この記事の所要時間: 712

デジタル アナログ 違い 具体例 わかりやすく

 

今回は
デジタル」と「アナログ
の違いを解説していきます。

 

この2つの言葉は、
日常生活でもよく使われていますよね。

「デジタル時計」

「アナログ時計」

しかも、
この2つは現代文の用語としても
よく登場するようです。

一体どのような違いがあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

デジタルの意味

 

「デジタル」
の意味を調べると、
次のように書かれています。

【デジタル】

連続的な量を、段階的に区切って数字で表すこと。計器の測定値やコンピューターの計算結果を、数字で表示すること。数字表示。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

デジタル」とは、
連続するものを区切って、数字や記号で表現すること
だと思ってください。

 

この説明だけでは分かりにくいため、
具体例を出したいと思います。

「デジタル」は、
時計」を例にすると分かりやすいでしょう。

 

以下の画像は、
「デジタル時計」と呼ばれるものです。

デジタル 意味 わかりやすくデジタル時計は、
連続する時間を区切った数字で表します。

「連続する時間を区切る」とは、
一体どういう意味でしょうか?

 

それは、上の画像で言えば
「12:34:56」の次に一瞬で「12:34:57」
に変化すること
です。

 

実際には、この二つの時刻の間には、
「12時34分56秒5」や「12時34分56秒6」
のように細かな時間が存在します。

ところが、「デジタル」というのは
このような連続する細かい時間を、
飛び飛びに区切って表示するのです。

 

イメージとしては、
正確さ・非連続・切れ目のある・部分」といった
キーワードで覚えると良いでしょう。

 

きれいに区切っているので、
数字自体は正確です。

しかし、
細かくは連続していないので、
部分的で切れ目のある数字ということですね。

 

元々「デジタル」は、
ラテン語で「」を意味する
「digitus」からきました。

 

「指」というのは、1つ1つ折ることによって
数字を分けてカウントすることができますよね?

そこから、現在では、
物の量を区切って数値で表現する
という意味で使われるようになったのです。

スポンサーリンク

アナログの意味

 

続いて、
「アナログ」の意味です。

【アナログ】

数値を、長さ・回転角・電流などの連続的に変化する物理量で示すこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

アナログ」とは、
連続するものを物理量として表現すること
だと思ってください。

 

物理量」というのは、
目に見える量」という意味ですね。

 

こちらも分かりやすい例を挙げましょう。

以下の画像は、
「アナログ時計」と呼ばれるものです。

アナログ 意味 わかりやすく「アナログ時計」は、
切れ目なく針を動かすことによって、
時間を表します。

 

つまり、
連続する時間を、動く針のような物理的なもの
で表現している
わけですね。

 

アナログ時計は、全体を見るだけで
すぐに大まかな時間が分かります。

上の画像であれば、
「だいたい13時55分くらいだ!」
というのが一目でわかりますよね。

 

一方で、
大まかな時間は分かりますが、
正確で具体的な数値は分かりません。

そのため、
「アナログ」は、「曖昧(あいまい)さ
といった側面も含んでいます。

 

アナログ」は、元々
類比」や「類似」を意味する
analogy(アナロジー)」を由来とします。

「類比」は「比較すること」
「類似」は「似ていること」という意味です。

 

つまり、
長針と短針を比較することによって、
曖昧ながらも時間を表しているということですね。

このように、アナログの語源を調べると、
数値は正確に一致している必要はなく、
曖昧でよいということが分かるかと思います。

スポンサーリンク

デジタルとアナログの違い

デジタル アナログ 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

デジタル」=連続するものを区切って、数字や記号で表現すること。

アナログ」=連続するものを物理量として表現すること。

ということでした。

 

これらを踏まえて、
両者の違いを簡単に言うと

デジタル」=正確さ・非連続・切れ目のある・部分・理性。

アナログ」=曖昧さ・連続・切れ目のない・全体・感性。

と言うことができるでしょう。

 

「理性」と「感性」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>理性の意味をわかりやすく解説

 

基本的には、上記のような
イメージで比較できれば問題ありません。

ここからは、
さらに2つの観点から
違いを説明したいと思います。

 

一つ目は、
無機的か有機的か」ということです。

 

「無機的」と「有機的」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>有機的と無機的の意味の違いをわかりやすく解説

 

「デジタル」は、
連続する量を時間や記号によって
飛び飛びで表現します。

ここで大事なことは、
時間や記号というのは命がないということです。

 

つまり、
デジタルは機械的で無機的なもの
と言えるのです。

 

一方で、「アナログ」は
連続する量を物理的に切れ目なく表現します。

したがって、
アナログは生命感のある有機的なもの
と言えるのです。

 

2つ目は、
伝達方法の違い」です。

 

デジタルは、目に見えない情報
コンピュータ上で伝達させます。

 

最も簡単な例が、「パソコン」ですね。

「パソコン」は、「2進法」という
デジタルな記号によって動いています。

したがって、
パソコンを通して文字や写真を送信することは、
デジタルな伝達と呼べるのです。

 

一方で、アナログは
目に見える物理的な物を伝達させます。

簡単な例が、
車やバイクなどを使った宅配でしょう。

 

手紙や郵便物を配達するのは、
実際に目に見える伝達です。

したがって、
物そのものを物理的に移動することは、
アナログな伝達方法と言えるのです。

 

まとめると、

デジタル」⇒無機的。コンピュータ上で情報を伝達する

アナログ」⇒有機的。物そのものを物理的に伝達する

ということになります。

スポンサーリンク

長所・短所

長所・短所

 

「デジタル」と「アナログ」には、
どんな長所・短所があるでしょうか?

 

以下に、簡単にまとめてみました。

 長所短所
デジタル正確。データを保存しやすい。感覚的に分かりにくい。
アナログ感覚的に分かりやすい。不正確。データを保存しにくい。

わかりやすいように、
2つに分けて解説していきますね。

 

1つ目は、「正確さ」です。

 

「デジタル」は、
「アナログ」に比べてとにかく正確です。

時計の例でも説明した通り、
「デジタル」は、秒単位で
具体的な時間を表示できますからね。

これは、1分1秒を大切にする
ビジネスマンやアスリートにとっては、
大きなメリットでしょう。

 

一方で、
「正確さ」の裏にはデメリットもあります。

それは、
感覚的に分かりにくいという点です。

 

人間というのは、数字だけを見るよりも
具体的な形や絵を見たほうが、
パッとイメージしやすいです。

特に、お年寄りなどデジタル時計に慣れてない人は、
数字だけだと分かりにくく感じてしまうでしょう。

 

2つ目は、
データの保存しやすさ」です。

 

「デジタル」は、
データを保存しやすい媒体だと言えます。

なぜなら、
コンピュータ上で保存されることが
ほとんどだからですね。

 

コンピュータというのは、
基本的に数字や記号で構成されています。

したがって、
コンピュータとデジタルは相性がいいのです。

 

一方で、
アナログは物理的な概念なため、
コンピュータ上で保存することは不向きです。

仮に、アナログのデータを保存するとしたら、
わざわざデジタルに変換しないと保存できない
ということが起こってしまいます。

他にも、同じものを復元できなかったり、
データが劣化したりと様々な弊害が起こるのです。

 

これらは、
アナログの大きなデメリットと言えるでしょう。

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【デジタルの使い方】

  1. 自動車の内部には、デジタル機器がいくつも掲載されている。
  2. 画面上にある日付と時間のデジタル表示を、確認する。
  3. 文書や書類などは、全てデジタル化する時代だ。

 

【アナログの使い方】

  1. 試験会場のアナログ時計は、13時30分を示していた。
  2. 昔のテレビはアナログ放送だったが、現在は全て終了している。
  3. ノイズへの耐性はデジタル信号の方が、アナログ信号より優れている。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

デジタル」=連続するものを区切って、数字や記号で表現すること。

アナログ」=連続するものを物理量として表現すること。

両者の違いは、

デジタル」=正確さ・非連続・切れ目のある・部分・理性。

アナログ」=曖昧さ・連続・切れ目のない・全体・感性。

デジタル」⇒無機的。コンピュータ上で情報を伝達する

アナログ」⇒有機的。物そのものを物理的に伝達する

ということでしたね。

 

ぜひ正しい意味を
理解していただければと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク