この記事の所要時間: 48

 

皆さんは、
折り合いをつける」という
言葉を聞いたことがありますか?

 

「話に折り合いをつける

「気持ちに折り合いをつける

実はこの言葉は、
普段の生活からビジネスまで
幅広い場面で使えるのです。

そのため、
正しい使い方をマスターできれば、
大きな武器となるでしょう。

 

この記事では、
「折り合いをつける」の意味・使い方・語源・類語
などを解説していきます。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

折り合いをつけるの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【折り合いをつける(おりあいをつける)】

交渉において、互いにある程度譲り合って双方が納得できる妥協点を定めること。互いに意見や立場が対立しないポイントを見出すこと。

出典:実用日本語表現辞典

折り合いをつける」とは、
お互いが納得できる妥協点を見つけること
を言います。

妥協点」とは、
お互いが譲り合った点」という意味ですね。

 

具体例を出します。

Aさんは、自分のゲーム機を
2万円で売りたいと考えていました。

一方で、Bさんはそのゲーム機を
1万円で買いたいと考えていました。

 

どちらも自分の希望価格で
売買したいと考えています。

しかし、
このままだと売買が成立しません。

そこで、お互いが譲り合い、
最終的に「1万5千円」で
売買することが決まりました。

 

この時に、AさんとBさんの取引は
折り合いがついた」と言うのです。

何となくイメージがつきましたか?

上記の例だと、
「1万5千円」が「妥協点」となりますね。

 

つまり、
折り合いをつける」とは、
お互いの妥協点を探り、決着点を見い出すこと
を言うのです。

ポイントは、
「お互いが譲り合う」という点ですね。

スポンサーリンク

折り合いをつけるの語源

 

折り合い」という言葉は、
「折る」と「合う」の2語からできています。

 

「折る」は、
「木の枝を折る」「骨を折る」
などの使い方が一般的ですね。

しかし、「折る」には、
主張をひっこめる」「負けてくじける
などの意味もあるのです。

 

よって、「折り合い」とは、
お互いが主張をひっこめること
お互いが負けてくじけること」などの意味になります。

この「折り合い」の後ろに「つける」が加わるので、
「お互いが妥協点を見つける」
という意味になるわけですね。

折り合いをつけるの類語

折り合いをつける 類語

 

「折り合いをつける」の
「類語」は以下の通りです。

 

  • 譲り合う
  • 譲歩し合う
  • 歩み寄る
  • 互いに折れる
  • 着地させる
  • 妥協し合う

いずれも
「譲り合う・互いに折れる」
などの意味が共通していますね。

 

1点だけ注意すべきは、
妥協する」は、必ずしも
同じ意味とは限らないということです。

なぜなら、
「妥協する」という言葉は、
片方だけが譲る場合もあるからです。

 

「折り合い」とは、
お互いが譲り合うこと」を意味します。

したがって、
「妥協し合う」「譲り合う」などが
一番近い意味と言えるでしょう。

 

ちなみに、ビジネスでは
「折り合いをつける」は、
折衝」や「交渉」をする時に使います。

「折衝」と「交渉」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>折衝と交渉の違いとは?意味や使い方も

折り合いをつけるの英語訳

 

「折り合いをつける」は、英語だと

reconcile

come to terms

などと言います。

 

「reconcile」は「一致させる・調和させる」

「come to terms」は「折り合う・屈伏する」という意味です。

「term」には、
「期間・学期」などの意味以外に
終わり」という意味もあります。

ここから、
(交渉の)終わりがくる」という意味で、
「折り合う」になるわけですね。

 

例文だと、

She reconciled work and family.
(彼女は仕事と家庭に折り合いをつけた。)

We had come to terms at a low price.
(安い値段で折り合いがついた。)

などがあります。

スポンサーリンク

折り合いをつけるの使い方・例文

 

「折り合いをつける」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 取引先との商談は、大筋で折り合いをつけることができた。
  2. 大家さんと家賃交渉をして、折り合いをつけた
  3. 相手側の反対意見と、うまく折り合いをつけよう
  4. 嫌なことだけど、うまく折り合いをつけないといけない。
  5. 君は理想と現実にどうやって折り合いをつけるんだい?
  6. ショックを受けたが、気持ちに折り合いをつけないといけない。

 

気持ちに折り合いをつける」とは、
気持ちを整理すること」だと思ってください。

つまり、
「自分の頭の中の様々な感情を上手くまとめる」
ということですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

折り合いをつける」=お互いが納得できる妥協点を見つけること。

ということでしたね。

 

人と人の交渉事は、言いかえれば、
「妥協点を見つけること」です。

この記事をきっかけに、
ぜひ「話しの決着点を見い出すこと」を
意識してみてはいかがでしょうか?

今回は以上です!

スポンサーリンク