この記事の読了目安: 552

無味乾燥 意味 例文 使い方 類義語 対義語 英語

 

無味乾燥」という四字熟語をご存知でしょうか?

主に、「無味乾燥な人」「無味乾燥な日々」などのように用います。ただ、具体的にどのような意味を持つのかイメージしにくいかと思われます。

そこで本記事では、「無味乾燥」の意味や読み方、語源、類語などを含めなるべく簡単に解説しました。

スポンサーリンク

無味乾燥の意味・読み方

 

最初に、読み方と基本的な意味から紹介します。

【無味乾燥(むみかんそう)】

なんの面白みも味わいも無いさま。

出典:三省堂 大辞林

無味乾燥」は「むみかんそう」と読みます。

意味は、「何の面白みも味わいもないさま」を表したものです。

例えば、毎日決まった時間に起き、全く同じ仕事をする退屈な日々を送っている人がいたとします。本人自身も毎日の人生がつまらないと感じているような状態です。

このような人は、まさに「無味乾燥な日々を送っている」と言えます。

また、学生時代であれば話がつまらない先生の授業を受けたという経験は誰しもあるかと思います。頭の中で「退屈だな…」と感じてしまうような興味の引かれない眠くなるような授業です。

このような授業に関しても、「無味乾燥である」と言うことができます。

つまり、「無味乾燥」とは「面白みや味わいがなく、つまらない様子」を表した四字熟語ということになります。

スポンサーリンク

無味乾燥の語源・由来

 

「無味乾燥」は「無味」と「乾燥」に分けることができます。まず「無味」ですが、これは漢字そのままで「味が無い」という意味です。

食べ物や飲み物の味がないと、食事をしていても何ら楽しくありません。このことから、「無味」は人や物事に対して「面白みや風情がない」という意味で使われています。

そして、後半の「乾燥」は、「水分が無く乾いている」という意味です。この「乾燥」は、砂漠をイメージすると分かりやすいでしょう。誰も人や動物がいなく、植物も生えていないような状況です。

何ら潤いがなく干からびている景色が想像できます。このことから、「乾燥」は人や物事に対して「潤いがなく乾いている」という意味で使われています。

以上、二つの言葉が合わさることで、「味がなくカラカラに乾いている」すなわち、「面白みや潤いがなくつまらない」という意味の四字熟語になるわけです。

なお、「無味乾燥」は中国春秋戦国時代の思想家、老子の思想が元になっていると言われています。

老子は孔子が唱えていた儒教を激しく非難したことで有名な人物です。老子は「徳の高い人であっても他人や国には関心がない」という考えを主張しました。そして、孔子のように学問を学んで徳を積むようなことは不要だと説きました。

この老子の思想(人は興味がない・関心がないという考え)を元にした四字熟語が「無味乾燥」ということです。現在ではそこから転じて、「面白みがない」という意味になったと言われています。

スポンサーリンク

無味乾燥の類義語

無味乾燥 類語 対義語

 

続いて、「無味乾燥」の「類義語」を紹介します。

無味単調(むみたんちょう)】⇒変化がなく、単純でつまらないこと。「単調」とは「変化が無く一本調子」という意味。
興味索然(きょうみさくぜん)】⇒関心がなくなり、面白くないこと。「索然」とは「心ひかれるものがなくなり、空虚な様子」を表す。
無味無臭(むみむしゅう)】⇒味も臭いも全くないこと。 転じてまったく面白みのないことを表す。
素っ気ない(そっけない)】⇒思いやりがないさま。好意が感じられないさま。

この中だと「無味単調」が意味としては最も近いと言えます。どちらも内容が単純で面白みのないさまを表した言葉なので、この二つは「同義語」だと言ってよいでしょう。

最後の慣用句は、「素気ない(すげない)」という言葉から生まれたもので、「素気(すげ)」とは「思いやり」や「愛想」を表します。この「素気ない」が「そっけない」と読まれるようになったのが元々の由来です。

スポンサーリンク

無味乾燥の対義語

 

逆に、「対義語」としては次の言葉が挙げられます。

興味津々(きょうみしんしん)】⇒興味が湧いて尽きない様子。

「興味津々」の「津」という字は「水分が溢れる・染み出す」という意味を持っています。部首が「さんずい」になっていることからも、分かりやすいでしょう。

この「津」を重ねて「津々」とすることで、「水が溢れるかのように興味が湧いてくる」という意味を表した言葉となります。

他には、「興味深い」「好奇の」などの語も反対語だと言えます。

無味乾燥の英語訳

 

 

「無味乾燥」を英語にすると、次のようになります。

 

dull」(鈍い・ぼんやりした・冴えない)

dry as dust」(ホコリのように乾いている・無味乾燥な)

 

「dull」は「鈍い・冴えない」などの意味を表す形容詞ですが、「面白みがない・風情がない」という意味でも使うことができます。

また、「dry」は「乾いている」、「dust」は「ホコリ・ちり」という意味です。前置詞の「as」を付けることで、「ホコリのように乾いている」となり、「無味乾燥」と同じ意味として使うことができます。

例文だと、次のような言い方となります。

The movie was so dull.(その映画は、無味乾燥で全く面白みがなかった。)

School math is dry as dust.(学校での数学は、無味乾燥で面白みがない。)

Her ideas are dry as a bone.(彼女のアイディアは、無味乾燥でつまらない。)

※「dust」の部分を「a bone」にすることで「骨のように干からびている」となり、こちらも同じ意味として使えます。

スポンサーリンク

無味乾燥の使い方・例文

 

最後に、「無味乾燥」の使い方を例文で紹介していきます。

 

  1. 最近は毎日同じことの繰り返しで、無味乾燥な日々をおくっています。
  2. 彼はいつもつまらなそうにしてるので、無味乾燥な人物だと思われている。
  3. この前見た映画はあまりに無味乾燥な内容だったので、途中で寝てしまった。
  4. 仕事中に無味乾燥な態度を見せるのは、他の社員にも悪影響を与えてしまうだろう。
  5. 淡々と説明するだけの無味乾燥な授業は、生徒からは途中で飽きられてしまう。
  6. 無味乾燥でつまらない人生を終わらせるために、まずは仕事に就く予定です。
  7. 趣味で小説を書いてみたが、私の文章は無味乾燥なものであることに気づいた。

 

「無味乾燥」は、例文のように面白みのない物事やつまらない人物などを対象とします。

そのため、基本的にはネガティブな場面で使うと考えて問題ありません。「無味乾燥な人」「無味乾燥な日々」など対象の価値を否定するような時に使います。

したがって、もしもこの言葉を人に対して使う際は注意する必要があります。なぜなら、単純に相手に対して「面白くない人・つまらない人」という意を伝えていることになるからです。

もしも使うのに迷った場合は、自分に対して使うかもしくは物事に対して使うかのどちらかにしておくのが無難だと言えます。

まとめ

 

以上、本記事のまとめです。

無味乾燥」=何の面白みも味わいもないさま。

語源・由来」=味や潤いがなく、乾いている様子から。老子の思想。

類義語」=「無味単調・興味索然・無味無臭・素っ気ない」「対義語」=「興味津々」

英語訳」=「dull」「dry as dust」「dry as a bone」

毎日同じことの繰り返しで新しい変化がないと、どうしても退屈になりがちです。そんな時はぜひ一つの表現方法として「無味乾燥」を使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)