この記事の読了目安: 353

温和 穏和 違い 意味 使い分け

 

「おんわ」という言葉は、2つの漢字が使われています。

「温和な気候だ」「あの人は穏和だ」

この2つには、一体どんな違いがあるのでしょうか?今回は「温和」と「穏和」の使い分けについて解説しました。

スポンサーリンク

温和・穏和の意味

 

まず、「おんわ」の意味を辞書で引くと次のように書かれています。

【温和/穏和】

①(温和)気候が暖かで、厳しい変化のないこと。また、そのさま。

性質などが、落ち着いていて、優しく穏やかなこと。また、そのさま。

物事が、かど立たず人に受け入れられやすいこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「おんわ」には、全部で3つの意味があります。

1つ目は、「気候が暖かくておだやか」という意味です。

【例】

  • 温和な気候に変化する。
  • 温和な土地に暮らす。

この意味の場合は、「温和」のみで使うのがポイントです。「穏和」の方は使うことができません。

2つ目は、「性質がおだやかでやさしい」という意味です。

【例】

  • 温和な性格。
  • 穏和な人柄。

この意味の場合は、「温和」と「穏和」の両方で使うことができます。

3つ目は、「角が立たない」という意味です。

【例】

  • 温和な表現にする。
  • 穏和な解決法を探る。

「角が立たない」とは「無難な・安全な・堅実な」などと近い意味になります。つまり、「物事をスムーズに進める様子」ということです。

この意味の場合も、「温和」と「穏和」の両方で使うことができます。

スポンサーリンク

温和と穏和の違い

温和 穏和 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

温和」=①気候が暖かくておだやか。性質がおだやかでやさしい。角が立たない。

穏和」=②性質がおだやかでやさしい。角が立たない。

ということでした。

両者の使い分けを簡単に言うと、

性質に対しては両方使えるが、気候に対しては「温和」を使う】

となります。

それぞれの語源を確認しておくと、まず「温和」の「」は、「温水」「温泉」「温厚」「温情」などと同じ漢字です。

一方で、「穏和」の「」は、「穏健」「平穏」「穏便」「穏当」などと同じ漢字です。そして、それぞれに共通する「」は、「なごやか・やわらぐ」という意味です。

ここから両者を比較すると、

」=ほんのりあたたかい心や顔色がおだやかでおとなしい。

」=落ち着いている・静かである。角が立たない。

となります。

つまり、「性質」という面ではどちらもほぼ同じ意味なのに対し、「穏」の方は「あたたかい」という意味は含まれていないことになります。ここから、両者の意味に微妙な違いが出てくるわけです。

ちなみに、日本新聞協会の「新聞用語集」では次のようなルールを決めているようです。

穏和・おんわ→温和

要するに、「穏和」は使わずに原則として「温和」に統一して用いるということです。

一般的には、各メディアも上記のルールに従い、「温和」の方を使っています。理由についてですが、「温和」の方が広い意味を持っているからだと思われます。

「温和」は気候に対して使うことができますが、「穏和」の方は気候に対して使うことができません。そのため、意味の範囲が狭い「穏和」の方は使い勝手が悪いということでしょう。

よって、結論としては「温和」と「穏和」はどちらも使われているものの、温和の方がより一般的な言葉ということになります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を例文で紹介しておきます。

 

【温和の使い方】

  1. 沖縄は一年を通して温和な気候である。
  2. 温和な土地を利用して、サトウキビを栽培する。
  3. 彼は明るく温和なため、みんなから好かれている。
  4. 彼はもっと温和な態度で接するようにした方がよい。
  5. 温和な性格の彼女だが、怒ったときは本当に怖い。

【穏和の使い方】

  1. 彼女は穏和で知的な性格として知られている。
  2. 穏和な口調で話しかけ、相手への説得を続ける。
  3. 穏和な表情の中にも、熱い情熱が感じられた。
  4. 性格がきつい人が多い中で、彼はかなり穏和だね。
  5. 穏和調停により、ようやく事態が治まった。

 

一点だけ補足すると、「穏和調停」の場合は「温和」とは書きません。「穏和調停」とは「第三国の調停により、紛争などを解決すること」を表します。

主に国際紛争が起こった時に使われる言葉で、政治のニュース記事などで用いられることがあります。

まとめ

 

以上、本記事のまとめです。

温和」=①気候が暖かくておだやか。性質がおだやかでやさしい。角が立たない。

穏和」=②性質がおだやかでやさしい。角が立たない。

使い分け」⇒性質に対しては両方使えるが、気候に対しては「温和」を使う。

一般的には「温和」の方が使われています。なぜなら、「穏和」の意味も含んだ広い意味を持つのが「温和」だからです。したがって、もしもどちらを使うか迷った場合は「温和」の方を使えば問題ないでしょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。