この記事の所要時間: 58

稼働 稼動 違い 使い分け

 

今回は
稼働」と「稼動
の違いを解説していきます。

 

「かどう」という言葉は、
「ロボットや機械に使う」という印象ですね。

ところが、
「かどう」にはどうやら
2通りの漢字が存在するようです。

「機械を稼動する」

「マシーンを稼働する」

 

上記2つの違いは、
一体どこにあるのでしょうか?

また、どちらを使えばよいのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

稼働・稼動の意味

 

「かどう」
の意味を辞書で引くと、
以下のように書かれています。

【稼働/稼動】

かせぎはたらくこと。仕事をすること。就労。

機械を運転すること。また、機械が動いて仕事をすること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

まず大前提として、
稼働/稼動」には2つ意味がある
ということを押さえておきましょう。

つまり、
漢字だけでなく
意味も2種類あるということですね。

 

1つ目は、
人が仕事をする」という意味です。

 

この場合は、
」に対して使います。

【例】

  • かどう人口が増える
  • かどう日数は10日

 

つまり、
仕事をする人数」や「人が仕事をする期間
ということですね。

 

2つ目は、
機械が仕事をする」という意味です。

 

1つ目の意味との違いは、
人ではなく「機械」に使うという点ですね。

【例】

  • 工場の設備がかどうする
  • コンピューターをかどうさせる
  • エレベーターをかどうさせる

 

このように、
稼働」と「稼動」は、両方とも
人や機械が働く」という意味を持っています。

ということは、
「どちらを使ってもいいの?」
と思う人も多いでしょう。

 

しかし、
厳密には使い分けすべき言葉となります。

 

「辞書の記述が全てではない」
ということですね。

スポンサーリンク

稼働と稼動の違い

稼働 稼動 違い 

 

では、実際にどのように
使い分ければよいのでしょうか?

 

結論から言うと、

「原則として「稼働」の方を使うべき」

と言えます。

 

まず、分かりやすいように
両者の語源を確認しておきましょう。

 

働/動」の「」は、
「(穀物などを)うえる
「(穀物などの)みのり」という意味があります。

よく間違われる人がいますが、
「稼(かせ)ぐ」という読み方は
「国訓(こくくん)」です。

「国訓」とは、
「漢字本来の意味ではなく、日本独自の読み方」
のことを言います。

 

つまり、
本来の語源としては
農業」の意味が正しいわけですね。

 

そして、
「稼」の「」は、
動く」という意味があります。

一方で、「稼」の「」は、
人偏(にんべん)」がついてるので、
人が動く」という意味があります。

 

つまり、漢字の語源的には
以下のようになるのです。

 

稼働」=が(農業で)働く場合に使う。

稼動」=機械が(農業で)働く場合に使う。

 

よって、
両者の厳密な使い分けとしては、

稼働」⇒「稼働日数」「稼働人口」など
が稼ぐために働く場合。

稼動」⇒「稼動施設」「ロボットの稼動」など
機械が働いて仕事をする場合。

となるわけですね。

 

ただし、
実際にはこの2つの使い分けを
明確にすることは難しいです。

なぜなら、
人と機械のどっちが働いているか
判断しにくい場合があるからです。

 

例えば、
以下のような場合はどうでしょうか?

「原発の再かどうを進める」

原子力発電所は、
機械と人間の両方が働くことにより、
運営されています。

この場合、どちらを使うべきか
判断に迷ってしまうでしょう。

 

したがって、
このような混同をさけるために、
新聞やテレビなどのメディアは「稼働」に統一
しているのです。

逆の言い方をすると、
「稼動」の方は一切使わない
ということですね。

 

一般的には、
メディア以外の業界も「右にならえ」で
「稼働」が多く使われる傾向にあります。

よって、一般人の場合は、
稼働」の方を使っておけば問題ない
という結論になるわけです。

 

ちなみに、
「稼働」よりもよく使う言葉で
稼働率」があります。

こちらは「可動率」と混同しやすいため、
以下の記事を確認しておきましょう。

>>稼働率と可動率の違いとは?意味を簡単に解説

 

話を戻しまして、

「原則として稼働の方を使う」

ということでしたね。

 

ただし、
「稼動」の方を使っても
必ずしも間違いというわけではありません。

 

メディアは「稼働」で統一していますが、
他の業界では「稼動」を使うこともあります。

例えば、
実際に機械だけを動かしている現場などですね。

 

この辺りは、会社の規定などに
よっても異なるようです。

もしも会社内で統一した基準があれば、
それに従うのが無難と言えるでしょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、「かどう」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 彼は、原子力発電所の稼働を止めるべきだと主張している。
  2. 新工場を稼働させることにより、売り上げアップをはかる。
  3. 今月の稼働日数が給与明細に記載されていた。
  4. エレベーターを再稼働させるために、現在点検している。
  5. コンビニには、24時間稼働のATMが置かれている。
  6. プロ野球選手の稼働日は、火曜日から日曜日までだ。
  7. 飲食店の稼働率がよくないため、上げるように工夫する。

※「飲食店の稼働率」とは、
店の席がどのくらい埋まっているかを表す指標のことです。

 

例文を見て分かる通り、
「かどう」は機械に対して使うことが多いです。

それならば、稼動の方に統一すべきでは?
と疑問に思う人も多いはずです。

 

ここからは憶測ですが、
「人が働く」場合は「労働」という言葉がすでにあります。

つまり、これに合わせて
稼働」に統一しているのだと思われます。

「労働」とは言いますが、
労動」とは言いませんからね。

関連記事:>>機械と器械の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>保守と保全の違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

稼働」=が働く場合に使う。

稼動」=機械が働く場合に使う。

上記だと混同する場合があるため、
メディアは「稼働」で統一している。

ということでしたね。

 

一般的には、
「稼働」の方が使われているため、
こちらを使うようにしましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク