この記事の読了時間: 519

通読 意味 精読 違い 類語 英語 使い方

 

通読」という言葉は普段からよく聞きますね。

「教科書を通読する」「通読トレーニング」

さらに似たような言葉で、
精読」も使われています。

これらの言葉は、
一体どう使い分ければいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

通読の意味・読み方

 

まずは「通読」の意味からです。

【通読(つうどく)】

始めから終わりまで読み通すこと。また、ひととおり目を通すこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

通読」とは、
初めから終わりまで読み通すこと」を言います。

例えば、教科書であれば、
1ページ目から最後のページまで読むこと、

会議の資料などであれば、
事前に一通りの内容に目を通すことを意味します。

このように、
文章や資料などを最初から最後まで読むこと」を
「通読」と言うわけですね。

 

そもそも、「通読」は「してむ」と書きます。

なので、全体を通して最後まで読み通すような時に、
この言葉を使うわけです。

精読の意味・読み方

 

続いて、「精読」の意味です。

【精読(せいどく)】

細かいところまで、ていねいに読むこと。熟読。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

精読」とは、
細かい所まで丁寧に読むこと」を言います。

例えば、歴史の教科書であれば、
「1192年に何があったか?」「織田信長は何をしたか?」
など細かい所まで暗記して丁寧に読むイメージです。

また、会議の資料であれば、
「今月は1万台の受注を増やす」
「物販の手配を18時までに進める」など
こちらも細かい所まで目を通すようなイメージです。

このように、
細部までしっかりと読むことを「精読」と言うわけですね。

 

「精読」の語源も確認しておくと、
「精」は「精巧」「丹精」などがあるように、
対象に対して心を込める」という意味があります。

したがって、
心を込めてしっかりと文章を読むような時に
「精読」を使うのです。

通読と精読の違い

通読 精読 違い 使い分け

 

ここまでの内容を整理すると、

通読」=「初めから終わりまで読み通すこと

精読」=「細かい所まで丁寧に読むこと

ということでした。

 

両者の違いを簡潔に言うと、
読む目的」だと言えるでしょう。

 

まず「通読」の方は「全体を通して読むこと」でした。

したがって、「通読」は
あくまで全体像を把握するために読むのです。

この時に、細かい枝葉の部分を特に覚える必要はありません。

とりあえずは、大まかな内容を理解できれば問題ないのです。

 

一方で、
精読」の方は「細かく丁寧に読むこと」でした。

したがって、こちらは
文章自体を完璧に理解するために読むのです。

この時に、流し読みするということは決して許されません。

一文一文を注意して読み、後から「何が書いてあったか?」を
他人に説明できるレベルでないといけないのです。

 

まとめると、

通読」=全体像を理解するために行う。(理解度は7~8割程度でよい)

精読」=完璧に理解するために行う。(理解度100%が求められる)

となります。

類義語・対義語

 

続いて、両者の
「類語」と「対義語」を確認しておきましょう。

 

【通読の類語】⇒「一読・目を通す・流し読み

【通読の対義語】⇒「精読・熟読・味読・耽読(たんどく)

 

【精読の類語】⇒「熟読・味読・耽読(たんどく)

【精読の対義語】⇒「通読・一読・目を通す・流し読み

 

見て分かるように、お互いの言葉同士が反対語となっています。

補足すると、「味読(みどく)」とは、
「文章を味わいながらよく読むこと」

耽読(たんどく)」とは、
「書物を夢中になって読むこと」を意味します。

どちらも「精読」とは多少異なりますが、
「文章をしっかりと読む」という点は共通していますね。

 

基本的なイメージとしては、
「通読」は「流し読みする」「精読」は「熟読する」
と覚えるのが一番分かりやすいかと思います。

通読と精読の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「通読」と「精読」は
英語だと次のように言います。

 

through reading(通読)」

careful reading(精読)」

 

「through」には、
「~を通って・通り過ぎて」などの訳があります。

したがってこの場合は、
「(全体を)通して読むこと」と考えるとよいでしょう。

また、「careful」には「注意深い・入念な」などの意味があるので、
こちらは「注意深く読むこと」と考えれば分かりやすいです。

 

例文だと、それぞれ以下のような言い方をします。

You should get through with reading the book till tomorrow.
(明日までにその本を通読しておくように。)

This book is worth careful reading.(この本は精読に値するね。)

使い方・例文

 

では、最後に両者の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【通読の使い方】

  1. 英語の辞書をとりあえず精読する。
  2. キリスト教を知るために、聖書の通読を行う。
  3. Toeicの勉強は、「まずは通読すること」が重要だ。
  4. 通読と音読を合わせて行うと効果的と言われている。
  5. ブログの本文が長そうなので、とりあえず通読しよう。
  6. 通読のトレーニングを積み、1回であらすじを理解できるようになった。

 

【精読の使い方】

  1. 東大生から精読の極意を教えてもらった。
  2. 精読力をつけられる英語の参考書を購入する。
  3. 精読のやり方を英語の教材を通して学ぶ。
  4. 英語では長文問題を精読できるかが、合格の鍵だ。
  5. 分厚い国語辞典を精読するなんてあいつはすごいな。
  6. 精読のコツを英語の先生から教えてもらう。

 

「通読」と「精読」は、
どちらも幅広い文章に対して使うことができます。

ただ、実際の用例としては英語に対して使うことが多いですね。

 

特に受験英語などでは、
「通読」と「精読」はどちらも重要な概念です。

「通読」は全体をさっと読んで目を通すような時、
一方で「精読」はじっくりと隅々まで読むような時に求められます。

どちらか一方が欠けても意味がありません。

最終的には、どちらの能力も等しく要求されると考えてください。

関連:>>理論と論理の違いとは?意味をわかりやすく解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

通読」=初めから終わりまで読み通すこと(全体像を把握するため)

精読」=細かい所まで丁寧に読むこと(完璧に理解するため)

類語」⇒「一読・目を通す・流し読み」「熟読・味読・耽読

英語」=「through reading(通読)」「careful reading(精読)」

ということでした。

 

どちらも語学を学ぶ上で必ず出てくる言葉です。

この記事によって、
正しく使い分けできるようにしておきましょう。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)