この記事の所要時間: 50

春眠暁を覚えずの意味とは 全文 例文 使い方 漢詩 

春眠暁を覚えず
という言葉をご存知ですか?

学生時代に漢文の授業で
習った人も多いかと思います。

漢字だけを見ると、
「春」に「眠り」なので
ウトウトしてくるイメージですね。

 

実はこの言葉には、深い由来があったのです。

もしも正しい意味を理解できれば、
明日からすぐに使ってみたくなることでしょう。

では、一体どのように使うのでしょうか?

さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

春眠暁を覚えずの意味・読み方

 

まずは、
基本的な意味です。

【春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)】

春の夜はまことに眠り心地がいいので、朝が来たことにも気付かず、つい寝過ごしてしまう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

春眠暁を覚えず」とは、
春の夜は眠り心地がいいので、つい寝過ごしてしまう
という意味です。

簡単に言えば、
気持ち良くて朝寝坊をしてしまう
ということですね。

 

言葉の意味を補足すると、

春眠」は、文字通り
ること」を意味します。

また、「(あかつき)」とは
夜明けの頃」という意味です。

これは、
「明(あ)か時(とき)」
が転じたものだと思ってください。

そして、
覚えず」とは「知らないうちに
という意味です。

 

整理すると、

春眠暁を覚えず」=春の眠りは、夜明けを知らされない。

となります。

 

ここから現在の
「朝まで気持ちよく寝てしまう」
という意味になるわけですね。

 

私たちの生活でも、
季節によって寝心地の違いを感じると思います。

例えば、
「夏」は暑苦しいので当然寝づらいでしょう。

クーラーなしでは、
夜中に目覚めてしまうほどですよね。

 

逆に、「冬」はどうでしょうか?

「寒すぎて布団から出たくない!」
という人が大勢ですよね。

そういう意味では、「春」という季節は
一番気候が快適で寝やすいのです。

 

したがって、
気持ちよく寝てしまい、なかなか目が覚めない現象
が起きるわけですね。

スポンサーリンク

春眠暁を覚えずの全文・漢詩

 

「春眠暁を覚えず」は、中国の詩人である
孟浩然(もうこうねん)」の「春暁(しゅんぎょう)」
という詩が由来です。

以下は、抜粋したものです。

【全文】 - 【書き下し文】

春眠不覚暁(しゅんみんあかつきをおぼえず)

処処聞啼鳥(しょしょていちょうをきく)

夜来風雨声(やらいふううのこえ)

花落知多少(はなおつることしるたしょう)

【現代語訳】

春の眠りは気持ちよく、夜明けが来たことも気づかなかった。

鳥のさえずりがあちこちから聞こえてくる。

昨日の夜中は激しい雨風が聞こえていたが、

花も多少落ちてしまったことだろう。

大まかな意味としては、
「起床後に、ふと自然の風情を感じ取り、物思いにふける」
といった内容になっています。

つまり、元々は
「鳥の鳴き声」「雨風の音」「花びらが散る様子」
などを含めた話だったわけですね。

その中の一部に
春の心地よい眠り」があったため、
現在の意味になったわけです。

 

作者の「孟浩然」は、
若いころから各地を放浪し
様々な人と交流を続けました。

ところが、
科挙の試験に失敗し一時は
山に引きこもっていたそうです。

 

そんな中、
40歳の時に彼の詩としての才能が
認められるようになります。

特に、自然を題材とした詩が評価され、
「自然詩人」とも呼ばれました。

これをきっかけに、
日本の漢文の授業でも扱われるほど
有名な作者になったわけですね。

関連記事:>>朝令暮改と朝三暮四の違いとは?由来や類語も解説

春はあけぼのとの違い

春眠暁を覚えず 春はあけぼの

 

似たような言葉で
「春はあけぼの」があります。

「春はあけぼの」は、
「清少納言」が書いた「枕草子」の中の一節です。

【原文】

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

【現代語訳】

春は夜が明ける頃がよい。(日が)だんだんと白くなり、山際も少し明るくなり、紫がかった雲が細く長引いている。

要約すると、
「春は明け方が一番よい」
と言っているわけですね。

この話には続きがあり、
「夏は夜がよい」⇒「秋は夕暮れがよい」⇒「冬は早朝がよい」
とつながっていきます。

すわなち、
「季節にはそれぞれ良い時間帯がある」
ということを暗に示唆しているわけです。

 

ただし、
「春はあけぼの」の場合は
「眠り」については一切触れていません。

ここが、
「春眠暁を覚えず」との一番の違い
と言えるでしょう。

 

逆に、共通点としては、
「春の朝をほめている点」が挙げられます。

「春眠暁を覚えず」は、
「春の夜明けが気持ち良くて眠りすぎてしまう」
という意味でした。

一方で、「春はあけぼの」も
「春の夜明けの風景」に感心しています。

 

したがって、
どちらも「春の夜明けの心地よさ
を詠っている点は変わらないわけですね。

スポンサーリンク

春眠暁を覚えずの使い方・例文

 

では、「春眠暁を覚えず」の
使い方を例文で確認しておきましょう。

 

  1. 春眠暁を覚えずとはこのことで、今日は寝過ごしてしまいました。
  2. 今日の息子は何度起こしてもダメだね。まさに、春眠暁を覚えずだよ。
  3. 春眠暁を覚えず?あなたは春に限らず起きないでしょ。
  4. 最近寝坊する人が多いね。春眠暁を覚えずとは言え、呆れるよ。
  5. 春眠暁を覚えず」、本当に気持ちよく寝れたよ。
  6. 春眠暁を覚えずの通り、この時期はウトウトしがちだね。
  7. 春眠暁を覚えずと言うが、私は常に変わらず早起きだ。

 

用例としては、どちらかと言うと
ネガティブな意味で使うことが多いですね。

「良い意味」の場合は、
春の気持ち良さを強調するような時に使います。

逆に、「悪い意味」の場合は
朝寝坊をしてしまった時に使いますね。

 

いずれにせよ、
「春眠暁を覚えず」は春以外の季節には使いません。

また、うたたねや昼寝などにも使わないのが特徴です。

したがって、あくまで
春の夜明け限定で使う言葉
と覚えておきましょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

春眠暁を覚えず」=春の夜は眠り心地がいいので、つい寝過ごしてしまう。

語源」=春の眠りは、夜明けを知らされない。

ということでしたね。

 

日本は四季が豊かな国です。

この記事をきっかけに、
「季節を楽しむ」という意味で、
「春眠暁を覚えず」を使ってみてはどうでしょうか?

今回は以上です!

スポンサーリンク