この記事の所要時間: 437

断つ 絶つ 違い 意味 使い分け

 

皆さんは、
断つ」と「絶つ
の違いを理解していますか?

 

「連絡を絶つ」

「ヒモを断つ」

「たつ」という言葉は、
普段からよく使われていますよね。

しかし、
正確な使い分けに注目している人は
意外と少ないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、この2つの違いを
詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

断つの意味

 

まずは、
「断つ」の意味です。

【断つ(たつ)】

つながっているものを切り離す。

道などをさえぎって通れなくする。

これまで続いていた物事を終わりにする。

「断つ」には、
主に3つの意味があります。

 

1つ目は、
つながっているものを切り離す」
という意味です。

【例】⇒「鎖を断つ」「ひもを断つ

言いかえれば、
(物理的に)切断する
ということですね。

 

2つ目は、
道をさえぎって通れなくする
という意味です。

【例】⇒「退路を断つ」「補給路を断つ

一言で、「道をさえぎる」
と覚えてもよいでしょう。

 

そして最後は、
続いている事を終わりにする
という意味です。

【例】⇒「食を断つ」「思いを断つ

この場合は、
「続けているものを(一時的に)切る」
というイメージで考えてください。

絶つの意味

 

続いて、
「絶つ」の意味です。

【絶つ(たつ)】

①(自ら)終わらせる・尽きさせる

縁を切る。

「絶つ」には、
主に2つの意味があります。

 

1つ目は、
終わらせる」という意味です。

【例】⇒「命を絶つ」「望みを絶たれる」

この場合は、
一時的ではなく半永久的に終わらせる
という点がポイントです。

 

そして、2つ目は
縁を切る」という意味です。

【例】⇒「国交を絶つ」「消息を絶つ

こちらも1つ目と同様に、
「それまでの関係を一生終わらせること」
だと思ってください。

スポンサーリンク

断つと絶つの違い

断つ 絶つ 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

断つ」=①切り離す。道をさえぎる。③(一時的に)終わりにする。

絶つ」=①(半永久的に)終わらせる。縁を切る。

ということでした。

 

両者の違いは、2つの点から
比較すると分かりやすいでしょう。

 

1つ目は、
目に見えるものかどうか」です。

 

断つ」は、「目に見えるもの
に対して使うことがほとんどです。

具体的には、
鎖やヒモなどの「物質」、
退路や補給路などの「」、
普段の「食事」といったものですね。

 

逆に、「絶つ」の方は
目に見えないもの」に対して使います。

例えば、
「命」や「望み」「関係」
といった見えないものですね。

 

イメージ的には、

断つ」=姿や形があるもの。

絶つ」=姿や形がないもの。

と考えてもよいでしょう。

 

2つ目は、
終わらせ方の違い」です。

 

どちらも
「何かを終わらせる」
という意味は共通しています。

しかし、「断つ」の方は
一時的に終わらせる場合に使います。

言いかえれば、
一時的なので修復することもある
ということです。

 

一方で、「絶つ」の方は
半永久的に終わらせる場合に使います。

つまり、こちらは
修復不可能なほどに終わらせる
ということですね。

 

まとめると、

断つ」=主に目に見えるものを、一時的に終わらせる。

絶つ」=主に目に見えないものを、半永久的に終わらせる。

となります。

>>修理と修繕の違いとは?意味や修復の使い分けも

 

補足すると、
両者の語源も覚えておくと
違いを忘れにくいでしょう。

 

「断つ」の「」は、
「中断」「遮断」などがあるように
途中で終了する」という意味があります。

一方で、「絶つ」の「」は、
「絶命」「絶縁」などがあるように
それ以上は続かない」という意味があります。

 

つまり、「絶つ」の方は
ここで終わりにする」という意味を
強調した言葉ということですね。

転じて、両者の意味に
微妙な違いが出てくるわけです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【断つの使い方】

  1. 退路を断たれたので、もう逃げ場がない。
  2. タバコを断つようにしてから、体調がよい。
  3. 糸を断ち、工作作業を進めていく。
  4. 悲しみを断ち、前を向くようにしよう。
  5. 快刀乱麻を断つようなすばらしい推理だった。

※「快刀乱麻を断つ」とは、
もつれていた問題をあざやかに解決すること」です。

「快刀」は「鋭利な刃物」
「乱麻」は「もつれた麻」のことを指します。

 

【絶つの使い方】

  1. 彼は消息を絶つように、姿を見せなくなった。
  2. 唯一の望みが絶たれたので、途方に暮れている。
  3. お金を返さなかったので、彼女とは交流を絶った
  4. 彼は命を絶つ覚悟で、ボクシングをしている。
  5. あいつとの関係は、絶つようにしたほうがいい。

 

ちなみに、
「交わり」をたつ場合は
断交」とも「絶交」とも言います。

 

つまり、
一時的に交流をたつ時は「断交」
永久的に交流をたつ時は「絶交」
ということですね。

このように、両方とも
使える場合もあるので注意しましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

断つ」=主に目に見えるものを、一時的に終わらせる。

絶つ」=主に目に見えないものを、半永久的に終わらせる。

ということでしたね。

 

原則として、
【「絶つ」の方は物理的なモノに使う】
と考えてください。

ただし、場合によっては
「悲しみ」や「喜び」など
感覚的なモノに対して使うこともあります。

もしも迷った場合は、
漢字本来の意味を思い出すようにしましょう。

 

今回は以上です!

スポンサーリンク