この記事の読了目安: 617

付けると着ける 違い 使い分け 身に着ける 身に付ける

 

付ける」と「着ける」は、
同訓異義語として様々な場面で用いられています。

身に付ける」「身に着ける

一体どちらが正しいのか気になる所ですね。

さらに似たような言葉で「点ける」も使われています。

今回は「つける」の違いや使い分けを詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

付けるの意味

 

まずは、「付ける」の意味からです。

付ける」には、
くっつける・密着させる」などの意味があります。

【例】

  • 扉に金具を付ける
  • テープを貼り付ける
  • 顔に墨を付ける

別の言い方をするならば、
「離れないようにする」ということですね。

 

また、「(何かに)所属させる・仲間にさせる
加える・添える」などの意味もあります。

  • 秘書を付ける
  • 味方に付ける
  • 利息を付ける
  • クーラーを付ける
  • ふりがなを付ける。

 

さらに、慣用句的な言葉の一部として使うことも可能です。

  • 気を付ける
  • 目を付ける
  • 手を付ける
  • 焼き付ける
  • 付ける

このように、物理的な意味、所属や添加を表す意味、慣用句的な意味など様々な意味として使えるのが「付ける」だと考えて下さい。

なお、「付ける」は英語だと「add」と言います。

着けるの意味

 

続いて、「着ける」の意味です。

着ける」には、
身にまとう・着用する」などの意味があります。

  • 指輪を着ける
  • お守りを着ける
  • アクセサリーを着ける

これは「着衣・着用」などの熟語があることからも分かるでしょう。

 

また、「乗り物をある場所に寄せ止める」という意味もあります。

  • 船を岸に着ける
  • 車を端に着ける

 

さらに、「ある場所に位置させる・一定の所にいさせる
などの意味もあります。

  • 定位置に着ける
  • スタートラインに着ける

 

「着ける」も複数の意味として使うことができますが、
一般的には衣服やアクセサリーを身にまとう時に使うことが多いです。

したがって、
「着ける」=「着用」のイメージで考えて問題ありません。

なお、「着ける」は英語で「wear」と言います。

スポンサーリンク

付けると着けるの違い

付ける 着ける 違い

 

ここまでの内容を簡単に整理すると、

付ける」=「くっつける所属させる・加える・添える・(慣用句の一部)

着ける」=「身にまとう・寄せ止める・位置させる

ということでした。

 

両者の違いは、
2つの点から比較すると分かりやすいです。

 

1つ目は、
目に見えないモノにも使うかどうか」です。

「付ける」は、
目に見えるモノ、目に見えないモノの両方に使うことができます。

言い換えれば、広い意味を持った言葉ということです。

一方で、
「着ける」の方は原則として目に見えるモノにしか使いません。

逆の言い方をすれば、
目に見えないモノには「着ける」は使わないのです。

これはすでに説明した通り、
「着」という字の本来の意味が「衣服」「アクセサリー」
など目に見える物理的な物を対象としているからだと言えます。

 

そして2つ目は、
密着度の大きさ」です。

「付ける」は、密着度が大きい言葉だと言えます。

例えば、テープで貼り付けたり、金具で止めたりといった行為は、
モノとモノが接触して透き間がなくなることを意味します。

そのため、いざ付ける行為をした場合は、
物理的に離すことは容易ではありません。

離す時はある程度の労力を必要とします。

 

逆に、「着ける」の方は
「付ける」よりも密着度が小さい言葉だと言えます。

着ける行為というのは、一時的な接触を表すことが多いです。

例えば、衣類やアクセサリーというのは、
普段から着けたり外したりすること前提で装着するものです。

ずっと同じ服やアクセサリーを着けている人などまずいないですよね。

 

以上の事から考えると、
両者の違いは以下のように定義できることが分かります。

付ける」=目に見えるモノ・見えないモノの両方に使い、密着度が大きい。

着ける」=目に見えるモノに使い、密着度が「付ける」よりも小さい。

スポンサーリンク

身に付けると身に着けるの違い

身に付ける 身に着ける 違い 使い分け

ところで、「つける」の前に「身に」がついて
身に付ける」「身に着ける」などと言う場合があります。

この2つは、一体どのように使い分ければいいのでしょうか?

 

結論から言いますと、
どちらを使っても意味自体はほぼ同じ」です。

したがって、「明確な使い分けは存在しない」と考えて下さい。

 

元々、この言葉は「身に着ける」を使うことが一般的でした。

例えば、以下のような使い方です。

  • 知識を身に着ける。
  • 能力を身に着ける
  • 経験を身に着ける

 

これは各新聞社が、過去に決めたルールのもとでの使い分けです。

「毎日新聞」(2007年)=身に着ける。

「朝日新聞」(2005年)=身に着ける。

出典:毎日新聞・朝日新聞ハンドブック

ところが、時代が進むにつれて「身に着ける」だけではなく
「身に付ける」の方も頻繁に使われるようになりました。

これはなぜかと言いますと、2014年に発表された『学習指導要領』で、「身に付ける」の方を使っていることが判明したからです。

「学習指導要領」というのは、
教育機関のトップである文部科学省が定めているものです。

このような経緯もあり、各新聞社も以前のように
「身に着ける」のみを使うのではなく「身に付ける」の方も使うようになりました。

そのため、
現在ではどちらも使われている現状なのです。

 

個人的な見解としては、どちらで書くか迷った場合は、
ひらがなで「身につける」と書くのも一つの手段であると考えています。

仮に「衣服を身につける」「腕時計を身につける」などであれば、
迷わず「身に着ける」を使えば問題ありません。

しかし、「知識を身につける」「経験を身につける」などだと、
一気に話がややこしくなってしまいます。

 

「身に着ける」だと、全身に知識を身にまとうイメージなので理にかなっていそうですが、
「着」の本来の意味は目に見える物理的なモノを対象とするものです。

また、「付」に関しても「知識を身に付ける」だと、
必要な知識を「くっつける・付け加える」となり本来のイメージと少しずれてしまいます。

しかし、慣用句の一部としては「付ける」はよく使われているので、そういった理由から考えれば何も問題ありません。

以上の事から考えて、どちらを使っても間違いではないですし、
どちらが正解であるということもないという結論になるわけです。

スポンサーリンク

付ける・着けるの使い方・例文

 

では、最後に「つける」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【付けるの使い方】

  1. 履歴書に自分の顔写真を付ける
  2. 暑いので、クーラーを部屋に付けるようにした。
  3. あいつを味方に付けると、断然有利になるだろう。
  4. 悪知恵を付けるようなことはよしたまえ。
  5. 法外の利息を付ける貸付会社なので、信用できない。

 

【着けるの使い方】

  1. 息子に初めてのはかまを着ける
  2. 成人したので高価なアクセサリーを着けることにした。
  3. 飼い犬には首輪を着けるようにした方がいい。
  4. 車を道路の端に着けるように上手く駐車する。
  5. マラソン選手をスタート地点に着けるようにしてください。

 

なお、「点ける」という言い方もありますが、
「点ける」は電気や電灯などをつける場合に使われます。

【例】⇒部屋の電気を点ける

これは「点灯(てんとう)」
という熟語があることからも分かりやすいでしょう。

「点ける」は「付ける」や「着ける」とは
明確に異なる言葉なので注意してください。

関連:>>張ると貼るの違いとは?建築の意味も解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

付ける」=「くっつける所属させる・加える・添える

着ける」=「身にまとう・寄せ止める・位置させる

付ける」は密着度が大きく意味の広い言葉。

着ける」は密着度が小さく衣服やアクセサリーなど物理的な物に使う。

ということでした。

 

身につける」に関しては、明確な使い分けは存在しません。

したがって、「身に付ける」「身に着ける」「身につける」

いずれも使える言葉だと認識しておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)