この記事の読了時間: 517

試行錯誤 意味使い方 類語 英語 例文

 

前例のないことを成し遂げるのは、
決して簡単ではありません。

人間は試すことによって成長してきました。

私たちが物事を成功に導く上で、
試行錯誤」はとても大切なことの一つです。

 

今回は、有名な四字熟語である
「試行錯誤」について解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

試行錯誤の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【試行錯誤(しこうさくご)】

新しい物事をするとき、試みと失敗を繰り返しながら次第に見通しを立てて、解決策や適切な方法を見いだしていくこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

試行錯誤」とは、
新しい問題に対して、あれこれ試しながら解決策を見つけていくこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

今回の実験の成功は、試行錯誤の結果です。前例のないことなので、色々な可能性を試しました。

「前例がない」とは、
ゼロからのスタートを意味します。

科学の実験を何も失敗することなく成功させるのは、
とても難しいことですよね。

色々な可能性を試し、失敗を繰り返しながら
ようやく実験を成功させたということが伝わってきます。

 

このように、
失敗や成功を繰り返しながら、少しずつ解決へと近づいていく様子」を「試行錯誤」と言うのです。

試行錯誤の語源

 

次に、「試行錯誤」の「語源」を見ていきましょう。

 

試行」は、漢字の通り
しにうこと」を表しています。

一方で、
錯誤」の「錯」と「誤」は、
どちらも「誤り・間違い」という意味です。

 

合わせることで、

試行錯誤」=試して、間違える。

となりますね。

 

ですが、「試行錯誤」の意味は、
「あれこれ試しながら、解決策を見つけていくこと」
だと説明しました。

「解決策を見つけていく」という、
漢字の意味にはない内容が含まれているのはなぜでしょうか?

 

それは、
試みと失敗を繰り返していると、偶然にも成功することがある
ということを踏まえているからです。

「成功」とは、すなわち「解決すること」です。

 

そのため、

試行錯誤」=「試み、失敗を繰り返して解決策を見つけていくこと

という意味になるわけですね。

 

新しい問題に直面した時、
打開する方法を見つけるのはとても大変なことです。

その上、試したことが
必ずしもうまくいくとも限りません。

しかし、失敗があったからこそ、
また次の方法を試すことができるのです。

スポンサーリンク

試行錯誤の類語

試行錯誤 類語

続いて、
「試行錯誤」の「類語」を紹介します。

【暗中模索(あんちゅうもさく)】

手がかりがないまま、あれこれ試すこと。

「模索」とは、「あれこれ手探りで探すこと」を意味します。

【悪戦苦闘(あくせんくとう)】

強敵を相手に苦しい戦いをすること。困難な状況で苦しみながら努力すること。

「悪戦」は「不利な戦い」

「苦闘」は「苦しみながら必死に戦うこと」です。

【臥薪嘗胆(がしんしょうたん)】

目的の達成のために苦労し努力すること。

「敗戦の悔しさをバネに、苦労に耐え努力する」
という意味を持つ中国の故事です。

【粒粒辛苦(りゅうりゅうしんく)】

物事を成し遂げるために、努力や苦労を積み重ねること。

「粒粒」は「穀物の一粒一粒」

「辛苦」は「農民の苦労」を意味します。

4つの中では、
「暗中模索」が一番近い意味と言えますね。

四字熟語で全くの同義語となるものはありません。

多くは、「物事に挑戦する」
「乗り越えようと努力する」などの意味で、
類語と言えるでしょう。

 

ちなみに、
「試行」を「思考」と書くのは間違いです。

成功のために思いや考えをめぐらせることから、
「思考」をイメージしてしまいがちだと思います。

しかし、実際は正しくありませんので
気をつけてください。

試行錯誤の英語

 

続いて、英語訳です。

「試行錯誤」は、
「英語」だと次のように言います。

 

trial and error(試みと間違い)」

learn from a mistake(失敗から学ぶ)」

 

例文だと、
以下のような言い方ですね。

It is a process of trial and error.(それは試行錯誤の繰り返しです。)

We must learn from mistake.(私たちは、失敗から学ばなければならない。)

 

「trial and error」は、日本語の会話の中で

「try and error」と誤って使われることがよくあります。

 

「トライアンドエラーで頑張ろう!」
という言い方に聞き覚えがある方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、「try and error」は和製英語です。

英語の表現としては間違っている
ということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

試行錯誤の使い方・例文

 

最後に、「試行錯誤」の使い方を
例文で紹介しておきます。

 

  1. 新商品は、試行錯誤の末に完成した自信作です。
  2. 長い間、試行錯誤を繰り返したが、良い結果を得ることができなかった。
  3. 難しい研究なので、チームみんなで試行錯誤を重ねることが大切だ。
  4. 手ごわい相手でも、試行錯誤を繰り返すことで勝利への道が見えてくる。
  5. 現在のシステムは、開発者の試行錯誤のたまものである。
  6. 今は失敗ばかりで、試行錯誤しながら少しずつ答えを見つけていこう。

 

例文をみると、
何かとても大きなことを成し遂げる時に
使うような印象を受けますね。

確かに、仕事や研究などの場面で
使われることは多いと思います。

しかし、私たちは普段から意外と色々なことを
「試行錯誤」しながら生活しているものです。

 

最も身近な例で言うと「ゲーム」が当てはまります。

ゲームの種類は多くありますが、
例えば、RPGなどはまさに試行錯誤の世界です。

主人公を強くしたり、仲間や武器を増やしたり、
あらゆる方法を試し、失敗しながらもクリアを目指す。

まさしく、「試行錯誤」ですよね?

 

他にも、「就職活動・恋愛・子育て」など、
私たちが目的に近づくために「試行錯誤」する場面は多くあります。

「試行錯誤」は、
仕事に限った使い方だけではない
ということが分かりましたね。

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

試行錯誤」=新しい問題に対して、あれこれ試しながら解決策を見つけていくこと。

語源」==試して間違えることで、解決策を見い出すことから。

類語」=「暗中模索・悪戦苦闘・臥薪嘗胆・粒粒辛苦」など。

英語」=「trial and error」「learn from a mistake」

 

できることなら、
苦労や失敗はしたくないものです。

しかし、
「試行錯誤」して困難を乗り越えるからこそ、
私たちは成長した自分になれると言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク