この記事の読了時間: 533

 一末の不安の意味 使い方 由来 対義語

 

一抹の不安を残して・・・」

小説やドラマのナレーションなどでよく使われるフレーズ。

何となく分かるけど、子どもに
「どんな意味?」と聞かれるとちょっと困ったりしませんか?

 

今回は、日常の「あれ、なんだっけ?」の1つ
一抹の不安」の意味や使い方などを解説していきたいと思います。

この記事で
「聞かれたら答えられるかな・・・」という
皆様の一抹の不安を消していきましょう。

スポンサーリンク

一末の不安の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【一抹の不安(いちまつのふあん)】

ほんの少しだけ解消されずに残っている、不安の念、または不安要素。

出展:実用日本語表現辞典

一抹の不安」とは、
わずかに残る不安な気持ちや不安の種」のことを言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

家を出るとき、鍵は確かに閉めた。それなのに、一抹の不安を覚えて落ち着かない。

家を離れた後に、
戸締りや火の始末を「ちゃんとやったかな?」
と少し胸がざわざわすることはありませんか?

上の例文は、

「はっきりしないけど、ちょっとした胸のざわつきが気になる様子」

を表しています。

 

このように、
実際に何かをする程ではないけども、心にひっかかっている小さな不安」を「一抹の不安」と言うわけですね。

私たちが生活していく中で、
言葉にしきれない「ささいな感覚」はたくさんあります。

そのささいな感覚の中の「不安」を表すときに
この言葉を使うのです。

一末の不安の語源・由来

 

次に、「一抹の不安」の
「語源・由来」も確認しておきましょう。

まず、「一抹」についてです。

【一抹(いちまつ)】

⇒〔画筆でひとなすり、ひとなでの意から〕ほんのわずか。ごくかすか。

「抹(まつ)」

なでつける。こすりつける。

ぬりつぶす。ぬりけす。

粉にする。

出典:三省堂 大辞林

」には複数意味がありますが、
今回は①の「なでつける」という意味が該当します。

なでつける」とは、
「紙を筆でスッとなでる様子のこと」だと思ってください。

この「抹」に数字の「一」を付け足すことにより、
一抹」=「ひとなでする様子」という意味になります。

 

次に、「不安」についてです。

打消しの「」と「落ち着き・やすらか・おだやか」を意味する「」。

合わせれば、「心が落ち着かない様子」を表す言葉となります。

 

よって、2つの意味を整理すると、

一抹の不安」=ひとなでした程度の落ち着かなさ。

というのが本来の語源になりますね。

転じて、現在の
「わずかな不安」という意味になるわけです。

スポンサーリンク

一末の不安の類語・対義語

一抹の不安 類語 対義語

 

続いて、
「一抹の不安」の「類語・対義語」です。

まずは、「類語」から見ていきましょう。

【懸念(けねん)】

気になり不安に思うこと。

念(気持ち、意識)を懸ける(とめておく)と書き、対象に意識を向けていることを指します。

【心配の種】

心配の原因となっていること。

「種」が大本となっている対象を表現しています。

【憂い事(うれいごと)】

心配していること。

同じ読み方で「愁い事」と書くこともあり、
この場合は「悲しいこと」を意味します。

【気掛かり(きがかり)】

そのことが気になり心から離れないこと。

以上、4つをご紹介しました。

どれも心が落ち着かないことやその原因を表しています。

 

「一抹の不安」は、
「一抹」が「不安」の度合いを説明している言葉です。

ご紹介した類語の前に、「少し」や「多少の」
などを付けるとより近い意味となるわけです。

話の流れや、相手が大人か子どもかによって使い分けると
より伝わりやすくなるのではないでしょうか。

 

次に、「対義語」を見ていきましょう。

【一筋の光(ひとすじのひかり)】

暗闇の中にさしこむ細い一本の光のこと。

わずかな糸口、希望を表すのに使われることが多いです。

【一縷の望み(いちるののぞみ)】

極めて小さな望み。

「縷」は「いと」とも読み、細い糸状のものをさします。

どちらも「不安」と対照的な「希望」を表す言葉に
「小ささ」を付け足した言葉となりますね。

一末の不安の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「一抹の不安」は、
英語だと次のように言います。

 

slight apprehension(わずかな不安)」

a little uneasiness(少しの不安)」

 

「slight」や「a little」は、
「少しの・わずかな」といった少量を表す意味があります。

そして、「apprehension」や「uneasiness」は
「不安・心配」という意味です。

日本語の構成と同じように、
「少し」の意味を持つ単語+「不安」の意味を持つ単語で
「一抹の不安」を表現できますね。

 

例文だと、
以下のような言い方です。

I feel slight apprehension about his behavior.

(私は彼の行動に一抹の不安を感じた。)

※「about」+「対象」とすることで、
何に不安を感じているかを説明することができます。

スポンサーリンク

一末の不安の使い方・例文

 

では、「一抹の不安」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 友の「たぶん大丈夫!」という言葉に、一抹の不安がよぎる。
  2. ささいな失敗であったが、客に一抹の不安を抱かせるには十分だった。
  3. これまで積み重ねた努力を思い返せば、一抹の不安もない。
  4. 一抹の不安を残し、その日の話し合いは幕を閉じた。
  5. 一抹の不安が、待ち合わせ場所へと向かう足取りを重くさせた。
  6. 間違いが本当に無かったのか、一抹の不安が捨てきれない。

 

基本的には、「不安」と同じように使えます。

「一抹の」を足すことで、
表現の幅を広げていると思ってください。

不安が「ある」時に使えばはっきりとしない不安感を表せますし、
不安が「ない」時に使えば不安を一切感じていないことの強調ができます。

 

ここで、「一抹」という言葉単体を使う時に
注意しなければならないことがあります。

それは、「少し・わずか」という意味だからといって、
どんな言葉にも使えるわけではないということです。

 

語源で紹介したように、
「抹」という漢字には「ぬりつぶす・ぬりけす」といった意味があるので、
「抹殺(まっさつ)」・「抹消(まっしょう)」などが本来の使い方となります。

つまり、
あまり良い意味としては使われないのです。

 

したがって、
もしも「不安」以外の言葉を使う時は、

  • 一抹の寂しさ
  • 一抹の疑問

のようにマイナスのイメージで使うようにしましょう。

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

一抹の不安」=わずかに残る不安な気持ちや不安の種。

語源」=ひとなでした程度の落ち着かなさ。

類語」=「懸念・心配の種・憂い事・気掛かり」など。

英語」=「slight apprehension」「a little uneasiness」

 

「一抹の不安」、意味を聞かれたら答えられそうですか?

日頃から何となく耳にしている言葉ですが、
この記事をきっかけに使い方を覚えたいですね。

では、今回はここまでです。

スポンサーリンク