この記事の所要時間: 439

思い出 想い出 違い 意味 使い分け 

「おもいで」という言葉は、
2つの漢字がありますね。

「一生の思い出

想い出を作る」

普段から当たり前のように使われている言葉。

ところが、
両者の違いに注目する人は
少ないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、
思い出」と「想い出」の違い・使い分け
詳しく解説していきたいと思います。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

思い出・想い出の意味

 

まず、「おもいで」を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【思い出(おもいで)】

前にあった出来事や体験を心に浮かべること。また、その内容。追憶。追想。

昔を思い浮かべる材料となる事柄。

〔「想い出」とも書く〕

出典:三省堂 大辞林

おもいで」とは、
過去の出来事や体験・内容」という意味です。

ようするに、
「昔を懐かしんだ時の記憶」ということですね。

意味については、
普段からよく使うので大丈夫でしょう。

 

気になるのは、補足の内容です。

多くの辞書では、
想い出」は補足的にしか書かれていません

また、場合によっては
「想い出」という表記すらないものもあります。

 

実は、「想い出」という言葉は、
比較的近年になってから登場したものです。

その証拠に、戦前の国語辞典には
思出」という表記しか書かれていません。

「想い出とも書く」という表記がされたのは、
つい最近のことだったのです。

 

ではなぜ、
このような違いになったのか気になりますよね?

その辺の理由を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

思い出と想い出の違い

 

まず、両者の漢字を比較してみると、

」という字は、
」+「」の会意文字です。

」は、「人間の頭」

」は、「人間の心臓」を意味します。

 

ここから、
頭脳と心臓を中心として考えること」が
「思」の本来の意味となります。

 

一方で、
」は「」+「」の会意+形声文字です。

「相」は「木」+「目」から成るので、
「木を見て、心で考えること」を意味します。

よって、「」は
ある対象に向かって心で考えること
が本来の意味となるわけですね。

 

整理すると、

」=頭と心を中心として考えること。

」=対象に向かって心で考えること。

となります。

つまり、
「思」という字は「考える」という意味で
広く一般に使えるのです。

【例】⇒「思考・思案・思慮・意思」など。

 

一方で、「想」の方は
対象を強く心で思うような時にしか使いません。

具体的には、
「懐かしい記憶」や「情緒的な回想」など
文学的な要素が含まれる場合
ですね。

【例】⇒「回想・随想・空想・発想」など。

 

こうした情緒的な記憶は、
「考える」という行為の中でも限定的なものです。

ところが、
近代に入り日本は小説文などが
爆発的に増えるようになりました。

その結果、現在はその名残で、
小説など文学的な対象に対して
「想」がよく使われているのです。

 

ただし、小説以外の対象では
両者の使い分けは区別されているようです。

その辺りの実情をさらに詳しく見ていきましょう。

思い出と想い出の使い分け

思い出 想い出 使い分け

 

まず、新聞やテレビなどのメディアは
思い出」を使うことで統一しています。

逆の言い方をすれば、
「想い出」は一切使わないということですね。

これは、
「懐かしさ」や「情緒的な回想」
などに使う場合もです。

 

理由については、漢字の種類にあります。

そもそも、
」の「おも(う)」という訓は、
常用漢字表に掲げられていません

 

「常用漢字」とは、
国が一般国民に目安として示した
常識的な範囲の漢字です。

つまり、国が
「想」は難しい漢字なので使わなくていい
と言っているわけですね。

「思」で統一しているのは混乱を与えないためなのです。

 

また、役所などの公用文も
」を使うことで統一しています。

そのため、もしも
公的な文書などを作成するような場合は
「想い出」は使わないようにしましょう。

 

ちなみに、
常用漢字は個人の使用を制限するものではありません。

したがって、
本や漫画・ブログなどでは
どちらを使ってもよいことになっています。

ただし、前述した通り、
情緒的な意味が強調されるような場合は
「想い出」を使うことが多いですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後に実際の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【思い出の使い方】

  1. 友達と学生時代の思い出を話す予定です。
  2. 小学校の頃の思い出は、あまり覚えていません。
  3. 今までの思い出を本にして出版する。
  4. 彼はもう過去の思い出は忘れたいようです。
  5. それは思い出ではなく、ただの感想です。

 

【想い出の使い方】

  1. 建物の懐かしさから、当時の想い出が蘇ってきた。
  2. 恩師との懐かしい想い出は、今もなお残っています。
  3. 昔の恋人との想い出がたっぷり詰まった写真です。
  4. 想い出という1ページが彼女の心に刻み込まれた。
  5. 夜の浜辺を歩くと、想い出深い気持ちになるものだ。

 

「思い出」は、
事実や客観的な描写などに使うことが多いですね。

一方で、「想い出」の方は
懐かしさや恋愛的な描写など
ロマンティックな用例が多いです。

 

もちろん、「思い出」の方は
情緒的な描写にも使うことができます。

個人として使う場合は、
「どちらの方が相手に響くか?」を
考えるとよいかもしれませんね。

関連:>>思いと想いの違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

では、今回の内容を
簡単にまとめておきます。

 

」=頭と心を中心として考えること。

」=対象に向かって心で考えること。

思い出」=広く一般に使うことができる。

想い出」=懐かしい記憶・情緒的な回想などのみ。

 

「想」は常用漢字外なので、
原則として「思い出」を使うようにしましょう。

本など個人的な作品はどちらを使ってもOKです。

では、今回は以上となります!

スポンサーリンク