この記事の所要時間: 339

振動 震動 違い 使い分け 意味

 

今回は、
振動」と「震動
の違いを解説していきます。

 

「しんどう」という言葉は、
日常的に使われてる印象ですね。

「窓が振動する」

「大地が震動する」

これらの「しんどう」は、
一体何が違うのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

振動の意味

 

まずは、
「振動」の意味です。

【振動(しんどう)】

揺れ動くこと。

ある量が、一つの状態を中心に周期的に変動すること。振り子・ばねの運動や電気振動など。

③数学で、無限に続く数列・関数列の極限が不定で、収束せず、また極限値が無限大でもないこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

振動」とは、
ゆれ動くこと・振り動かすこと
という意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

  • 爆音で窓が振動する
  • 振り子が振動する

つまり、
物理的にゆれたり、振り動く
ということですね。

 

辞書の記述にもある通り、
「振動」は物理学の用語として
説明されています。

したがって、本来の意味は
音波や電波などのように一定の周期でゆれ動くこと
だと思ってください。

震動の意味

 

続いて、
「震動」の意味です。

【震動(しんどう)】

ふるえ動くこと。また、ふるわせること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

震動」とは、
ふるえ動くこと・ふるえ動かすこと
という意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

  • 地震によって、家が震動する
  • 火山の噴火で、山が震動する

 

「震動」は主に、
地震や火山などの自然現象に対して使います。

イメージ的には
大きくてどっしりした物がふるえ動く
という感じですね。

スポンサーリンク

振動と震動の違い

振動 震動 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

振動」=ゆれ動くこと・振り動かすこと。物理的

震動」=ふるえ動くこと・ふるえ動かすこと。自然現象

ということでした。

 

この2つはどう使い分ければ
いいのでしょうか?

結論から言うと、

「地震や火山などの自然現象には「震動」を使い、それ以外は「振動」を使う」

となります。

 

まず、分かりやすいように
両者の語源を確認しておきましょう。

 

「振動」の「」という字は、
元々、「振(ふ)れる」から来ています。

これは、「振り子時計」「振り子打法」
などの言葉があるのでイメージしやすいですね。

 

つまり、
一定の規則で物体が動く場合に、
「振動」が使われるのです。

人が作った時計などの機械は、
まさに規則的な動きと言えるでしょう。

 

一方で、
「震動」の「」は
「地震」の「震」から来ています。

地震というのは、
一定のリズムではなく不規則に揺れます。

したがって、
「震動」の方は不規則に揺れる自然現象など、
限定的な場面でしか使わないのです。

 

まとめると、

振動」=自然現象以外の全て。

震動」=地震や火山などの自然現象のみ。

となります。

関連記事:>>機械と器械の違いとは?意味や使い分けも

 

ちなみに、「学問の世界」では、
物理学だけでなく地震学でも
「振動」の方を使っているようです。

つまり、
「震動」の方は一般的にも専門的にも
範囲が限定されているということですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

両者の違いを理解できたか
確認しておきましょう。

以下が、実際の例文となります。

 

【振動の使い方】

  1. マナーモードによって、携帯電話が振動する。
  2. 2階の住人の足音が、振動となって伝わる。
  3. バイオリンの弦が、演奏によって振動する。
  4. 振動ドリルによって、コンクリートに穴をあける。
  5. 電車の振動が激しいため、乗り物酔いをした。

 

【震動の使い方】

  1. 地震によって、大地が震動する。
  2. 火山噴火にともなう大規模な震動が観測された。
  3. 地震の震動を伝えるセンサーを開発する。
  4. 就寝中の家鳴り震動によって悩まされる。

 

家鳴り(やなり)」とは、
家や家具が揺れ出す現象のことです。

新築の木造住宅に住んでた人は、
何度か経験したことがあると思います。

 

家鳴りの原因は、
木材がズレて起こる自然現象だと
考えられています。

したがって、この場合は
「震動」を使うわけですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

振動」=物理的にゆれたり、振り動くこと。(自然現象以外)

震動」=自然現象によってふるえ動くこと。

となります。

 

基本的には「振動」の方を使い、
「震動」は限定的に使うようにしましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク