この記事の読了時間: 42

表示 標示 違い 意味 使い分け

 

今回は、
表示」と「標示
の違いを解説していきます。

「ひょうじ」という言葉は、
2通りの言い方がありますね。

「成分をひょうじする」「指示ひょうじ

これらの「ひょうじ」は、
どう使い分ければいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

表示の意味

 

まずは、「表示」の意味からです。

【表示(ひょうじ)】

はっきりと表し示すこと。

図表にして示すこと。

きざし。兆候。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

表示」とは、簡単に言うと
外部に表し示すこと」を意味します。

示す」とは、
「何らかの方法によって相手へ伝える」という意味だと思ってください。

一般的には、
文字や記号などを使って相手に伝えること」を指すことが多いです。

 

例えば、以下のような使い方です。

食品の裏面に、原材料を表示する。

スーパーやコンビニの食品には、
必ず原材料が書かれていますよね。

その理由は、文字などを使い、
商品の中身が分かるように外部へ示すためです。

このように、
何らかの情報を使い、外部へ表し示すことを
「表示」と言うわけです。

 

補足すると、
表示」には「図表にして示すこと」「兆候」などの意味もあります。

この意味で使われることは少ないですが、念のため覚えておきましょう。

標示の意味

 

続いて、「標示」の意味です。

【標示(ひょうじ)】

目印になるもので人にあらわし示すこと。また、その目印の文字・記号・絵など。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

標示」とは、
目印によって、外部に表し示すこと」を言います。

また、単に「その目印自体」を指すこともあります。

「目印」とは、
「マークやサインのこと」ですね。

 

使い方としては、以下の通りです。

安全のために、道路標示をしっかりと確認する。

「標示」は、主に道路や地面に対して使われます。

道路には、
通行禁止」や「止まれ!
などのマークがたくさんありますよね?

あなたも道を歩いていたら、
アスファルトの下や道の曲がり角などに様々なマークを
発見したことがあるかと思います。

このようなマークのことを、
「標示」と呼ぶわけです。

スポンサーリンク

表示と標示の違い

表示 標示 違い 使い分け

 

ここまでの内容を整理すると、

表示」=外部に表し示すこと。

標示」=目印によって、外部に表し示すこと。目印。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
表す範囲の大きさ」となります。

 

表示」は、文字や目印・線・ランプなど、
あらゆる方法によって外部に表す場合に使います。

したがって、
表す範囲としては大きいです。

一方で、
標示」は「目印をつける」
という限定された方法でしか使いません。

したがって、
表す範囲としては小さいのです。

つまり、
表示は標示を含んだ言葉」ということですね。

 

もっと簡単に言うと、
「標示」の方は「道路に関係する場合のみ使う
と覚えてもらっても構いません。

「標示」は、道路交通法の条文によく出てきます。

  • 道路標示
  • 規制標示
  • 指示標示
  • 標示板

 

これらの「標示」は、
ペンキや鋲(びょう)によって作成されたものです。

意味としては、
「通行の許可・禁止」「通行の開始・終了」などがあります。

このような道路の注意書きのマークに対して、
「標示」を使うわけですね。

 

まとめると、

表示」=あらゆる方法によって表す場合に使う。

標示」=目印によって表す場合のみ使う。(道路に関係する時)

となります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【表示の使い方】

  1. おにぎりの裏側の表示を見て、カロリーを確認する。
  2. 君たちには、もう少し意思表示をしてもらいたい。
  3. パソコンに表示されたパスワードをメモしておく。
  4. エレベーターの表示ランプが故障しているようだ。
  5. 表示圏外からの着信が来たので、拒否する。

 

【表示の使い方】

  1. 運転免許をとるために、規制標示の意味を覚える。
  2. 見通しの悪いカーブなため、道路標示があって助かった。
  3. その道路は工事中であったため、標示板が置かれていた。
  4. 新しく道路が新設されたため、路面標示の工事を行う。
  5. 標示杭の位置を確認してから、道路工事を始める。

 

「表示」の方は、日常生活からビジネスまで
様々な場面で使われていることが分かるかと思います。

対して、「標示」の方は
道路や土木に関連する場面限定での使い方ですね。

似たような言葉ですが、
使われる場面は全く異なりますので注意してください。

 

ちなみに、
似たような言葉として
「表記」と「標記」があります。

こちらの意味も混同しやすいため、
以下の記事を確認しておきましょう。

>>表記と標記の違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

表示」=(あらゆる方法によって)外部に表し示すこと。

標示」=(目印によって)外部に表し示すこと。(道路に関係する時)

ということでした。

一般的には、広い意味の「表示」をよく使います。

そのため、
「標示」の方は限定的に使うと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)