この記事の読了時間: 512

熟読とは 意味 使い方 類義語 対 敬語 ビジネス

 

熟読」という言葉は普段からよく使われていますね。

ただ、この言葉の具体的な使い方や
言い換えを知らない人は意外と多いかと思います。

特にビジネスでの使い方は迷う人も多いでしょう。

そこで今回は、
「熟読」の意味や使い方・類語・反対語
などを詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

熟読の意味・読み方

 

まずは、基本的な意味と読み方からです。

【熟読(じゅくどく)】

文章をよく味わいながら読むこと。十分に内容を読み取ること。

出典:三省堂 大辞林

熟読」とは、簡単に言うと
文章をじっくりと読むこと」を意味します。

例えば、「教科書を熟読する」であれば、
「1ページ目から最後のページまでじっくり読むこと」

「資料を熟読する」であれば、
「書かれている内容をじっくりと最後まで読みこむ」
といった意味になります。

このように、
与えられた文章を十分に読みこむこと」を
「熟読」と言うわけですね。

 

そもそも、「熟読」の「」という字は、
「熟睡」「熟成」「完熟」などがあるように、
完全・十分な状態に達する」という意味があります。

なので、中途半端に読むのではなく、
しっかりとちゃんと読むような場合に「熟読」を使うわけです。

熟読をビジネスで使う場合

 

「熟読」をビジネスで使う場合は、
敬語(丁寧語)」として用いるのが一般的です。

具体的に言うと、上司や取引先の関係者に対して
文書をじっくりと読んでもらいたい場合などですね。

この場合は単に「ご熟読ください」と言うのではなく、
ご査収ください」「ご一読ください」などに言い換えるのがよいです。

【ご査収(さしゅう)の使い方】

明日の資料を提出いたしますので、
ご査収くださいますようお願い申し上げます。

【ご一読(いちどく)の使い方】

今回の資料の改善点をまとめましたので、
ご一読の程お願い申し上げます。

「ご査収」とは、「査してめる」すなわち
内容をよく確認してから受け取る」という意味です。

これは「熟読」の敬語表現としてよく使われる言葉です。

また、「ご一読」の方は、
「一度読む」すなわち「さっと読むこと」を表します。

こちらは「熟読」の意味とは少し異なりますが、
相手に対してさっと文書を確認してもらいたい時に使えます。

ただ、実際にはちゃんと読んでほしい文書に対しても
謙遜の意味を込めて使う場合があります。

 

いずれにせよ、上司や取引先に文書を読んでもらう場合は、
熟読ではなく「ご査収」か「ご一読」を使うのが一般的です。

どちらも相手に敬意を表した表現なので、
状況に応じてうまく使い分けるようにしましょう。

熟読の類義語・言い換え

熟読 類義語 言い換え 対義語

 

続いて、「熟読」の「類義語」を紹介します。

【精読(せいどく)】

細かい所まで丁寧に読むこと。

【味読(みどく)】

味わいながら読むこと。

【耽読(たんどく)】

夢中になって読むこと。読みふけること。

【判読(はんどく)】

判断・推察などをしながら読むこと。

【玩読(がんどく)】

じっくり味わいながら読むこと。※昔の小説などで使われる表現。

以上、5つの類語を紹介しました。

基本的には、
じっくり読むこと・味わいながら読むこと
といった意味の言葉が「類語」となりますね。

それぞれ微妙に意味が異なりますが、
精読」はほぼ同じ意味の言葉です。

なので、「熟読」と「精読」は
同義語」と言ってよいでしょう。

 

ちなみに、「四字熟語」だと
熟読玩味(じゅくどくがんみ)」という類語があります。

熟読玩味」とは、
詩文をよく読み、その意味を十分に味わうこと」という意味です。

普通の文章にも使えますが、
詩文に使うことが多いという点が違いとして挙げられます。

熟読の対義語・反対語

 

では逆に、「対義語」としては何が挙げられるでしょうか?

こちらも代表的なものを紹介します。

【通読(つうどく)】

初めから終わりまで一通り読み通すこと。

【流し読みする】

要点だけをつかんてさっと読むこと。

「通読」とは、「全体をしてむこと」を意味します。

主に文章の全体像を大まかに把握するような時に使います。

また、「流し読み」とは、
文字通り「流して読むこと」です。

「反対語」の場合は基本的に
「文章全体をさっと読むような行為」をイメージするとよいでしょう。

熟読の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「熟読」は英語だと次の2つの言い方があります。

 

①「careful reading(注意深い読み)」

②「read thoroughly(徹底的に読む)」

 

①の「careful」は「注意深い」という形容詞、
「reading」は「読書・読むこと」などを表す名詞です。

また、②の「thoroughly」は「徹底的に」という副詞です。

動詞の「read」と合わせて使うことで
「徹底的に読む」=「熟読」と訳せます。

 

例文だと、それぞれ以下のような言い方です。

The paper is worth careful reading.(その論文は熟読に値する。)

You should read this book thoroughly.(あなたはその本を熟読すべきだ。)

熟読の使い方・例文

 

では、最後に「熟読」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 渡された資料をちゃんと熟読しておくように。
  2. 来週はテストがあるので、教科書を熟読しておこう。
  3. この小説は名作と聞いたので、熟読している。
  4. 生徒が提出した詩文を熟読玩味している段階だ。
  5. 新聞を熟読するのが彼の一番の楽しみである。
  6. 一生涯で一度は熟読玩味すべき古典文学です。

 

上記のように、「熟読」という言葉は
教科書・新聞・小説・資料・詩文」など
あらゆる書物に対して使うことができます。

したがって、
非常に使いやすく汎用性がある言葉だと言えるでしょう。

もちろん、日常生活だけではなく
ビジネスに対して使うこともできます。

ただし、
ビジネスでは前述した通り「熟読」を使うのではなく
「ご一読」「ご査収」を使うようにしてください。

関連:>>通読の意味とは?精読との違いや類語・英語を解説

関連:>>閲読の意味とは?使い方や類義語・閲覧との違いも解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

熟読」=「文章をじっくりと読むこと

敬語」=「ご熟読」ではなく「ご査収」「ご一読」を使う。

類語」=「精読・味読・耽読・判読・玩読・熟読玩味」

英語」=「careful reading」「read thoroughly」

ということでした。

 

「読む」という意味を表す言葉は数多くあります。

その中でも「熟読」はよく使われる表現なので、
この機会にぜひ覚えておきましょう。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)