この記事の所要時間: 545

ジレンマ 意味 使い方 例文 葛藤 違い

 

今回は、
「ジレンマ」の意味を
解説していきたいと思います。

 

「ジレンマ」という言葉は、
何となく聞いたことがある印象ですね。

ジレンマにおちいる」

ジレンマを抱える」

この言葉は、
一体どのように使えばよいのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

ジレンマの意味・使い方

 

「ジレンマ」
の意味を調べると、
次のように書かれています。

【ジレンマ】

自分の思い通りにしたい二つの事柄のうち、一方を思い通りにすると他の一方が必然的に不都合な結果になるという苦しい立場。板ばさみ。

② 〘論〙 三段論法の一。二つの仮言的判断からなる大前提と、その判断を選言的に肯定もしくは否定する小前提から、結論を導き出すもの。両刀論法。

出典:三省堂 大辞林

ジレンマ」とは、
どちらもデメリットを持っているので、選択に苦しむ状態のこと
だと思ってください。

一言で、
板ばさみ」と覚えてもよいでしょう。

 

「ジレンマ」の意味は、
具体例を出すと分かりやすいです。

 

A君は、ジャングルで
道に迷ってしまいました。

すると、
前方には血に飢えた「トラ」が、
後方には凶暴な「オオカミ」が現れました。

この場合、前に進んでも後ろに進んでも、
どちらにしても襲われてしまうでしょう。

 

このような時、
「A君はジレンマにおちいった」と言うのです。

 

もう一つ例を挙げます。

 

Bさんは家庭を持っている父親です。

ある日、「奥さん」から

「もう少し仕事を減らして子供と遊んでほしい」

と言われました。

 

一方で、会社の「上司」からは

「今は大事な時期なので、もっと働いてほしい」

と言われました。

 

Bさんは、
「仕事」を取るか「休み」を取るかの
二者択一に追い込まれました。

「仕事」を選択すれば奥さんとの関係が、
「休み」を選択すれば上司との関係が悪化します。

 

このような状況は、まさに
「Bさんはジレンマを抱えている」と言えるのです。

 

何となくイメージできましたか?

つまり、
二者択一の状況でどっちを選んでも苦痛が待っている状態」を
「ジレンマ」と言うわけですね。

 

元々この言葉は、
ギリシャ語の「dilemma」からきました。

ギリシャ語では、
di」は「2つ」「lemma」は「課題・問題
などを意味します。

 

つまり、
ジレンマ」を直訳すると、
問題が2つあること」となります。

転じて、
「2つの問題に苦しむこと」
という意味になったわけですね。

 

ちなみに、
選択肢が3つある場合は
トリレンマ」とも呼びます。

2つでも大変なのに、
3つ問題が絡み合う場合もあるということですね。

スポンサーリンク

論理学としてのジレンマ

ジレンマ 論理学 

 

「ジレンマ」には
もう一つ意味があります。

それは、
「論理学としてのジレンマ」です。

 

最初の辞書の説明だと、
二つの仮言的判断からなる大前提と、その判断を選言的に肯定もしくは否定する小前提から、結論を導き出すもの。
と書かれていますね。

とても難しい記述なため、
簡単な例を出したいと思います。

 

A=「前にトラがいるが、進む」

B=「後ろにオオカミがいるが、戻る」

C=「襲われる」

 

A~Cを上のように定義すると、
以下のような論理が成立します。

  1. 「AまたはBである」
  2. 「AならばCである」「BならばCである」
  3. 「よって、Cである」

このような結論を出す方法が、
論理学としてのジレンマだと思ってください。

 

論理学では、
AとBのどちらであってもCが導かれる
ことを「ジレンマ」と言います。

難しい言い方だと、
両刀論法(りょうとうろんぽう)
とも言いますね。

 

「両刀論法」は、
議論の相手を困らせる論法としてよく使われます。

ややこしくて分からないという人は、
単に「2つの仮定から同じ結論が導かれる
と覚えてもらっても結構です。

実際には、
ジレンマは「板ばさみ」の意味で使うことが多いですが、
論理学としての意味も覚えておきましょう。

スポンサーリンク

ジレンマと葛藤の違い

 

「ジレンマ」と間違えやすい言葉として
葛藤」があります。

「葛藤」の意味も
押さえておきましょう。

【葛藤(かっとう)】

① 人と人とが譲ることなく対立すること。争い。もつれ。

心の中に相反する欲求が同時に起こり、そのどちらを選ぶか迷うこと。コンフリクト。

③ 禅宗で、解きがたい語句・公案、また問答工夫の意。

出典:三省堂 大辞林

多くの人が間違えやすいのは、
②の意味ではないでしょうか?

確かに、
「ジレンマ」とよく似ていますね。

 

まず、「葛藤」とは、
「葛(かずら)」や「藤(ふじ)の蔓(つる)」がもつれて、
絡み合うさまを表した言葉です。

簡単に言うと、
植物が複雑に絡み合っている様子
からできた言葉ということですね。

 

つまり、
「葛藤」には「2つの事柄のあいだで」
という取り決めは特にない
ということです。

「葛藤」は、
「2つまたはそれ以上の欲求や意向が相反し、1つに定まらない状態」
を指します。

 

したがって、
「葛藤」は「ジレンマ」や「トリレンマ」の意味も含んだ
広い意味の言葉なのです。

 

さらに付け加えると、

「葛藤」は、
自分の心の中であれこれと悩む
複雑な心理状態を指しています。

一方で、「ジレンマ」は
「葛藤」を生み出す原因となっている問題
そのものを指しています。

 

つまり、前後関係としては、
ジレンマに陥った後、葛藤する」のです。

「ジレンマに悩んだり苦しんだりしている状態が葛藤」
とも言えるでしょう。

 

ちなみに、
「ジレンマ」や「葛藤」とよく似た言葉で
アンビバレンス」があります。

「アンビバレンス」の意味は、
以下の記事を確認してください。

関連記事:>>アンビバレンスの意味とは?使い方や例文も解説

スポンサーリンク

ジレンマの例文

 

最後に、実際の例文を見て、
「ジレンマ」の意味を確認しておきましょう。

 

  1. 仕事と家庭のどちらを選ぶか、彼はジレンマに陥ってしまった。
  2. お金と時間のどちらを選んでも、私にとってはジレンマである。
  3. 本当のことを話しても話さなくても、僕は処罰される。まさに、ジレンマだ。
  4. 彼女は、生きるか死ぬかという究極のジレンマを抱えていた。
  5. 「ヤマアラシのジレンマ」という話は、とても教訓になる。

 

※「ヤマアラシのジレンマ」とは、
精神科医のフロイトが考えた話です。

「寒さの中、二匹のヤマアラシが体を温め合うためにくっついても、お互いの針が相手に刺さってしまう。しかし、離れると寒いので、お互いに傷つかずに寒くもない距離を見つける。」

というお話です。

これは人間関係にも言えることで、
「お互いの程良い距離感が大事」
ということですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

ジレンマ」=どちらもデメリットを持っているので、選択に苦しむ状態。

葛藤」=心の中に相反する欲求が起こり、どれを選ぶか迷うこと。

ジレンマに陥った後、葛藤する

ということでしたね。

 

今まで何となく理解してた人も
イメージがつかめたのではないでしょうか?

これを機会に
「ジレンマ」という言葉を
積極的に使えるようにしましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク