この記事の所要時間: 338

 

今回は、
慎む」と「謹む
の違いを解説していきます。

 

「言葉をつつしむ

つつしんで訂正いたします」

上記の「つつしむ」は、
一体どちらを使えばよいのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

慎むの意味

 

まずは、
「慎む」の意味です。

【慎む(つつしむ)】

あやまちや軽はずみなことがないように気をつける。慎重に事をなす。

度をすごさないようにする。控えめにする。節制する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「慎む」には、
2つ意味があります。

1つ目は、
気をつける・慎重にする
という意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

  • 「言葉を慎む
  • 「行動を慎む

つまり、
「失言やミスなどがないように気を付ける」
ということですね。

 

2つ目は、
控えめにする」という意味です。

 

この場合は、
以下のように使います。

「お酒を慎む

つまり、
「お酒を飲みすぎないようにする」
ということですね。

 

この意味で使う時は、
節制」と同じ意味になります。

「節制」については、
以下の記事を参照してください。

>>節制と摂生の違いとは?意味や使い分けも

謹むの意味

 

続いて、
「謹む」の意味です。

【謹む(つつしむ)】

うやうやしくかしこまる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

謹む」とは、
うやうやしくかしこまること」を言います。

 

うやうやしい」とは「礼儀正しく丁寧なこと」

かしこまる」とは「相手を敬う」
という意味です。

つまり、
丁寧に接して、相手を敬うこと
を「謹む」と言うわけですね。

 

使い方としては、
以下の通りです。

謹んでお受けいたします」

この場合は、
企業から内定をもらった時などに使うセリフですね。

一般的には、
「慎む」は「慎んで」と使うことがほとんどです。

スポンサーリンク

慎むと謹むの違い

慎む 謹む 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

慎む」=気をつける・慎重にする。控えめにする。

慎む」=丁寧に接して、相手を敬う。

ということでした。

 

つまり、2つの違いは
慎む」は、自分の言動を抑えることであり、
謹む」は、相手に敬意を表すことだと言えます。

 

両者の語源も確認しておくと、

「慎む」の「慎」は、

  • 慎重(しんちょう)
  • 戒慎(かいしん)

などがあります。

つまり、
何かの言動を気をつけたり、控えめにする場合に
「慎む」を使うわけですね。

 

一方で、
「謹む」の「謹」は、

  • 謹賀(きんが)
  • 謹啓(きんけい)
  • 謹直(きんちょく)

などがあります。

「謹賀新年(きんがしんねん)」などは、
年賀状によく書かれていますよね?

つまり、「謹む」は、
おごそかで礼儀正しく振る舞う時に使うのです。

 

まとめると、

慎む」=自分の言動を抑える。

謹む」=相手に敬意を表す。

となります。

関連記事:>>頂くと戴くの違いとは?意味や使い分けも

 

ここで気を付けることは、
「慎む」の場合は、必ずしも
自分の言動とは限らないということです。

 

例えば、

「失礼な発言は慎みなさい」

のように使うこともあります。

このように、
他人の言動に使うこともあるわけですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

それぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【慎むの使い方】

  1. 「授業中は私語を慎むように」と、先生に注意された。
  2. 相手の心を傷つけないように、言葉を慎む
  3. 浮気がばれてしまっため、しばらくは身を慎むことにする。
  4. 色々な人に迷惑をかけたため、これからは酒を慎む

 

【謹むの使い方】

  1. 新年のお慶(よろこ)びを、謹んで申し上げます。
  2. 友人の結婚式という舞台で、謹んで祝意を表する。
  3. この度は、私共の不祥事を謹んでお詫び申し上げます。
  4. 奥様の件につきましては、謹んでお悔やみ申し上げます。

 

よくある間違いとして、
慎しむ」や「謹しむ」と
書いてしまうことがあります。

そのため、送り仮名の付け方は
間違えないようにしましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

慎む」=(自分の行動を)気をつける・慎重にする。控えめにする。

謹む」=(相手に対して)丁寧に接する。敬意を表する。

ということでしたね。

 

「謹む」の方は、
冠婚葬祭などでもよく使われる言葉です。

ぜひうまく
使い分けができるようになりましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク