この記事の所要時間: 441

精霊 妖精 違い 妖怪 意味 使い分け

 

精霊」と「妖精

どちらも映画や小説などでよく見る言葉ですね。

ところが、
「この言葉の違いが分かりにくい」
という人が多いようです。

 

そこで今回は、
精霊」と「妖精」の違い・使い分け
詳しく解説していきたいと思います。

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

精霊の意味

 

まず、
「精霊」の意味を調べると
次のように書かれています。

【精霊(せいれい)】

物質的な身体をもたないが、ある種の個性を備えた超自然的存在や力。草木・河川等に宿るとされる。

死者の霊魂。肉体を離れた死者の魂。

出典:三省堂 大辞林

精霊」とは、簡単に言うと
魂(たましい)や霊(れい)のこと」だと思ってください。

 

「精霊」は、
世の中のあらゆるモノに宿ります。

そして、
原則として姿や形がない
のが特徴と言えるでしょう。

 

例えば、

風の精霊」・・・シルフ

火の精霊」・・・サラマンダー

水の精霊」・・・ウンディーネ

といったものですね。

 

「え?でも映画では姿や形があるよね?」
と思うかもしれませんが、

映画は人々にイメージを伝えなくてはいけません。

なので、
一種のエンタメ性という意味で
あえて姿・形を表しているわけですね。

 

本来の意味としては、
目に見えない実体のない存在」が
「精霊」だと考えましょう。

妖精の意味

 

続いて、
「妖精」の意味です。

【妖精(ようせい)】

主として西洋の伝説・物語に出てくる精霊。善良なるもの、悪がしこい小人など、その姿・性格は多様である。フェアリー。

出典:三省堂 大辞林

妖精」とは、簡単に言うと
人間の姿をした精霊のこと」だと思ってください。

「妖精」は
姿や形がある」のが特徴と言えます。

 

例えば、

白雪姫に出てくる小人

ピーターパンのティンカーベル

といったものですね。

上記の作品では、
妖精自体が意思を持ち、
一つの生物として存在しています。

そして、人間のように
遊びやいたずらを楽しんで行います。

 

このように、
目に見えるような実体のある存在」を
妖精」と呼ぶわけです。

スポンサーリンク

精霊と妖精の違い

精霊 妖精 違い

 

両者の違いを整理しておくと、

精霊」=魂や霊。原則として、姿や形がない。

妖精」=人間の姿をした精霊。姿や形がある。

ということでした。

 

つまり、
精霊」という大きな枠の中に「妖精」が含まれるわけですね。

例えるなら、
スポーツという大きな枠に
野球が入るような感じです。

 

実は、日本国内では、
両者は必ずしも明確な区分が
存在するわけではありません。

一般的には、
「妖精」は「姿・形を持つかわいらしい霊」
というイメージで使うことが多いです。

対して、「精霊」は
「大自然が産み出した驚異の霊」
というイメージで使うことが多いですね。

 

なぜ、このような違いが生まれるかというと
言葉の歴史に関係しているからです。

元々、「精霊」は、
古代から普遍的に存在する霊
という意味で使っていました。

そのため、火や水・風などの
自然エネルギーを対象とすることが多いのです。

 

一方で、「妖精」の方は
西洋で伝説・物語などを作り始めてから
一般的に使うようになりました。

なので、「妖精」は
人間を対象とすることが多いのです。

 

もちろん、
作品によってイメージが異なる部分はあります。

しかし、
大まかな違いとしては

精霊」=主に自然を対象とし、実体を持たない。

妖精」=主に人間を対象とし、実態を持つ。

と考えて問題ないわけですね。

妖怪の意味

 

似たような言葉で
「妖怪」があります。

こちらの意味も確認しておきましょう。

【妖怪(ようかい)】

日常の経験や理解を超えた不思議な存在や現象。山姥・天狗・一つ目小僧・海坊主・河童・雪女など。ばけもの。

出典:三省堂 大辞林

妖怪」とは、
人の理解を超えた不思議な存在のこと
だと思ってください。

分かりやすい例だと、
山姥(やまんば)」や「雪女(ゆきおんな)
などが挙げられるでしょう。

 

元々、「妖怪」は、
人間に信仰されていた精霊が、神性を失って没落したもの
だと言われています。

したがって、
「妖怪も精霊の一種」ということになります。

 

ただし、「妖怪」は私たち人間に
悪い影響を及ぼすことの方が多いです。

ここが、
精霊や妖精との一番の違いですね。

 

もちろん、
ゲゲゲの鬼太郎のように良い妖怪も中にはいます。

しかし、一般的には
「恐怖を与えるネガティブな存在」
として認識して問題ありません。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【精霊の使い方】

  1. サラマンダーは四大精霊の内、火を司る存在である。
  2. 水の精霊、ウンディーネを源とする力を呼び出す。
  3. ノームは地の精霊であり、大地の住処を意味する。

 

【妖精の使い方】

  1. 無邪気でいたずら好きの精霊を、一般に妖精と呼ぶ。
  2. 妖精は、主に西洋の物語を中心に登場する。
  3. フェアリーの訳語として、「妖精」が付けられた。

 

【妖怪の使い方】

  1. 河童は、日本の妖怪として広く知られている。
  2. 深山に生息する想像上の妖怪を天狗と呼ぶ。
  3. 口裂け女は、社会問題にもなった妖怪である。

まとめ

 

では、この記事の「まとめ」をしておきます。

 

精霊」=魂や霊。主に自然を対象とし、実体を持たない。

妖精」=人間の姿をした精霊。主に人間を対象とし、実態を持つ。

妖怪」=人の理解を超えた不思議な存在。悪い影響を及ぼすことが多い。

3者の関係性は、

精霊」という大枠に「妖精」や「妖怪」が含まれる。

ということでしたね。

 

実際の所、映画や漫画の作風によっては
異なるイメージを与える場合もあります。

しかし、
概ね上記のような認識で問題ないでしょう。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク