この記事の読了時間: 359

寄付 寄附 違い 意味 使い分け

 

今回は
寄付」と「寄附」の違いを
解説していきたいと思います。

「相手に何かを与える」という意味で
「きふ」と言いますよね。

ところが、「きふ」には
どうやら2つの漢字が使われているようです。

「被災地に寄付する」

寄附金の控除」

この2つは、一体どのように
使い分ければよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

寄付・寄附の意味

 

まず、「きふ」の意味を調べると、
次のように書かれています。

【寄付/寄附(きふ)】

金品を贈ること。特に、公共の団体や社寺などに金品などを贈ること。

出典:三省堂 大辞林

寄付・寄附」とは、
公共の団体などへ金品を贈ること」を言います。

「公共の団体」とは、
「日本赤十字社」や「日本ユニセフ協会」などですね。

これらの団体に無償でお金や財産を提供すること
「きふ」と呼んでいるのです。

よくテレビなどで、「有名人が被災地へお金を送る」
というニュースを聞くと思います。

このようなお金を渡す行為は、
まさに「きふ」と呼べるわけですね。

 

では、実際の所「寄付」と「寄附」には
どんな違いがあるのでしょうか?

多くの辞書では、両者は一つの項目として載っています。

言いかえれば、
「どちらも同じ意味」ということになるはずです。

しかし、同じ意味ならば、
わざわざ2つ載せる必要がないはずです。

その辺りの理由を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

寄付と寄附の違い・使い分け

寄付 寄附 違い

結論から言いますと、

【両者の違い】意味自体はなし

【使い分け】法令文・公用文以外は、全て「寄付」を使う。

と考えてください。

 

順を追って説明していきます。

まず、「きふ」という言葉は
元々は「寄附」と書いていました。

なぜなら、「」という字には
つく・つける・授ける」などの意味があるからです。

ところが、戦後の漢字改革で
」は難しい漢字なので撤廃するという流れが起きました。

当時の「GHQ(アメリカ)」の要求としては、
なるべく簡単な漢字にしたかったわけです。

しかし、日本側もその要求を受け入れなかったため、
お互いが妥協することになります。

その結果、法令及び公用文で次のようなルールが決まりました。

附属・寄附・附則・附帯・附置」の5つだけは
」を使い、これら以外は全て「」を使う。

上記5つの中に、
「寄附」という漢字が含まれています。

つまり、
一般的には「附」という字は使わなくして、法令・公用文での「寄附」は例外的に使う」ということが決まったのです。

 

」という字には、
わたす・あたえる」などの意味もあります。

そのため、簡単な方の「」を使うようにしたわけですね。

 

ちなみに、なぜ「附」が残されたかというと、
当時の国語審議会で日本国憲法に「附」が使われていることが判明したからです。

憲法というのは、法律よりもさらに上にある国家権力をしばるものです。

なので、「附」という字は特別に残すことになったのです。

現在でもその名残はあるため、
両者の使い分けがされているということになります。

 

まとめると、

寄付」⇒一般的な場面で幅広く使う。

寄附」⇒法令文・公用文のみ使う。

となります。

 

補足すると、新聞やテレビなどのメディアも
寄付」を使うことが多いです。

メディアというのは、漢字の混同を避ける傾向にあります。

そして、難しい漢字よりも
やさしくて簡単な漢字を好みます。

したがって、「寄付」の方を使っているわけです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を例文で確認しておきましょう。

 

【寄付の使い方】

  1. 各地を回り、1年間で100万円の寄付金を集めた。
  2. 日本ユニセス協会へ1億円の寄付を行う。
  3. 公園を設立するために、土地が寄付された。
  4. グッズの売上は、被災地に全て寄付します。

 

【寄附の使い方】

  1. 内国法人が各事業年度において支出した寄附金額のうち~。(以下略)(法人税法 第第37条1項)
  2. 雑損控除と医療費控除、寄附金控除、~(略)を行うには、まず雑損控除を行うものとする。(所得税法 第87条)
  3. 会社は、寄附金を配分団体に交付するまでの間、(~略)利子その他の収入金が生じたときは、その収入金を寄附金に充てるものとする。(お年玉付郵便葉書等に関する法律 第9条)
  4. 今年の確定申告では、所得税の寄附金控除を受ける予定です。

 

身近なケースでは、「税金」の計算をする場合に
寄附」を使うことが多いですね。

「税金」というのは複雑なため、
法律によってルールが決められています。

このように、法律が関わる法令文などに関しては、
「寄付」ではなく「寄附」を使うわけです。

関連:>>寄付と寄贈の違いとは?贈呈の意味も解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

寄付/寄附」=公共の団体などへ金品を贈ること。

【違い】意味自体に違いはない

【使い分け】法令文・公用文以外は、全て「寄付」を使う。

ということでした。

 

一般的な場面では、「寄付」を使えば全く問題ありません。

「寄附」は、
「公文書や法律文などの文書に対して使う」と覚えておきましょう。

では今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)