
「自立語」と「付属語」を抜き出してください。

①友達から おもしろい 話を 聞いた。

②休日は バーゲンで 混むので 行かない。

③美しい 花が 咲いた。

解答

※「自立語」⇒赤字 「付属語」⇒青字

友達から おもしろい  聞い

休日 バーゲン 混むので 行かない

美しい  咲い

自立語は文節の最初にあるので、
探しやすいと思います。

①の「聞い」②の「行か」などは、
「聞く」「行く」などが変化したもの
だと思ってください。

「聞く」を過去形にすると「聞いた」となり、
「行く」を否定形にすると「行かない」となります。

そうすれば、
「自立語が変化したもの」
ということが分かりますよね。

問題3

以下の文を文節に区切って、
自立語と付属語を抜き出してください。

①将来人間の仕事をうばう可能性があるのがAIだ。

②ノーベル平和賞は人類の平和のためにつくした人に贈られる名誉ある賞だ。

解答

将来 人間 仕事 うばう 可能性 あるのが AI

ノーベル平和賞 人類 平和のために つくし   贈られる 名誉 ある です

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回の内容をまとめると、

自立語」=それだけで意味が分かり、単独で文節を作れる。一文節中に必ず1個あり、文節の頭にくる。

付属語」=それだけでは意味が分からず、単独では文節を作れない。必ず自立語の後ろにつき、自立語と一緒に文節を作る。

ということでしたね。

 

「自立語」と「付属語」は、
全ての文法の基礎にあたる大事な部分です。

この記事をきっかけに、
両者を区別できるようになりましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク