この記事の読了時間: 534

黄色い声 意味とは由来 語源 類語・英語 反対

 

黄色い声」という慣用句をご存知ですか?

別の言い方だと、「黄色い声援」とも言いますね。

あまり頻繁に聞く言葉ではないですが、
そもそもなぜ「黄色」なのかが気になる所です。

今回は、
「黄色い声」の意味や由来・使い方・類語などを詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

黄色い声の意味

 

まずは、基本的な意味からです。

【黄色い声(きいろいこえ)】

女性や子供などのかん高い声。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

黄色い声」とは、
女性や子供などの甲高い声」という意味です。

「甲高い声」とは、
「高音で耳に響くような声 のこと」だと思って下さい。

 

使い方としては、以下の通りです。

スタジアムの一角からは、女性たちの黄色い声が鳴り響いた。

上の例文では、
「女性の声援が甲高く響いている様子」を表しています。

遠くにいても聞こえてくるような高い声ということですね。

このように、
耳が痛くなるほどの高音で、周りに響き渡るような声を
「黄色い声」と言うわけです。

イメージ的には、「キャー」という
歓声や声援を想像すると分かりやすいかと思います。

黄色い声の語源・由来

 

「黄色い声」の由来は諸説ありますが、
一般的には次の3つの内のどれかと言われています。

 

①「昔のお経から

②「江戸時代末期の流行から

③「共感覚から

 

一つずつ見ていきましょう。

まず、「昔のお経から」という説です。

現代のお経は、ほとんど抑揚がなく
一定のリズムで刻まれていますよね。

しかし、昔のお経はそうではありませんでした。

特に、平安時代中頃までのお経は、
音にもっと変化があり今よりもリズムがあったのです。

そして、音に色々なリズムがあったため、
高い声・低い声などを区別するために、
お坊さんは経典の文字の横に色を付けていました。

その時に、もっとも高い音のマークが黄色だったのです。

このことから、「高い声」を「黄色い声」
と呼ぶようになったという説です。

 

そして2つ目は、
江戸時代末期の流行から」という説です。

江戸時代の末期に、声を色で表現することが流行っていた時期がありました。

実際に、当時の「式亭三馬(しきていさんば)」によって書かれた小説、『浮世風呂』には次のような一文が残されています。

「黄色な声や白つ声で、湯の中を五色にするだらう。」

当時は、耳障りな様子やただごとではない様子
を表す声を「黄色い声」としていました

このことから、次第に
女性の甲高い声を「黄色い声」と呼ぶようになったということです。

現在でも「黄色の信号」や「イエローカード」など、
黄色はただごとではない様子を表す時に使われていますよね。

 

そして最後は、
共感覚から」という説です。

「共感覚」とは、
「ある刺激に対し、普通の感覚だけでなく別の感覚も生じさせる感覚」のことを言います。

例えば、ある文字に色を感じたり、ある特定の形に臭いを感じたり、
といったことです。

この「共感覚」というものは、
1931年にカール・ジーツという心理学者が行った
音と色の実験で明らかになっています。

彼は、「ラ」の音に対応する色が「黄色」であるという
一定の実験結果を得ることができました。

要するに、「ラ」音という高音に関して、
黄色をイメージする人が多いという結果を得ることができた
のです。

このことから、
「黄色」=「甲高い」という意味になったという説です。

 

以上、3つの由来を紹介しました。

どれもそれらしい根拠はありますが、現在の所、
明確にこれが由来というものは分かっていません。

なので、一つの仮説と考えると良いかと思います。

スポンサーリンク

黄色い声の類語

黄色い声 類語 反対語

 

続いて、「黄色い声」の「類語」を紹介します。

 

  • 悲鳴
  • 絶叫
  • 叫び声
  • 高音
  • エール
  • 金切り声
  • きいきい声
  • とがり声
  • キャンキャン声

 

基本的には、
耳が痛くなるような高音」であれば類語と言えます。

また、耳を鋭く突き刺すような「叫び声」「とがり声」
なども言い換え表現としては適切です。

ちなみに、
「黄色」の反対語は「青」ですが、
「青」を使って「青い声」とは言いません。

その他、「黒い声」「白い声」「赤い声」などの
言葉も存在しませんので注意してください。

黄色い声の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「黄色い声」は英語だと次のように言います。

 

a shrill voice(甲高い声)」

a high-pitched voice(甲高い声)」

 

「shrill」は、「甲高い・金切り声の」などを意味する形容詞です。

これに「声」を意味する「voice」を付けることで「黄色い声」と訳すことができます。

また、「pitch」には「調整する・設定する」などの意味があります。

なので、「高く調整された声」すなわち、「甲高い声」と訳すことができるわけです。

英語では「yellow」を使うのではなく、
このように「shrill」や「pitch」を使うのが一般的です。

 

例文も紹介しておくと、以下のような言い方となります。

I heard a shrill voice in the stadium.(スタジアムの中から、甲高い声を聞いた。)

She has a high-pitched voice.(彼女は甲高い声を持っているね。)

スポンサーリンク

黄色い声の使い方・例文

 

では、最後に「黄色い声」の使い方を例文で確認しておきましょう。

 

  1. 芸能人がすぐ近くにいるということで、町中に黄色い声が鳴り響いた。
  2. 女子高生たちは、しきりに「キャー」と黄色い声を発し続けた。
  3. 黄色い声をあげながら、大勢の子供が集まってきたようだ。
  4. コンサートが始まると、女性ファンから黄色い声援が送られた。
  5. 黄色い声に包まれながら、その俳優は壇上を後にした。
  6. アイドルが手を振ると、女性ファン達は黄色い声を上げて喜んだ。

 

「黄色い声」は、上記のように、
歓声」や「声援」などに対して使うことが多い言葉です。

大抵はその人のファンである人が、
興奮して高い声を出すような時に使います。

また、「女性」が主語になるのも特徴と言えますね。

まれに「子供」に対して使うこともありますが、
ほとんどの場合は「女性」を主語とします。

男性に対しては使わない言葉だと考えて問題ありません。

 

なお、冒頭でも説明した通り、
「黄色い声」ではなく「黄色い声援」と言うこともあります。

例文だと4.ですね。

どちらを使っても意味自体は同じと考えて下さい。

関連:>>白砂青松の意味とは?使い方や例文・英語を解説

関連:>>白羽の矢が立つの意味は?使い方や例文・類語を解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると

黄色い声」=女性や子供などの甲高い声

語源・由来」=①「昔のお経から」②「江戸時代末期の流行から」③「共感覚から」のどれか。

類語」=「悲鳴・叫び声・エール・金切り声・きいきい声」など。

英語」=「a shrill voice」「a high-pitched voice」

ということでした。

 

「黄色い声」は、一見すると簡単そうにも見える言葉です。

しかし、実は奥が深い慣用句だと
理解して頂けたのではないでしょうか?

では今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)