この記事の所要時間: 426

 

今回は
有機的」と「無機的
について解説したいと思います。

 

この2つの言葉は、
現代文によく出てくる用語です。

特に、センター試験の評論文には
必須の重要単語と言えるでしょう。

一体どのような違いがあるのでしょうか?

 

まずはそれぞれの意味を
押さえておきましょう。

スポンサーリンク

有機的の意味

 

「有機的」
の意味を調べると
以下のようにあります。

【有機的(ゆうきてき)】

有機体のように、多くの部分が緊密な連関をもちながら全体を形作っているさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

有機的」とは、
多くの部分が密接に結びついて、全体を作っている様子
を言います。

辞書の説明の「有機体」とは、
生き物」のことだと思ってください。

つまり、
人間や犬などのことですね。

 

「有機的」という言葉は、
私たちの身体を思い浮かべるとわかりやすいです。

有機的 意味

私たちの身体には、
手足や心臓、脳など様々なパーツがあります。

それぞれのパーツは別の位置にありますが、
実は密接にかかわっています。

 

例えば、「手足」は、
脳が命令を出すことによって、
初めて動かすことができます。

また、「心臓」は、
手足や脳など全身の臓器に
血液を送る重要な仕事をしています。

さらに、「」は、
手足を動かすことによって、
活性化したりしているのです。

 

このように、
それぞれの部分が相互に密接に関連し合って
一人の人間のような全体を構成している様子を、
有機的」と呼んでいるのです。

 

大事なポイントは、
相互に密接に関連し合っている
という点です。

 

そもそも、「有機的」の「機」は
「機械」「飛行機」などがあるように
組み立てて出来た」という意味を持つ漢字です。

したがって、「有機的」は、
それぞれのパーツが互いに結びついた時に
初めて使われる言葉なのです。

スポンサーリンク

無機的の意味

 

続いて、
「無機的」の意味です。

【無機的(むきてき)】

生命力の感じられないさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

無機的」とは、
生きる力を感じられない様子
を言います。

わかりやすい例が、「ロボット」です。

無機的 意味

「ロボット」は、
生き物ではないため、生きる力が感じられません。

また、それぞれのパーツは、
お互いに関連することなく完全に独立したものです。

独立しているので、パーツを切り離しても
全体を動かすことができます。

 

このように、
それぞれの部分と全体の関係が切れている様子
を「無機的」と呼んでいるのです。

 

別の言い方をすれば、
単調で他との関係がない様子
とも言えます。

したがって、「無機的」は
ドライで冷たい様子」「人間らしくない様子
という意味で使われる場合もあります。

有機的と無機的の違い

有機的 無機的 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

有機的」=多くの部分が密接に結びついて、全体を作っている様子。

無機的」=生きる力を感じられない様子。(部分と全体の関係が切れている様子)

ということでした。

 

つまり、2つの違いを簡単に言うと、

相互に関連しあっているのが「有機的

他との関係が切れているのが「無機的

となります。

 

「有機的」は、
生物の細胞のように互いに結び合いながら、
全体を形成する様子を表した言葉です。

一方で、「無機的」は、
互いに結び合うことなく、他との関係が切れた様子
を表した言葉です。

 

したがって、
有機的」は「無機的」の対義語
とも言うことができます。

 

元々、これらの言葉は
有機物」「無機物
という化学の用語から来ました。

「化学」の意味については、
以下の記事を参照してください。

>>科学と化学の違いとは?意味や使い分けも

 

有機物」とは、
「生物が作り出す物質のこと」です。

例えば、
炭水化物・タンパク質・脂肪などがあります。

一方で、「無機物」とは、
「生物が作り出さない物質のこと」です。

無機物は、
水や空気・鉱物などが挙げられます。

 

つまり、
これらの化学的な物質が由来となり、
「有機的」「無機的」という言葉が
できたわけですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

それぞれの使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【有機的の使い方】

  • 人間の身体は、それぞれの臓器が有機的に活動することによって構成されている。
  • 会社というのは、各部署が有機的に機能しないと経営が成り立たない。
  • 経済は、人と人が有機的に結びつくことによって動いている。
  • この評論文は、段落の構成が有機的にまとまっているため、非常に分かりやすい。

 

【無機的の使い方】

  • 私は、感情のない無機的な表情をする人が苦手だ。
  • ミッションが失敗したため、彼は無機的な声で結果を報告した。
  • そのアナウンサーは無機的な声で、ニュースを読み上げた。
  • 実験の正当性は、無機的環境も考慮しないと証明されない。

 

※「無機的環境」とは、
生物以外の環境のことです。

例えば、
水や土・光・温度などが挙げられます。

単に「環境」と言えば、
周りに住んでいる生物も含めることになります。

関連記事:>>組織と体制の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>実態と実体の違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回の内容をまとめると、

有機的」=多くの部分が密接に結びついて、全体を作っている様子。

無機的」=生きる力を感じられない様子。部分と全体の関係が切れている様子。

ということでしたね。

 

ぜひ正確な意味を
理解していただければと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク