この記事の読了目安: 833

詩 種類 形式 分類 内容 文体

 

」というのは、
いくつかの種類に分けられています。

よく聞くのが「自由詩」「定型詩」などの詩です。

ただ、詩は分類の仕方により、
それぞれ異なる名前がついているため違いが分かりにくいです。

そこで今回は、
「詩」の種類や分類の仕方について
なるべく簡単に分かりやすく解説しました。

スポンサーリンク

詩の種類や分類とは

 

まず、「詩」というのは大まかに言うと、
次の3つに分類することができます。

①「用語(ようご)」・・・文語詩・口語詩(2種類)

②「形式(けいしき)」・・「自由詩・定型詩・散文詩(3種類)

③「内容(ないよう)」・・「叙情詩・叙事詩・叙景詩(3種類)

それぞれ3つの中に個別の名前が付いた詩の名前があります。

「用語」は2種類、「形式」と「内容」は3種類です。

したがって、「詩」というのは
「2×3×3=18」で全部で18種類あるということになります。

 

つまり、18種類あるうちのどの詩に当てはまるかを
頭の中で理解するのが重要となってくるということです。

例えば、「用語」が「口語詩」で「形式」が「自由詩」、
「内容」が「叙情詩」であれば、その詩は「口語自由詩の叙情詩」となります。

では、大まかな分類が分かった所で
それぞれの詳細をみていきましょう。

スポンサーリンク

詩の用語上の種類

詩 用語 種類

文語詩とは

 

「詩」は用語上、
文語詩(ぶんごし)」と「自由詩(じゆうし)」に分けることができます。

文語詩」とは「文語体で書かれた詩」を意味し、
簡単に言うと「昔使われていた文体で書かれた詩」のことです。

例えば、下記の詩は宮沢賢治(1869年~1933年)の作品ですが、
「文語詩」に当てはまります。

いたつきてゆめみなやみし、(冬なりき)誰ともしらず、

そのかみの高麗の軍楽、 うち鼓して過ぎれるありき。

その線の工事了りて、 あるものはみちにさらばひ、

あるものは火をはなつてふ、 かくてまた冬はきたりぬ。

出典:『いたつきてゆめみなやみし(宮沢賢治)』

見て分かるように、
私たちが普段使っているような文体ではありません。

文の終わりである語尾が「し」「き」「ふ」「ぬ」など、
古語(昔の文体)によって記されています。

このように、今現在使われていない文体で書かれた詩を
「文語詩」と言うのです。

口語詩とは

 

一方で、「口語詩」とは、
口語体で書かれた詩」のことを意味します。

「口語体」とは現在使われている話し言葉のことです。

つまり、私たちが普段から
使っている言葉により書かれた詩を「口語詩」と言うのです。

以下、「口語詩」の例となります。

私が両手をひろげても、

お空はちっとも飛べないが

飛べる小鳥は私のやうに、

地面を速くは走れない。

私がからだをゆすっても、

きれいな音は出ないけど、

あの鳴る鈴は私のやうに

たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、

みんなちがって、みんないい。

出典:『私と小鳥と鈴と』(金子みすゞ)

「口語詩」は、先ほどの「文語詩」のように
語尾が「し」「き」「ふ」「ぬ」などになっていることはありません。

普段から使われている「い」「よ」のような自然な語尾となっています。

このように、現在使われている話し言葉に基づく文章で書かれた詩を
「口語詩」と呼ぶのです。

スポンサーリンク

詩の形式上の種類

詩 種類 形式上

 

次に、「形式上」の種類です。

「詩」は「自由詩(じゆうし)」「定型詩(ていけいし)
散文詩(さんぶんし)」の3つの形式に分けることができます。

自由詩とは

 

自由詩」とは、
音数に一定の形がない詩」のことです。

別の言い方をすれば、
特定のリズムを持っていない詩」と考えれば分かりやすいでしょう。

例えば、以下のような詩は「自由詩」だと言えます。

誰にもいわずにおきましょう。

朝のお庭のすみっこで、
花がほろりと泣いたこと。

もしも噂がひろがって
蜂のお耳にはいったら、…

わるいことでもしたように
蜜をかえしに行くでしょう。

出典:『露』(金子みすゞ)

上記の詩は、特定のリズムや音数があるというわけでなく、
自由な音数で書かれています。

そのため、「自由に書かれている」という意味で、
「自由詩」と呼んでいるのです。

なお、現在の日本の詩の多くがこの「自由詩」に当てはまります。

定型詩とは

 

定型詩」とは、
音数に一定の形を持つ詩」のことです。

分かりやすい例としては、
「短歌」や「俳句」が挙げられるでしょう。

「短歌」や「俳句」は詩の一部であり、
さらに「定型詩」の中に含まれます。

【短歌の例】

ひむがしの 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ

読み方:ひむがしの のにかぎろひの たつみえて かへりみすれば つきかたぶきぬ

作者:柿本人麻呂

【俳句の例】

菜の花や 月は東に 日は西に

読み方:なのはなや つきはひがしに ひはにしに

作者:与謝蕪村

短歌は「五・七・五・七・七」の31文字から成り、
俳句は「五・七・五」の17文字から成るという特徴があります。

どちらの詩も一定のリズムをとって形成されています。

このように、一定の形式を持つ詩のことを
「定型詩」と言うのです。

その他、五音と七音を繰り返す「五七調」や、
七音と五音を繰り返す「七五調」なども「定型詩」に含まれます。

「定型詩」は音数やリズムを持つので、
自由詩」の反対語だと考えて下さい。

スポンサーリンク

散文詩とは

 

散文詩」とは、
散文形式で書かれた詩」のことを言います。

「散文」とは「普通の文章」を意味し、
今ここに書かれている文章も「散文」だと言えます。

「散文」は、短い語句によって書かれ、
すぐには改行しないのが特徴です。

【散文詩の例】

電車と機関車と衝突(しょうとつ)した。噛(か)み合ったまま庭の築山(つきやま)をころがってゆき、電車は池におっこちた。機関車は躑躅(つつじ)の根で止まって、ちょっとの間、ゼンマイのから音をたてていた。

出典:『兄弟』(丸山薫)

見て分かるように、ほぼ普通の文章と
変わらないということが分かるかと思います。

つまり、見かけは普通の文章と変わりませんが、
実際は詩であるようなものを「散文詩」と言うのです。

関連:>>定型詩と自由詩と散文詩の違いとは?例を使い簡単に解説

詩の内容上の種類

詩 内容 種類

 

最後は、「内容上の種類」です。

「詩」は、その内容つまり中身によって
叙情詩(じょじょうし)」「叙事詩(じょじし)」「叙景詩(じょけいし)」の3つに分けることができます。

スポンサーリンク

叙情詩とは

 

叙情詩」とは、
作者の感情や心情、思いなどが込められた詩」のことです。

「叙情」の「」は「のべる」という意味を表し、
」は「感情」などの言葉があるように「心の中の気持ち」を表します。

したがって、詩を書いた作者自身の気持ちを述べたような作品を
「叙情詩」と言うのです。

【叙情詩の例】

東海の 小島の磯の 白砂に
われ泣きぬれて 蟹とたはむる

(読み方:とうかいの こじまのいその しらすなに われなきぬれて かにとたわむる)

出典:『我を愛する歌』(石川啄木)

上記の作品は、石川啄木の『我を愛する歌』という「叙情詩」です。

「泣きぬれて~たはむる」という表現には、
青春の甘酸っぱさや作者の感傷的な思いが伝わってきます。

また、「我を愛する歌」と題されているように、
自分自身に対する陶酔感が込められています。

このような、作者の思いやメッセージが込められた作品が、
「叙情詩」の大きな特徴です。

「叙情詩」の有名な詩人としては、
他に「三好達治」「中原中也」「高村光太郎」などが挙げられます。

叙事詩とは

 

叙事詩」とは、
歴史上の人物や出来事などを書いた詩」のことです。

主に神話や事件、伝説、英雄の事跡などをテーマとしたものが多く、その中には作者の心情のようなものは含まれません。

現存する世界最古の叙事詩は『ギルガメシュ叙事詩』ですが、古代においては『イリアス』や『オデュッセイア』『労働と日々』が有名です。

また中世においては、
『ベーオウルフ』『ニーベルンゲンの歌』『ローランの歌』などもあります。

 

日本では、古来から『古事記』や『日本書紀』『万葉集』、『平家物語』などが叙事詩の性質を持っていますが、これらを韻文とする学説は定まっていません。

関連:>>韻文と散文の意味の違いをわかりやすく解説

そのため、日本には元々「叙事詩」は存在しなかったという説もあります。

いずれにしろ、「叙事詩」に近い性質を持つ作品は
歴史の流れの中でほぼすべてが小説へと変わっていきました。

そのため、現代ではほとんど見ることがない詩が
「叙事詩」だと考えて問題ありません。

スポンサーリンク

叙景詩とは

 

叙景詩」とは、
自然の風景などを写生的・客観的に描写した詩」のことです。

「写生的(しゃせいてき)」とは、
「ありのまま」「そのまま」という意味です。

すなわち、自然の風景をありのままに描いた詩を
「叙景詩」と呼ぶのです。

「叙景詩」は、主に山や川・海・空・雲などの風景を描くことが多く、作者の心情は含みません。

また、仮に風景を表す言葉が出てきたとしても、
必ずしも「叙景詩」になるというわけでもありません。

【例】

あんず咲く さびしきいなか

川ぞいや 家おちこち

入り日さし 人げもなくて

麦畑に ねむる牛あり

出典:『水彩風景』(佐藤春夫)

上記の詩は、「川」という自然の風景が書かれていますが、
さびしき」という作者の心情も含まれています。

つまり、「のどかな田舎に流れる川」という意味では「叙景詩」ですが、「人がいなくて物寂しい」という意味では「叙情詩」とも言えるのです。

 

一般には、作者の心情が含まれた時点で、
それは「叙情詩」に分類されることが多いですが、必ずしもそうとは限りません。

詩の内容によっては、明確に分けることができないという場合もあります。

このように、一種の曖昧な定義を持った言葉が「叙景詩」だと考えて下さい。

※「叙景詩」については、以下の記事で詳しく解説しています。

関連:>>叙事詩と叙情詩と叙景詩の違いとは?意味や例を簡単に解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると下記のようになります。

【詩の種類・分類】

①「用語(ようご)」・・・「文語詩・口語詩(2種類)

文語詩」=文語体で書かれた詩。

口語詩」=口語体で書かれた詩。

②「形式(けいしき)」・・「自由詩・定型詩・散文詩(3種類)

自由詩」=音数に一定の形がない詩

定型詩」=音数に一定の形を持つ詩

散文詩」=散文形式で書かれた詩

③「内容(ないよう)」・・「叙情詩・叙事詩・叙景詩(3種類)

叙情詩」=作者の感情や心情、思いなどが込められた詩

叙事詩」=歴史上の人物や出来事などを書いた詩

叙景詩」=自然の風景などを写生的・客観的に描写した詩

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)