この記事の読了時間: 449

断つ 絶つ 違い 意味 使い分け

 

断つ」と「絶つ

どちらも普段からよく使われている言葉ですね。

「連絡を絶つ

「ヒモを断つ

さらに似たような言葉で「裁つ」を使う場合もあります。

これらの言葉は、
一体どのように使い分ければいいのでしょうか?

さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

断つの意味

 

まずは、「断つ」の意味からです。

【断つ(たつ)】

つながっているものを切り離す。

道などをさえぎって通れなくする。

これまで続いていた物事を終わりにする。

「断つ」には主に3つの意味があります。

1つ目は、
つながっているものを切り離す」という意味です。

【例】⇒「鎖を断つ。」「ひもを断つ。

言いかえれば、
(物理的に)切断する」ということですね。

 

そして2つ目は、
道をさえぎって通れなくする」という意味です。

【例】⇒「退路を断つ。」「補給路を断つ。

一言で「道をさえぎる」と覚えてもよいでしょう。

 

最後は、
続いている事を終わりにする」という意味です。

【例】⇒「食を断つ。」「思いを断つ。

この場合は、
「続けているものを(一時的に)切る」
というイメージで考えてください。

「断」という字は「中断」「遮断」などの言葉があるように
途中で終了する」という意味があります。

したがって、「物事を一時的に終了する」
という意味で上記のような使い方をするわけです。

絶つの意味

 

次に、「絶つ」の意味です。

【絶つ(たつ)】

①(自ら)終わらせる・尽きさせる

縁を切る。

「絶つ」には主に2つの意味があります。

1つ目は、
終わらせる」という意味です。

【例】⇒「命を絶つ。」「望みを絶たれる。」

この場合は、
一時的ではなく半永久的に終わらせる
という点がポイントです。

 

そして、2つ目は
縁を切る」という意味です。

【例】⇒「国交を絶つ。」「消息を絶つ。

こちらも1つ目と同様に、
「それまでの関係を一生終わらせること」だと考えてください。

「絶つ」の語源を確認しておくと、
」という漢字は「絶命」「絶縁」などがあるように
それ以上は続かない」という意味があります。

つまり、「絶つ」の方は
「ここで終わりにする」という意味を強調した言葉なのです。

スポンサーリンク

断つと絶つの違い

断つ 絶つ 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

断つ」=①切り離す。道をさえぎる。③(一時的に)終わりにする。

絶つ」=①(半永久的に)終わらせる。縁を切る。

ということでした。

 

両者の違いは、2つの点から
比較すると分かりやすいでしょう。

1つ目は、
目に見えるものかどうか」です。

 

断つ」は、「目に見えるもの
に対して使うことがほとんどです。

具体的には、鎖やヒモなどの「物質」、
退路や補給路などの「」、普段の「食事」といったものです。

逆に、「絶つ」の方は
目に見えないもの」に対して使います。

例えば、「命」や「望み」「関係」
といった見えないものです。

したがって、基本的には

断つ」=姿や形があるもの。

絶つ」=姿や形がないもの。

と考えれば問題ありません。

 

2つ目は、「終わらせ方の違い」です。

 

どちらも「何かを終わらせる」
という意味は共通しています。

しかし、「断つ」の方は
一時的に終わらせる場合に使います。

言いかえれば、
一時的なので修復することもある」ということです。

一方で、「絶つ」の方は
半永久的に終わらせる場合に使います。

つまり、こちらは
修復不可能なほどに終わらせる」ということですね。

 

以上、まとめると、

断つ」=主に目に見えるものを一時的に終わらせる。

絶つ」=主に目に見えないものを半永久的に終わらせる。

となります。

 

ちなみに、冒頭で紹介した「裁つ」ですが、
裁つ」とは「紙や布などをある寸法に切ること」を意味します。

使い方としては、
「布地を裁つ」のように使います。

「裁つ」の一番の特徴は、
紙や布などに対して使う」という点です。

元々この言葉は、「裁縫(さいほう)」の「裁」を語源とします。

つまり、ミシンなどを使って
型に合わせて布地を切るようなイメージです。

したがって、
ひもや鎖などに使う「絶つ」や「形のないものに使う「断つ」とは
全く異なる言葉だということが分かるかと思います。

「裁つ」に関しては、あくまで
布や紙などの素材に対して使う言葉だと認識しておきましょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきます。

 

【断つの使い方】

  1. 退路を断たれたので、もう逃げ場がない。
  2. タバコを断つようにしてから、体調がよい。
  3. 糸を断ち、工作作業を進めていく。
  4. 悲しみを断ち、前を向くようにしよう。
  5. 快刀乱麻を断つようなすばらしい推理だった。

※「快刀乱麻を断つ」とは、
もつれていた問題をあざやかに解決する」という意味の慣用句です。

「快刀」は「鋭利な刃物」
「乱麻」は「もつれた麻」のことを指します。

 

【絶つの使い方】

  1. 彼は消息を絶つように、姿を見せなくなった。
  2. 唯一の望みが絶たれたので、途方に暮れている。
  3. お金を返さなかったので、彼女とは交流を絶った
  4. 彼は命を絶つ覚悟で、ボクシングをしている。
  5. あいつとの関係は、絶つようにしたほうがいい。

 

補足すると、「交わり」をたつ場合は
断交」とも「絶交」とも言います。

「断交」とは、「一時的に交流をたつこと」
「絶交」とは「永久的に交流をたつこと」を意味します。

このように、両方とも使える言葉もある
ということを頭に入れておくとよいでしょう。

関連:修理と修繕の違いとは?意味や修復の使い分けも解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

断つ」=主に目に見えるものを、一時的に終わらせる。

絶つ」=主に目に見えないものを、半永久的に終わらせる。

裁つ」=紙や布などをある寸法に切ること

ということでした。

原則として、
【「絶つ」の方は物理的なモノに使う】と考えてください。

ただし、場合によっては
「悲しみ」や「喜び」など感覚的なモノに対して使うこともあります。

もしも迷った場合は、
漢字本来の意味を思い出すようにしましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)