この記事の所要時間: 413

棄却 却下 違い 意味 使い方

 

今回は
棄却」と「却下」の違い
を解説していきたいと思います。

 

裁判の判決などで
「棄却」と「却下」の両方が
使われていますよね。

「最高裁で棄却された」

「訴えを却下された」

どちらも同じように見えますが、
一体何が違うのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

棄却の意味

 

まずは、
「棄却」の意味です。

【棄却(ききゃく)】

①捨て去ること。捨てて取り上げないこと。

裁判所が受理した訴訟について、審理の結果、その理由がないとして請求などをしりぞけること。刑事訴訟では、手続きの無効を理由に手続きを打ち切る場合にもいう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

棄却」とは、
訴えの内容を審理した上で、退けること
を言います。

審理」=「訴えた内容の事実関係を詳しく調べること」です。

 

つまり、裁判所が詳しく調べた結果、
あなたの訴えは通りませんよ!
と判断を下すことを「棄却」と呼ぶわけですね。

 

例えば、
以下のような使い方です。

最高裁判所は、上告を棄却した。

この場合は、
「最高裁が審理した上で、原告側の訴えを退けた」
ということですね。

 

ポイントは、
裁判所がしっかりと審理する点
だと言えるでしょう。

却下の意味

 

続いて、
「却下」の意味です。

【却下(きゃっか)】

①願い出などを退けること。

裁判所・官庁などの国家機関が、訴訟上の申し立てや申請などを取り上げないで排斥すること。民事訴訟では、訴えの内容を審理しないで不適法として門前払いすることをいい、棄却と区別される。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

却下」とは、
訴えの内容を審理せずに、退けること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

最高裁判所は、原告の請求を却下した。

「却下」は、
訴えの内容を審理しない
という点がポイントです。

言い換えれば、
門前払い」ということですね。

 

訴訟というのは、
ある程度条件を満たしていないと
訴えることができません。

そのため、
手続き上に不備がある場合などは、
裁判所側は門前払いをできるのです。

 

つまり、
あなたは訴える資格すらないので、審理すらしないよ!
ということですね。

スポンサーリンク

棄却と却下の違い

棄却 却下 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

棄却」=訴えの内容を審理した上で、退けること。

却下」=訴えの内容を審理せずに、退けること。

ということでした。

 

両者の違いを一言で言うと、

退け方の違い

だと言えるでしょう。

 

どちらも「訴えを退ける」
という点は共通しています。

しかし、
「棄却」の場合は
内容を検討した上で退けます。

一方で、「却下」の場合は
内容すら検討せずに退けるのです。

 

分かりやすい例を挙げましょう。

 

A君はB君を相手に
裁判を起こそうとしました。

 

A君「僕はB君より顔が不細工だ。

  「そんなのは不公平だから訴えてやる!

 

この場合、裁判所側は
間違いなく訴えを却下します。

なぜなら、
そんなことを訴えても
裁判として成立しないからです。

裁判所は意味のないことは
してくれないわけですね。

 

一方で、
A君が以下のような裁判を
起こしたとします。

 

A君「僕はB君に顔が不細工だと侮辱された。

  「すごく傷ついたので、10万円を払え!

 

この場合、
裁判所は訴えを却下しません。

なぜなら、
B君がどのようにA君を侮辱したか?
ということを調べて判断する必要があるからです。

 

場合によっては、
名誉を棄損したので「名誉棄損罪」
という罪が成立する可能性もあります。

したがって、
安易に訴えを却下できないわけですね。

関連記事:>>許可と認可の違いとは?わかりやすく解説

 

ちなみに、これらの区別は
あくまで「民事訴訟」の場合です。

「刑事訴訟」の場合は、
そこまで厳密に両者は区別されていません。

 

一般的には、「刑事訴訟」だと
「棄却」を使うことが多いですが、
保釈や拘留時は「却下」を使うこともあります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【棄却の使い方】

  1. 適切な判断の上で訴えを拒否することを棄却と言う。
  2. 彼らは最高裁に上告したが、棄却された。
  3. 裁判所は一審の判決を支持し、控訴を棄却した。
  4. 最高裁は検察側の上告を棄却する判断を下した。
  5. 公訴棄却とは、刑事訴訟で公訴を無効にすることを言う。

 

【却下の使い方】

  1. 申し立て自体が不適切とされ、訴えは却下された。
  2. 却下は、訴訟要件すら満たしていない場合に行われる。
  3. 被告の名前を間違えて申請したため、却下された。
  4. 口頭弁論すら設けずに退けることを却下と呼ぶ。
  5. 容疑者の保釈請求を要求したが、却下された。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

棄却」=訴えの内容を審理してから、退けること。

却下」=訴えの内容を審理せずに、退けること。

ということでしたね。

 

イメージ的には、

棄却」=検討した上での拒否。

却下」=門前払い。(検討以前の問題)

と覚えておきましょう。

 

今回は、以上です!

スポンサーリンク